メモリー機能の使い方をマスターしよう

スポンサーリンク

メモリー機能を使えば計算結果をメモしなくても複雑な計算が少ないキー操作でできるようになります。

覚えておくと有利になるメモリー機能の使い方をマスターしましょう。

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第145回 日商簿記検定3・2級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

メモリー機能

メモリー機能はその名の通り、電卓上の計算結果などを記憶する機能です。

 M+ :メモリーに加算する

 M- :メモリーから減算する

 MR :記憶した計算結果を合計する

 MC :メモリーを消去する

がそれぞれのキーの意味です。

例えば、

1+2+3=

12-3=

12×3=36

12÷3=

の計算結果をすべて合計したいという場合は、

 1   +   2   +   3   M+ 

 1   2     M+ 

 1   2   ×    M+ 

 1   2   ÷    M+ 

 MR 

と電卓を打つことによって、いちいち計算結果をメモしておかなくても答えを出すことができます。(55)

カシオの電卓シミュレーター

カシオサイトに行くと、電卓シミュレーターというのがあります。下のページに行き、緑色のメモリー機能というタブを開くと、メモリー機能の使い方が体験できます。

電卓の使い方がわかると簿記の勉強にも勢いがつきます。

メモリー機能をどんどん使ってみましょう!

カシオ計算機 CASIO 学校専用電卓 12桁 AZ-26S

管理人おすすめのカシオ学校専用電卓 AZ-26S