【2020年最新】宅建通信講座おすすめランキング!9社を徹底比較!

「宅建士の通信講座が多すぎて、どれを選べばよいかわからない…」

この記事ではそんな悩みにお答えします。

宅建士の通信講座は非常に数が多く、全てをくまなく調べるのは大変です。
しかし、なんとなく通信講座を選んでしまい、後になって「自分にはこの講座は合わなかった…」と後悔するようでは、貴重な時間が無駄になってしまいます。

そこで今回は、宅建士の通信講座を徹底比較&調査して、おすすめの通信講座を厳選してみました

通信講座選びのポイントは、次の5つ。

  1. 合格実績
  2. 受講料の安さ
  3. テキスト・講義動画の分かりやすさ
  4. 学習サポートシステム
  5. 不合格又は合格した場合の返金制度

この5項目をもとに各講座を評価し、ランキング形式で紹介していきます。

スマホ学習に特化!
不合格なら受講料全額返金!
宅建
合格したら受講料全額返金!

宅建通信講座おすすめランキング!

TAC出版独学道場

TAC出版 宅地建物取引士 独学道場は、TAC出版の『みんなが欲しかった!宅建士の教科書』または『わかって合格る宅建士基本テキスト』を使用した独学者向けの講義つき講座です。

『みんなが欲しかった!宅建士の教科書』と『わかって合格る宅建士基本テキスト』は、宅建のイケてる攻略法を呟く弁護士/ゆーき大学のゆーき弁護士がおすすめされています。

『みんなが欲しかった!宅建士の教科書』と『わかって合格る宅建士基本テキスト』を使って勉強したいという方には、このTAC出版 宅地建物取引士 独学道場がおすすめです。

みんなが欲しかった!コースの詳細はこちら

 
わかって合格るコースの詳細はこちら

第1位 スタディング

スタディング 宅建士講座

スタディング宅建講座の特徴
  • 高い合格実績!
  • スマホ&スキマ時間で学べる!
  • 圧倒的な低価格を実現!
  • 3つのモードで学べるスマート問題集!
  • 合格お祝い制度!

スタディング宅建講座は高い合格実績を挙げています。

その証拠に、公式サイトには2019年分だけでなんと303名もの方の喜びの声が掲載されています。(確かめてみてください ➡ スタディング 宅建士講座 合格者の声

非常に評判の良い講座です。

合格体験記は、教材や講義、合格するまでの学習法について具体的に書かれていて、これから勉強を始める方の参考にもなります。ぜひお読みください。

スタディング宅建講座の大きな特徴の一つは、講座費用の安さ!

一番人気のある宅建士合格コース[2021年度試験対応]の受講料は、17,500円(税別)。競合他社の3分の1以下の価格で、業界最安値の宅建通信講座となっています。(11月30日までのキャンペーン価格!

公式サイトで宅建士合格コース[2021年度試験対応]の詳細を確認する
宅建士合格コース[2021年度試験対応]

スタディング宅建講座のカリキュラムは、短期間で合格した人の勉強法を徹底的に研究し作られています。そのため、受講料は安くても講座のクオリティは非常に高くスタディングの宅建講座だけで合格できるようになっています。

SMさん2019年合格

最初から最後まで、このスタディング講座のみで合格しました。
スマホ一つで手軽に何処でも勉強できるのが強みで、重たい参考書は一切不要だったのは非常に大きいです。
いざ勉強を開始するときは、重い腰をあげる必要はなくて、ちょっと空いた時間、移動時間でもお手軽に勉強をすることができました。

試験1か月前くらいには、有料の自習室を利用しましたが、それでもスマホとノート一冊のお手軽感。
苦手分野、復習したい分野等、すべてスマホ内で完結しているため、とりこぼしなく、効率的に勉強ができたと思います。

このスタディング講座を、カリキュラム通りにきちんとこなせば、誰でも合格できるのでは?と思ってしまうほど、カリキュラムは整理されており、一切寄り道せずに、その通りに進めました。

出典

 

STさん2019年合格

 高額な費用を出して不合格だったら、ただただショックと失望感、疲労感も出て、次やろうとなかなか手が出すことをためらってしまいますが、二万で基本講座が観れて、そして聴けて、さらにはセレクト問題や一問一答や過去問12年、さらにさらに改正点もしっかり過去問に反映されているし、解説まである!

手軽さの割には、内容が充実しているので、宅建を受ける人には教えてあげたいと思いました。今日、初めて登録して不合格でしたが、2019年に再チャレンジするのに、5000円だけで良いというのは、再チャレンジする人には本当に有り難かったです。

出典

 

スタディング宅建講座では、基本的には紙のテキストを使いません。

テキストを読むのも講義を視聴するのも、問題演習もすべてスマートフォン、PC、タブレットで行います

そのため、通勤時間、 移動時間、昼休み、待ち時間、就寝前後など、ちょっとしたスキマ時間で勉強することができます。

この講座のおかげで隙間時間を利用し、合格できました。
中でも特に利用したのは一問一答です。
電車の中、休み時間、寝る前などちょっとした時間に一問一答を解き続けてきました。
問題横断復習のおかげで苦手分野に気がつくこともできました。

今回で2度目の受験でしたが、合格できたのは隙間時間を勉強時間にあてることのできたこの講座のおかげです。

ありがとうございました。

出典

YAさん 2019年合格

 

スタディング宅建講座の講義は、初心者でもわかりやすいビデオ・音声講義です。初めて宅建の勉強をする方でも無理なく学べるように作られています。

ビデオ・音声講義には、倍速版もあります。車通勤や家事をしながらなど、スキマ時間で効率的に学ぶことが可能です。

FP3級、FP2級に続き、宅建士もスタディングで合格できました。

スタディングの通信講座は、スマートフォンがあれば、時間のある時にいつでも勉強ができる手軽さが良いです。

実は数年前に市販のテキストを買って宅建士の勉強を始めたのですが、すぐに挫折。スタディングは場所を選ばず、隙間時間に始められるので、勉強へのハードルが低く、数年前はとても難しく感じた宅建士の勉強を、クイズを解く感覚で楽しく続けられました。

映像授業→スマート問題集→セレクト問題集→過去問と段階を踏んで進んでいくので、無理なくマスターでき、そのためか問題も簡単に感じて、スタディングの問題だけで大丈夫かと心配になりましたが、間違った問題を解説をしっかり読んで◯にしていくことを徹底したことで、4ヶ月程で合格できました。

勉強時間を確保できない日もあり、市販の模試ではなかなか合格点に達しませんでしたが、間違った問題をピックアップしてくれる機能を使い、徹底的に潰した事で、10月始めの他社の模試で初めて合格。試験1週間前は、点数が伸びなかった法令上の制限と宅建業法に集中し、ストレートで合格することができました。

スタディングのおかげで、勉強をする楽しさに目覚めました。
ありがとうございました。

出典

KSさん 2019年合格

 

宅建試験は、テキストを読み講義を視聴し、学習内容を理解しただけ(インプット)では、合格できません。

本試験で通用する実力を身につけるには、問題練習をしながら(アウトプット)知識を自分のものにしていくことが効果的です。

スタディング宅建講座では、ビデオ・音声講座でインプットした後、すぐに「スマート問題集」を解きます。さらに、「セレクト過去問集」を解き実戦力を養います

「スマート問題集」や「セレクト過去問集」で間違った問題を繰り返し解きさらに実力をアップさせます

スタディング宅建講座では、このように最適な順番で段階的にアウトプット学習できるよう「学習フロー」が組まれています

YAさん2019年合格

一通りの講義動画を見た後は、スマート問題集、セレクト過去問を横断復習機能をつかって解く、を繰り返しました。

分野ごとの正解率、所要時間が記録されるので、記憶が甘い・苦手な部分は講義・Webテキストを見直しをして、正解数が増えていく手応えを感じました。

時間や分野ごとの問題成功率などが記録され、スマートフォンから確認できるので通勤中の電車の中でもストレスなく学習することができました。

出典

 

特に項目別の過去問題集には助けられました。

私生活と仕事の間で、なかなか時間が取れなかったり、勉強の優先順位が低くなってしまったりしましたが、いつでもどこでも少しでもラクに勉強に取りかかれるこの講座には助けられました。

特に項目別の過去問題集には助けられました。

はっきり言ってこの問題集をすべて解いてして合格できたようなものです。
常々宅建の試験には、過去問と言われておりますが、この講座の過去問は使いやすく、達成度も一目で確認できるのでモチベーション維持にはもってこいでした。

お世話になりました、有難うございます。

出典

ITさん 2019年合格

 

スタディング宅建講座は、なるべく安い通信講座がいい!スキマ時間を活用して学習したい!という方に、一番おすすめの通信講座です。

スタディング 宅建士講座は、通勤時間などのスキマ時間に、スマートフォンやタブレット、パソコン、携帯音楽プレーヤーを使って手軽に学習することができます。

ビデオ講座、音声講座、WEBテキストで知識をインプットしたら、スマート問題集、セレクト過去問集、13年分テーマ別過去問集を解いてアウトプット。知識を定着させます。

スタディング 宅建士講座で一番人気のある宅建士合格コース[2021年度試験対応]の受講料は、18,500円(税別)。

スタディングでは、ITを活用した、革新的な学習システム・運営システムを開発した結果、運営コストを大幅に削減!圧倒的な低価格を実現しました。

宅建士合格コース[2021年度試験対応]には、ビデオ講座、音声講座、WEBテキスト、スマート問題集、セレクト過去問集、13年分テーマ別過去問集といった宅建士合格に必要な教材と講義がすべて含まれています。

 

公式サイトで宅建士合格コース[2021年度試験対応]の詳細を確認する
宅建士合格コース[2021年度試験対応]

スタディング 宅建士講座では、一問一答の「スマート問題集」と重要テーマを厳選した「セレクト過去問集」が大活躍します。

スマート問題集では、練習モード(問題と解答・解説が交互に表示されるモード)、本番モード(本番形式で問題を解くモード)、復習モード(範囲を指定して問題を出題するモード)の3つのモードに切り替えてゲーム感覚で学べます。

基本的な内容をインプットしたら、その後に問題や過去問を使ってアウトプット練習を行うと、知識が定着しやすくなります。

過去問をさらに解きまくってレベルアップしたい方には、13年分テーマ別過去問集も用意されています。

練習モード

本番モード

復習モード

対象コース(宅建士合格コース[2021年度試験対応])を購入して学習し、2020年度、または2021年度の宅建試験に合格された方は、条件を満たすと、Amazonギフト券 3,000円分を合格のお祝いとしてプレゼントされます。
勉強の励みになるうれしい制度ですね。

 

公式サイトで合格お祝い制度の詳細を確認する
スタディング 宅建士講座 合格お祝い制度

 
スマホで学べるスタディング 宅建士講座の詳細はこちら

第2位 フォーサイト

宅建

フォーサイトの宅建士講座

フォーサイト宅建講座の特徴
  • 受講生の合格率 71.5%
  • 記憶に残るフルカラーテキスト!
  • 臨場感のあるハイビジョン講義!
  • 画期的なスマホ学習システム!
  • 不合格の場合は受講料全額返金!

フォーサイト宅建士講座受講生の合格率は 71.5%!全国平均の4.21倍という高い合格率を誇っています。
宅建士講座の累計受講者数は 54,794名にも上り、質・量ともにクオリティの高い講座であることがわかります。 

テキストは2020年試験向け講座からリニューアルされ、さらにわかりやすくなりました。
専用スタジオで収録されたハイビジョン講義は、eラーニング「ManaBun」でいつでもどこでも利用可能です。

講師と受講生が、講義中リアルタイムにコミュニケーションを取れるeライブスタディも実施中!
eライブスタディは、受講生みんなで参加できるライブ授業です。
eライブスタディは、モチベーションが上がる!学習のペースメーカーになる!解答力がつく!と受講生から大好評です。

受講生は、eラーニング「ManaBun」も利用できます。
「ManaBun」は、スマホやタブレットで学ぶ画期的なシステム。
「ManaBun」では、スマホやタブレットで

  • テキストの確認
  • 講義の受講
  • 問題演習

ができるほか、

  • 学習スケジュールの作成
  • 進捗管理
  • 質問サポート

まで充実の学習サポート機能が揃っています。

このような至れり尽くせりの講義やスマホ学習システムが、フォーサイトの高い合格実績を支えていることは間違いありません。

さらに2020年度からは「不合格者への全額返金制度」が導入されました。
この制度のおかげで、受講生は安心して学習に集中することができます。

▼フォーサイトの全額返金保証制度について詳しくまとめてみました。
フォーサイト宅建士講座の全額返金保証制度を徹底解説!

 

フォーサイト受講生の合格率は71.5%!

宅建試験の全国平均合格率は17.0%なので、フォーサイトの合格率はその4.21倍!圧倒的な合格実績を挙げています(2019年度)。

ちなみに、2018年はフォーサイトの合格率は70.8%で、全国平均の4.54倍。2017年はフォーサイトの合格率 66.3%、全国平均の4.25倍という結果でした。

フォーサイトは、一発屋ではなく毎年コンスタントに高い合格実績を挙げています。

2021年の宅建士試験で合格を目指す方は、まず検討すべき講座と言えるでしょう。

フォーサイト宅建講座のテキストは、5色のフルカラー印刷!

カラーなので学習上の注意ポイントがわかりやすく、学習効率がアップします。

イラストや図解も豊富で、頭にも残りやすいテキストに仕上がっています。

試験で目指すのは、満点ではなく合格点。

学習事項を絞り込み、無駄を省き凝縮されたテキストで、短期間で確実に合格レベルを目指せます。

宅建スピード合格講座2020年度試験対策からテキストをリニューアル。

テキストに使われている色合いや重要項目などのデザインを変更することで、学習内容がより分かりやすくなりました。

講義動画は専用スタジオでハイビジョン撮影!

フォーサイトの講義動画は、通信講座専用に収録されています。そのため、次のようなメリットがあります。

  • 雑音なく集中して講義を聴くことができる
  • マンツーマン指導のような臨場感があり、先生の熱意・やる気を感じながら受講できる
  • テキスト画面に書き込みしながら講義するため、板書時間が節約され講義に無駄がない

ポイントが凝縮された講義を繰り返し視聴することで、学習効果がアップします。

宅建スピード合格講座2021年度試験対策からバーチャル講師による講義が始まりました。

宅建試験は講義を受講し、テキストの内容を理解(インプット)しただけでは合格できません。

合格するには、問題演習を繰り返し(アウトプット)試験本番で使える知識に高めていく必要があります。

eラーニング「ManaBun」で取り組むことができる、「確認テスト」「過去問演習システム」はアウトプットに最適。
特に、「過去問演習システム」は、一問一答形式の過去問演習により、選択肢一つひとつの正誤を判断できるようになります。「過去問演習システム」は、「宅建スピード合格講座 バリューセット3」限定で利用できる、特別なeラーニング。
フォーサイトの宅建講座を受講するなら「宅建スピード合格講座 バリューセット3」がおすすめです

2020年度から「不合格者への受講料全額返金制度」が導入されました。

「フォーサイトの教材で実際に学習を進めたのにもかかわらず、試験に合格できなかったという場合、受講料が全額返金される」という制度です。

この制度が適用されるのは、宅建の場合は、宅地建物取引士スピード合格講座 2021年度試験対策 バリューセット3

返金には以下の条件を満たす必要があります。

  • 全ての確認テストにおいて100点を取得すること(何度でもチャレンジ可能)
  • 25点満点の専用試験(学力テスト)を2回受験し、2回の平均で22点以上(小数点以下切り捨て)を得点すること。(1回ずつしか受験できない)
  • 本試験前に必要書類を提出すること
  • 本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること

条件つきではあるものの、試験不合格の場合にこのようなサポートを受けられるのはうれしいですね。

返金制度があることで、教材を信じ、安心して勉強に打ち込むことができるようになると思います。

 
おすすめ No.1講座の詳細はこちら

第3位 ユーキャン

ユーキャンの宅建士講座

ユーキャン宅建講座の特徴
  • 1309名の合格実績!(2018年)
  • 宅建士講座がリニューアル!
  • スマホ学習で効率よく合格が目指せます!
  • 全7回の添削指導!

ユーキャンの宅建講座は、高い合格実績が大きな特徴です
2018年は、1309名の受講生が宅建試験に合格。「宅地建物取引士(宅建)講座」は、1979年の開講以来、累計受講者数が 2019年11月で40万人を突破した歴史のある講座です。

ユーキャンの宅建講座は、大きくリニューアルされました。講座の内容がグレードアップし、学習しやすくなりました。
注目のリニューアルポイントは

  • メインテキスト6冊がカラーに刷新!
    基礎テキスト3冊と実戦テキスト3冊、合計6冊のメインテキストがすべてカラーに!
    図表も色分けされ、覚えるべき箇所が一目でわかります!
    スマホからデジタルテキストが読めるようになりました!
  • 合格デジタルサポートシステム
    スマホやパソコンから
    動画講義
    WEBテスト
    デジタルテキスト
    が学べる合格デジタルサポートシステムが導入されました!
    合格デジタルサポートシステムには、スケジュール・課題管理、弱点対策機能まで搭載されています。

今回のリニューアルにより、毎日の学習がスマホひとつでできるようになりました

忙しい人でも、スキマ時間を効果的に使い、確実に実力をアップさせていくことができます。

 

ユーキャンの宅建士講座には実績があります。

2018年は、1309名がユーキャンの「宅地建物取引士(宅建)講座」で合格

「宅地建物取引士(宅建)講座」は、1979年の開講以来、累計受講者数が 2019年11月で40万人を突破しました。(ユーキャンのニュースリリース

ユーキャンの宅建士講座がリニューアルしました。

  • 合計6冊のメインテキストがすべてカラーに刷新!
  • 基礎テキスト3冊のチェックポイントが動画講義に対応!
  • 学習の進捗管理や毎日の学習がスマホひとつで可能になりました!

実績ある宅建士講座がさらにパワーアップしました。

ユーキャン宅建士講座リニューアルの詳細はこちら
ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

講座リニューアルで合格デジタルサポートシステムが導入されました。

スマホやパソコンから

  • 動画講義
  • WEBテスト
  • デジタルテキスト

が受講&視聴できます。

合格デジタルサポートシステムには、スケジュール・課題管理、弱点対策機能まで搭載されています。

毎日の学習がスマホひとつでできるようになりました。

ユーキャンの宅建士講座には添削指導があります。
答案は詳しい解説や得点力アップのコツなど、講師からのアドバイス付きで返却されます。
講師は20名以上!わかりやすく丁寧な解説が好評です。

 
毎日の学習がスマホひとつで可能に!ユーキャン宅建士講座の詳細はこちら

第4位 アガルートアカデミー

アガルートアカデミー

アガルートの宅建士講座

アガルート宅建講座の特徴
  • 受講生の合格率 55.6%
  • 徹底的に合理化された講義カリキュラム!
  • 圧倒的な講師力!
  • 合格したら受講料全額返金!

 

アガルート受講生の合格率は55.6%!

宅建試験の全国平均合格率は17.0%なので、アガルートの合格率はその3.27倍!圧倒的な合格実績を挙げています(2019年度)。

ちなみに、2018年はアガルートの合格率は53.8%で、全国平均の3.45倍。

毎年コンスタントに高い合格実績を挙げています。

アガルートの宅建講座は、最小限に絞った講座体系 × 最良のテキスト × 使いやすい受講環境 の3要素で徹底的な合理化を図っています。

講座体系

  • 「必要なものを必要なだけ」
  • 最小限の講義で合格に必要な力を身につけるために、講座体系を再整理している

テキストの特長

  1.  フルカラーテキスト
  2.  出題傾向・実績に即したもの
  3.  レイアウト
  4.  合格に必要な情報がギュッと詰まっている

受講環境の特長

  1. 講義とテキストを持ち歩く
  2. 8段階の倍速機能
  3. 音声ダウンロード
  4. ブラウザを選ばない
  5. USBメモリオプション

上記の要素によって、短時間で濃密に学習し、合格に最短距離で向かうことができるような学習環境が整えられています。

講義を担当する講師は、宅建試験に精通する専門家ばかりです。

各科目に関する知識はもちろん、つまずきやすいポイントや試験で狙われやすい知識などについてもサポート。講義を受講することで、合格するのに十分な知識を身につけることができます。
また、板書やテキストへの書き込みを駆使しながら講義が進行するので、難解な法律用語や数的処理の複雑な解法を、視覚的に分かり易く身につけることができます。

2020合格目標 入門総合カリキュラム・演習総合カリキュラム受講生が2020年度宅建試験に合格された場合、お支払金額が全額返金されます。

豪華な合格特典が用意されており、モチベーションがアップすること間違いありません。

 
アガルート宅建士講座の詳細はこちら

資格の学校 TAC

TACの宅建士講座

TAC宅建講座の特徴
  • 2019年度1285名、過去3年間で3796名の合格実績!
  • 講師は宅建試験を知り尽くしたプロフェッショナル!
  • 短期間での合格を可能とする戦略的カリキュラム!
 
TAC宅建士講座の詳細はこちら

資格の大原

資格の大原

資格の大原の宅建士講座

資格の大原 宅建講座の特徴
  • 圧倒的な合格実績!
  • 受講生が安心して学習できる万全のフォロー制度!
  • 全科目総計約540問(約2000肢)が解けるスマホ専用アプリ「トレーニング問題集」!
 
資格の大原宅建士講座の詳細はこちら

クレアール

資格★合格クレアール

クレアールの宅建士講座

クレアール宅建講座の特徴

クレアールのWeb通信講座は、超効率的な学習法「非常識合格法」、非常識合格法の学習効果を最大限に引き出す「Vラーニングシステム」、Vラーニングシステムによる学習を最も効率的に進める「マルチデバイス対応」で、最高の時短学習を目指します。

 
クレアール宅建士講座の詳細はこちら

LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

LECの宅建士講座

LEC宅建講座の特徴
  • 受講生の合格率 75.1%
  • いつでもどこでも学べる学習環境を実現!
  • 抜群の的中実績!
 
LEC宅建士講座の詳細はこちら

資格スクエア

資格スクエア

資格スクエアの宅建士講座

資格スクエアではAIが出題予測をした模試「未来問」が公開されています。「未来問」はAIが過去問の出題傾向を学習することにより、当年度の本試験問題を予測した模試で、2018年度宅建試験では的中率78%と驚異的な成果を上げています。

資格スクエア宅建士講座の詳細はこちら