日商簿記2級に合格するおすすめ講座ランキング!

日商簿記2級 おすすめ講座

日商簿記2級

企業が応募者に求める資格ランキングトップ10」で第1位

という人気資格です。転職における資格の有効性

2級を取得すれば、就職転職キャリアアップにつながる他、自身の確定申告など様々な方面で非常に役に立ちます

ただ、日商簿記は最近試験範囲の改定が行われ、現代のビジネススタイルにより適合し、実際の企業活動や会計実務を織り込んだ実践的な試験に進化しました

 

試験範囲改定の影響

日商簿記2級は、平成29年(2017年)6月の第146回試験から

圧縮記帳リース取引課税所得の計算外貨換算会計

の4論点が追加、さらに平成29年(2017年)11月の147回試験から

連結会計

が追加されました。

そして、試験範囲の改定はこれで終わりではなく、平成30年度(149回試験~)には

税効果会計アップストリーム(連結会計)製造業を営む会社の決算処理

が試験範囲に新たに加わりました。

こうした一連の試験範囲の改定の影響で、日商2級の難易度は上昇しました

日商簿記2級の合格率推移をみると、第150回検定の合格率 14.7%、第151回検定の合格率 12.7%となっています。この結果が試験範囲の変更の影響を表しています。

▼日商簿記2級の合格率(=合格者÷実受験者数×100)

147回 148回 149回 150回 151回 152回
21.2 29.6 15.6 14.7 12.7 25.4

こうして、日商簿記2級は

注意
より有用な資格に進化したが、試験難易度も上がってしまった

ということができると思います。

 

さて、難化した日商簿記2級に合格するには、試験範囲の変更や試験出題傾向の変化に対応しなくてはなりません。

ただ、それは独学ではなかなか難しいと思います。

そこで、これから日商簿記2級を受験される場合は、予備校・専門学校の通学講座や通信講座を受講して勉強することをおすすめします

このページでは、講座選びの参考になるよう日商簿記2級合格のためのおすすめ講座ランキングをまとめてみました。

日商簿記2級試験の傾向と対策

おすすめ講座の紹介の前に、まずは日商簿記2級試験の傾向と対策について簡単にまとめておきます。

日商簿記2級の試験科目は

  • 商業簿記
  • 工業簿記原価計算を含む)

の2科目。

試験時間は120分で

70%以上の得点(つまり70点以上)

を獲得すると合格です。

試験科目 試験時間 合格基準
商業簿記
工業簿記原価計算
120分 70%以上

試験問題は大問5問からなり、配点はそれぞれ20点

第1問から第3問は商業簿記、第4問第5問は工業簿記から出題されます。

日商簿記2級はだいたい出題パターンが決まっていて

  • 第1問では、商業簿記の仕訳問題
  • 第2問・第3問では、商業簿記の総合問題
  • 第4問・第5問では、工業簿記の総合問題

が出題されます。

また、問題ごとの難易度にも傾向があり、商業簿記の第2問・第3問は、難問(時間がかかり得点しにくい問題)が出ることがあり、工業簿記の第4問・第5問は、基本的で得点を取りやすい問題が出題されることが多いです。

出題傾向のポイントをまとめます。

  • 商業簿記第3問では難問が出題されることがある
  • 商業簿記第2問でも難問が出題されることがある
  • 第4問・第5問の工業簿記は商業簿記よりも易しい

商業簿記で出題される難問は、時間もかかります。

難しい第2問、第3問を「解いてやろう!」と意気込んで突撃すると、

時間を浪費するばかりでなかなか得点できず撃沈

という事態になりかねないので注意が必要です。

試験本番では難問はなるべく後回しにして、簡単な問題で得点を積み重ねていくようにしましょう。

試験の出題傾向から大問ごとの目標点数は次の表のようになります。

  科目 目標点数
第1問 商業簿記 16点
第2問 商業簿記 12点
第3問 商業簿記 12点
第4問 工業簿記 16点
第5問 工業簿記 16点

目標点数の合計は72点これで合格です。

日商簿記2級の試験戦略

日商簿記2級に合格するための戦略をまとめます。

  • 難易度の低い第1問、第4問、第5問で得点を稼ぐ
  • 難問が出るかもしれない第2問第3問では部分点を拾う
  • トータルで70%以上の得点を目指す

日商簿記2級の勉強は、このように試験傾向と対策を意識しながら進めていきましょう。

日商簿記2級おすすめ講座ランキング

第1位 TAC日商簿記独学道場

TACの日商簿記独学道場は、TAC出版の市販簿記テキスト「スッキリシリーズ」と「簿記の教科書シリーズ」を使った講座。教材と講義(DVD)、さらに直前答練合格に必要なものがすべて揃っていて、とてもリーズナブルに受講することができます。

ちなみに、2015年時点でTAC出版は簿記検定対策書籍のシェアナンバーワン!驚異の58%を記録しています。大人気教材を使って合格を目指しましょう。

TAC日商簿記独学道場の詳細はこちら。

TAC日商簿記独学道場

講義回数、受講料

TACの通信講座とは内容が異なります。必要最小限の内容でコンパクトにまとめられた講義(時間数で通信講座の3分の1程度)を受講することができます。

講義は録画収録されたDVDを見て受講します。

講義では、「ここがわかれば、テキストに書いてあることが理解できる!」というポイントが解説されるので、独学で勉強するより内容が理解しやすくなります。

2級の独学道場には、「教科書コース」と「スッキリコース」の2つのコースが用意されています。

「教科書コース」は基礎からしっかり学習して着実に合格を目指したい!方向けのコース。

「スッキリコース」は効率よく学習して短期間で合格を目指したい!方向けのコース。

となっていますが、日商簿記1級独学道場では「簿記の教科書」を使用するため、1級まで進むかもしれないと考えている方は「簿記の教科書」シリーズのほうがスムーズに進級できるためおすすめです。

改訂が予定されている書籍がある場合、独学道場では、まず現行版で学習を進め、改訂版が刊行されると改めて書籍が送られてきます。このサービスは素晴らしいですね。教材についての不安がなくなり、安心して学習に集中できると思います。

独学道場では、勉強を進めていくうえでわからないところが出てきた場合、「質問カード」や「質問掲示板」(専用サイト)で質問できるようになっています。特に「質問掲示板」は、自分以外の質問とその回答も見ることができるため、「私もここがわからなかったんだけど、みんなもそうだったんだ」という疑問点の共有ができたり新たな発見があるのがいいですね。また週1回ほどのペースで、講師による電話質問会の時間も設けられていてサポート体制が充実しています。

独学道場の受講料はTACのDVD通信の¥68,000と比べると半額以下になっています。わからないところはサポート制度を使って疑問を解消しながら勉強を進めていけば、講義時間が短い分非常に効率よく実力をつけていくことができます。

TAC日商簿記独学道場の詳細はこちら。

TAC日商簿記独学道場

教材

独学道場で使用する教材は、「教科書コース」はTAC出版の「簿記の教科書」「簿記の問題集」シリーズ、「スッキリコース」はTAC出版の「スッキリわかる」「スッキリとける」シリーズです。

「簿記の教科書」「簿記の問題集」はTACが

このわかりやすさ、史上最強

簿記検定対策書籍で初の『フルカラーテキスト』!

これがあれば、もうわからないとは言わせません!

というキャッチコピーで売り出した比較的新しいシリーズで、大きな特徴としては、合格テキスト、合格トレーニングよりも一回り小さいサイズなので、持ち運びに便利でスキマ時間を使った勉強がしやすくなります。フルカラーなので非常に見やすいですが、文字サイズが小さめなので注意です。

簿記の教科書シリーズの5つの特徴

「なぜ?」「どうして?」を解消できる、わかりやすい説明!

カラーの図解で、覚えるべきポイントが一目瞭然!

モヤモヤしがちなポイントは、イメージしながら理解できる!

基本問題も満載で、知識の定着もばっちりOK!

覚えなくては始まらない、復習に便利な仕訳集も別冊形式で収載!

簿記の教科書にも連結精算表はバッチリ載っています。もともとが独学で日商簿記2級合格を目指すテキストなので

  • まず仕訳をして
  • その数値を精算表のどこに記入するのか

といった書き方を手取り足取り教えてくれるので、非常にわかりやすいです。連結精算表は連結会計の仕組みを学ぶことができる良問で、今後もくり返し出題が予想されます。

簿記の教科書を使ったTAC日商簿記独学道場なら、より効率的に連結をマスターできると思います。

日商2級簿記の教科書の連結精算表

「スッキリわかる」「スッキリとける」は、テキスト+問題集が1冊にまとまった一体型テキストで、わかりやすさ・読みやすさに徹底的にこだわった、大人気シリーズです。かわいいネコキャラ「ゴエモン」が登場し、複雑な商業簿記の世界をわかりやすく案内してくれるので、ネコ好きな方におすすめです。

スッキリシリーズの3つの特徴

・簡潔でわかりやすい説明&イラスト・図表が豊富でサクサク読めます!

・テキスト+問題集一体型なので、読んだ後にすぐ問題を解くことができます!

・総合問題「チェックテスト」1回分付! さらに付録も!

スッキリわかるにも連結精算表の解き方解説が掲載されています。

  • 仕訳➡精算表のどこに記入するのか

といった書き方を手取り足取り教えてくれる点は簿記の教科書と同じで、非常にわかりやすくなっています。

スッキリわかるのゴエモンと一緒に勉強したいという方は、これを使ったTAC日商簿記独学道場がおすすめです。

日商2級スッキリの連結精算表

TAC日商簿記独学道場の詳細はこちら。

TAC日商簿記独学道場

資格のTACの通信講座もおすすめです。

教材

次は講座で使用する教材についてです。

教材は通学、通信ともTACの合格テキスト、合格トレーニングを使用します。

合格テキスト、合格トレーニングは、多くの専門学校などで採用されており非常に定評があります。

普通に本屋さんでも売っているので、TACの講座に興味がある方は一度手に取ってみて内容を見ておくといいと思います。

連結に強い!

2018年2月の第148回日商簿記2級試験では、第3問で本格的な連結精算表が出題されました。でも、大丈夫!TACの合格テキストなら75ページに渡って連結精算表の解き方が詳細に解説されています。連結精算表は連結会計の仕組みを学ぶことができて、今後もくり返し出題されることが予想されます。

そこで、連結会計を得点源にしたいなら合格テキストを使ったTACの簿記講座がおすすめです。

日商2級合格テキストの連結精算表

資格の学校TAC 簿記講座の詳細はこちら

資格の学校TAC<簿記検定>各種コース開講

第2位 フォーサイト

フォーサイトは通信で学ぶ簿記講座。フルカラーのわかりやすいテキストと臨場感あるハイビジョン講義を収録したDVDで、2019年2月試験は驚異の合格率、全国平均の2.8倍を達成しています。

教材

テキストは、重要な部分が視覚的に一目でわかる構成で、脳にも残りやすく、記憶力がアップするフルカラー。
簿記試験の本質を捉えて、簿記合格のために的を絞っているため、従来のテキストの3分の2の厚さに。またさらに図やグラフ、イラストをフル活用して、テキストをすっきり見やすくまとめたことで、さらに3分の2の量に。
これでフォーサイトのテキストは、従来のテキストの約半分以下になっています。
テキストの分量が少なければ、それだけ反復して学習することができるため、短期間で合格ラインの70点をクリアする実力が身に付きます。
また、フォーサイトの簿記講座には、講義を収録したDVDやCD、eラーニングが付いています。講義の映像を観て講師の解説を聞くことで、テキストで読んだだけでは難解な文章が具体的に想像できるようになり、ぐんぐん頭に入ります。わかるという気持ちが沸くので、勉強そのものも楽しくなって、最後まで挫折せずに続けることができるというわけです。

講義

DVDに収録された講義は、ハイビジョン撮影でクリアな音質と画質を再現。目の前で先生がいるかのような臨場感を得ることができます。

フォーサイトの簿記講座が気になるという方は、ぜひ資料請求してみましょう。

フォーサイト簿記合格率

全国平均の約2.8倍(2019年2月2級)の合格率!フォーサイト日商簿記講座の詳細はこちら

フォーサイトの日商簿記2級通信講座

簿記

第3位 スタディング 簿記講座

「スタディング 簿記講座」は、従来の資格講座とは異なり

社会人や学生など忙しい方でも
効率的に勉強ができるよう
スキマ時間を活かした学習に最適化された講座

です。

実際に短期間で「日商簿記検定試験」に合格した人々の勉強法を徹底的に研究することで開発されたオンライン講座なので、短期合格者の勉強法を追体験して合格に近づくことができます。

テキスト

スタディング簿記講座のテキストはWEBテキストです。WEBテキストは、パソコンはもちろんスマートフォンやタブレット端末から見ることができます。講義内容を網羅し、補足説明付きなので大変便利です。

▼こんな感じ。

スタディング簿記講座 簿記とは

講義

講義はわかりやすい動画/音声講座です。動画を再生することもできますし、音声だけを再生することもできます。

テーマごとの全体像を把握しながら、重要項目を分かりやすく学習することができます。

講義は、「試験によく出る」「書籍では分かりにくい」ところを重点的に収録し、テキスト無しで理解できるように作成されています。

また、ビデオ/音声講座は再生速度を変えることができるため

最初は1.0倍速で学習し理解を深め
慣れてきたら2倍速、3倍速で学ぶ
➡短時間での復習ができる
ということも可能です。

▼こんな感じです。

スタディング簿記講座 3倍速

スマート問題集

スマート問題集は、基本講座で学んだ内容をすぐに確認できるオンライン問題集。通勤時間などのスキマ時間に簡単に解けるため、反復学習に最適です。

スマート問題集では、基本講座の一講座が終わるたびに、基本講座の単元に合わせて問題が出題されます。解答すると正解不正解が示され、解説を読むことで理解を深めます。

練習モード、本番モード、復習モードの3つのモードがあり、間違った箇所の完全克服と確実な知識の定着を図ることができます。

スマート問題集は、実際に使ってみると非常に画期的な機能だと分かります。ぜひ一度体験してみてください。

▼こんな感じ

スタディング簿記講座 スマート問題集

「〇正解!」でした。

詳しい解説付きです。

スタディング簿記講座 スマート問題集2

スタディング 簿記講座は、今までなかった斬新な講座です。特にスマート問題集は便利。

3級基本講義部分の無料お試しができるので、ぜひやってみてください。

スタディング 簿記講座の詳細はこちら

スキマ時間で簿記を取る! 短期合格者の勉強法

簿記

第4位 資格の大原

TACと並び合格実績抜群の予備校です。通信講座でも受講できますが、お近くに大原の校舎がある場合は通学講座を受講するとより効果的に学習を進められるでしょう。

資格の大原では通学や通信、資料通信など様々な形態の日商簿記講座を開講していますがフォローが手厚いのが一番の特徴です。

安心の受講サポートシステム

資格の大原で講座を受講するとこのようなサポートが受けられます。

  1. 質問対応
    専任講師が受講生の質問をいつでも受けられる体制が整えられています。
  2. 自習室・教室開放
    一部の空いている教室を自習室として開放しています。
    これにより、講義のあとすぐに復習できるし、自宅でなかなか集中できないという場合にGood!
  3. 教室聴講制度
    申し込んだコースと同じ通学講座を開講している大原グループ各校の授業に一定回数無料で参加できます。
  4. 添削指導
    担当講師が丁寧に添削してくれます。

質問などのサポート制度を重視する方には資格の大原がおすすめですね。

教材

次は講座で使用する教材についてです。

教材は通学、通信とも資格の大原オリジナルのテキスト・問題集を使用します。

TACの市販教材とは異なり、地味な装丁で独学で使うには厳しい内容かもしれませんが、大原の出すテキストなので内容の正確性・信頼性はバッチリです。

資料通信って何?

大原の通信講座には資料通信というのがあります。

これは通学講座と同じ教材(テキスト・演習・答練)を使って学習するので、書店で売られている市販の参考書、問題集では不安だ・・・という方におすすめです。

ただ、講義を見ることができないので独学とほぼ等しい状態になります。初めて勉強するという場合は避けた方がいいと思います。

資格の大原 簿記講座の資料請求はこちら。

簿記講座【資格の大原】

第5位 クレアール

日商簿記合格を目指す方におすすめのクレアール日商簿記講座の詳細はこちら

クレアール日商簿記1級講座

第6位 LEC

日商簿記合格を目指す方におすすめのLEC日商簿記講座の詳細はこちら

日商簿記サイトはこちら