電気代の仕訳についてわかりやすくまとめてみました。

電気代の仕訳

このページでは

  • 個人事業主が
  • 簿記知識不要の会計ソフト freee を使って
  • 電気代を入力する方法

についてまとめています。

 

経費とは、事業を行う上でかかった費用のこと。

経費になるものとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 荷造運賃・・・宅配便、宅急便など運送費用
  • 水道光熱費・・・事業に関係する電気代など
  • 旅費交通費・・・交通費、ホテルの宿泊費など
  • 通信費・・・郵便切手、郵便はがき、電話代、レターパック代、インターネット使用料など
  • 広告宣伝費・・・販促ポスターやチラシ・カタログ等の印刷費用、 テレビ・ラジオ・インターネット広告、看板にかける費用など
  • 修繕費・・・事業で使用する建物、自動車、機械などの修理費用
  • 消耗品費・・・文房具文具、のり、消しゴム、コピー用紙、電卓、伝票類、名刺、雑貨、電球、蛍光灯など、1個10万円未満のもの
  • 減価償却費
  • 給料賃金・・・従業員に支払う給料・賞与
  • 地代家賃・・・店舗・事務所の賃貸料
  • 雑費・・・上記以外の費用

電気代も「水道光熱費」として経費に含まれることがわかります。

freee(フリー) は、複式簿記の知識がなくても、複式簿記で経理ができる会計ソフトなので、電気代の記帳にも活躍します。

例えば

電気代を計上した

という場合、

「電気代を支払ったから、支出かな?」と考えて

取引タブで 支出 を押せば、

勘定科目 に支出に関連する選択肢がヒントとしてズラッと出てきてくれるので

「設備関連の支払い」→「水道光熱費 電気・ガス・水道など」と進み、簡単に入力することができます。

 

複式簿記は、

  • 取引から使用する勘定科目を特定し
  • 借方(左側)貸方(右側)両方に適切な勘定科目を割り当て

記帳していく必要があります。

これは、簿記を勉強していないとなかなか難しいことです。

ところが、freee(フリー)では

収入か支出か

さえわかれば、フローに沿って入力していくだけで、複式簿記で記帳することができます。

簿記初心者の方はもちろん、簿記を勉強して会計について詳しいよ!という方にもおすすめです。

会計 freee の無料お試しはこちら

確定申告ソフト 会計 freee

会計ソフト freee で電気代を入力する方法

東京電力ならでんき家計簿が便利

それでは、freee フリーを使って実際に電気代を入力していきます。

ここでは

電気代
2019年8月2日、8月分の電気代 7,813円 が確定した。電気代はプライベートのクレジットカードで決済される。

という例で考えてみます。

まず、経費を入力する際は

  1. 領収書・レシート等証憑書類を集める
  2. 領収書・レシート等を参照しながら、取引を入力する

という感じで取引の証拠となる領収書やレシートを手元に置いて進めます。

東京電力の場合、でんき家計簿というサービスで電気料金明細や請求書を見ることができるようになっています。お使いの電力会社でこのようなサービスがあるようでしたら、ネットで電気料金等を確認するのがおすすめです。

でんき家計簿から電気ご使用量のお知らせをダウンロードする

電気ご使用量のお知らせは、印刷用ページからPDFファイルでダウンロードすることもできます。

電気ご使用量のお知らせから期日、発生日、金額を読み取る

経費の情報を記帳する際、期日、発生日、金額等の情報が必要になります。電気代はプライベート用のクレジットカードで決済しているので、「決済=完了」で処理します。発生日は検針月日とします。

まず、取引が確定した発生日は、8月2日になります。使用期間が主に7月ですが、お知らせにある「令和1年8月」と揃えて、8月分の電気代として処理しています。

次に、期日(支払期日)は、入力不要です。プライベート用のクレジットカードで決済した場合は、購入時にプライベート資金を支払ったとして記帳します。

ちなみに、事業用のクレジットカードで決済した場合は、カード会社ごとに決められた口座引き落とし日(9月27日)を期日に入力します。(参考:個人事業主がクレジットカード決済した場合の会計処理方法

最後に、金額7,813円とします

参考までに、今回使用したクレジットカード(楽天カード)の利用明細の一部を見てみると、9月27日の口座引き落とし分に、8月2日検針分の7,813円が含まれていることが確認できます。

会計ソフト freee に入力する

freee に入力していきます。

電気代を支払う取引なので「支出」

プライベートのクレジットカード払いなので「完了」をクリックし、口座は「プライベート資金」とします。

発生日は8月2日、勘定科目は電気代なので「水道光熱費」です。

金額は7,813円となります。

電気代の入力

参考までに仕訳は次のようになります。

最後に家事按分を設定する

水道光熱費については、このような感じで毎月記帳していくことになります。

ただ、これでは終わりません。

個人事業主で自宅兼事務所として自宅を使っているような場合、通信費や水道光熱費、地代家賃などの「プライベート」と「事業」で共用している経費を「プライベート用経費」と「事業用経費」に按分します。(参考:家事按分の比率ってどう計算すればいいの?個人事業主Q&A

freee では「確定申告タブ」➡「その他の機能」と進み、「家事按分」をクリックして、事業利用比率を設定しすればOKです。

会計 freee の無料お試しはこちら