【YouTubeで合格!日商簿記3級 その3】三分法、分記法、クレジット売掛金、諸掛りの仕訳

YouTube動画で簿記が学べる

これまで簿記の勉強と言えば、専門学校や資格試験予備校に通ったり、何万円もする通信教材を購入しDVD等を視聴するスタイルがスタンダードといえました。

でも、時代は変わりました。

今はYouTubeに簿記の勉強ができる良質な動画がたくさんアップされるようになり、YouTubeだけでも十分簿記の勉強ができるようになりました。

▼おすすめのYoutube講座はこちら。

簿記が学べるYoutube 簿記が学べるYouTube動画をまとめたよ。

その中でも特に際立ってわかりやすいのはふくしままさゆきさんのYoutubeチャンネル。

このページでは

Youtubeのわかりやすい動画を視聴することで簿記の内容を徹底理解!

➡市販の教材を使って仕訳の問題を徹底演習!

という流れで、簿記3級の合格を確実にしていく方法を考えています。

【簿記系YouTuber?】ふくしままさゆきさんのYouTubeチャンネル

ふくしまさんのYoutubeチャンネル登録者数は、5.93万人。日本一わかりやすいYouTube簿記動画が配信されています。

簿記3級の動画だけで、なんと24本!動画の内容は、日商簿記3級の試験範囲にバッチリ対応しています。

そこで、「これから日商簿記3級の勉強を始めてみようかな?」と考えていらっしゃる方には、まずふくしまさんの動画をご覧になることをおすすめします。

ふくしまさんは、「ホントにゼロからの簿記3級 」というkindle本を書かれています。

簿記・会計の知識が『ホントにゼロ』でも

  • 電卓なしで
  • スマホ・タブレットだけで
  • 電車内、コーヒーショップ、布団の中などで
  • マジメに楽しく、読むだけで

簿記入門&簿記3級の対策ができます。

この本は、Amazon 売れ筋ランキング 第1位。Amazonカスタマーレビューでも約170件で平均4.4という高評価を得ています。

ゼロから簿記3級の勉強ができる『ホントにゼロからの簿記3級 』を無料で読みたい方は

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円でマンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

日商簿記検定の学習を「手軽に!楽しく!詳しく!無料で!」始めましょう!

 

講義を視聴して内容が理解できたところで… 次はいよいよ問題演習です!

仕訳の練習問題を解いてみる

簿記の勉強は、講義を視聴してその内容を理解しただけでは足りません。

試験本番で問題が解けるようになるには、必ず手を動かして問題を解き、「仕訳」をマスターすることが必要になります。

ふくしまさんのKindle本勉強するもよし。

紙の本をそばに置いておきたいという受験生は、最近出版された『Let’s Start! 新しい日商簿記3級 テキスト&問題集 2020年度版』(「新しい日商簿記3級」)がおすすめです。

簿記系のYoutube動画とも相性が良いです。

「新しい日商簿記3級」は、簿記やFPなど資格書籍のベストセラー作家 滝澤 ななみ先生が、これまでの作品の集大成として書かれた簿記のテキスト&問題集。

2020年4月に出版されたばかりということで、最新の試験傾向に一番合っている教材です。

当サイトでは、「新しい日商簿記3級のテキスト」の中から、日商簿記3級において重要な仕訳問題を単元ごとに掲載していくことにしました。

ここで掲載する仕訳問題は、このテキストの例題が元ネタ(滝澤 ななみ先生の許可を得ています)。

この問題を繰り返し解いてマスターすれば、必ず仕訳ができるようになりますよ!

  1. 問題文を読んで少し考えてみる
  2. 自分の答えが出たら解答と照らし合わせて答え合わせ
  3. その仕訳になる理由をチェック

という感じで使ってみてください。

それでは、日商簿記3級の三分法、分記法、クレジット売掛金、諸掛りの仕訳をマスターしていきましょう!

三分法、分記法、クレジット売掛金、諸掛り

簿記3級独学応援っ!④三分法、分記法、クレジット売掛金、諸掛り!

まずは、動画を視聴しましょう。

この動画では、三分法、クレジット売掛金、諸掛りについてわかりやすく解説されています。

 

動画を視聴したら仕訳です。「新しい日商簿記3級」から厳選した例題を掲載しました。ぜひ問題を解いてみてください。

商品の仕入の仕訳(三分法)

商品を仕入れたときの仕訳です(三分法)。非常によく登場するので、勉強していれば自然にマスターできるかも。

例 6-1 P.44
A社から商品100円を仕入れ、代金は現金で支払った。(三分法)
(借) 仕 入 100
   (貸) 現 金 100
「仕入」(費用)が増加した➡「仕入」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

商品の仕入の仕訳(分記法)

こちらは、分記法による仕訳です。三分法に比べると重要度は落ちますが、しっかり理解しておきましょう。

例 6-1 P.44
A社から商品100円を仕入れ、代金は現金で支払った。(分記法)
(借) 商 品 100
   (貸) 現 金 100
「商品」(資産)が増加した「商品」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

商品の売上げの仕訳(三分法)

商品を売り上げたときの仕訳です(三分法)。こちらも非常によく登場する仕訳です。

例 7-1 P.47
X社に原価100円の商品を150円で売り上げ、代金は現金で受け取った。(三分法)
(借) 現 金 150
   (貸) 売 上 150
「現金」(資産)が増加した「現金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「売上」は貸方(右側)

商品の売上げの仕訳(分記法)

分記法の仕訳です。三分法に比べると重要度は落ちますが、しっかり理解しておきましょう。

例 7-1 P.47
X社に原価100円の商品を150円で売り上げ、代金は現金で受け取った。(分記法)
(借) 現 金 150
   (貸) 商 品 100   
   (貸) 商品売買益 50
「現金」(資産)が増加した「現金」は借方(左側)
「商品」(資産)が減少した「商品」は貸方(右側)
「商品売買益」(収益)が増加した「商品売買益」は貸方(右側)

掛け仕入の仕訳(仕入れたとき)

商品代金を「掛け」(あと払い)にしてもらった場合の仕訳です。

例 8-1 P.49
仕入先A社から商品100円を仕入れ、代金は月末に支払うこととした。
(借) 仕 入 100
   (貸) 買掛金 100

「仕入」(費用)が増加した「仕入」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した「買掛金」は貸方(右側)

掛け仕入の仕訳(代金を支払ったとき)

掛け仕入の仕訳(仕入れたとき)の続きです。あと払いの商品代金を支払ったときの仕訳になります。

例 8-1 P.49
月末になり、買掛金100円を現金で支払った。
(借) 買掛金 100
   (貸) 現 金 100

「買掛金」(負債)が減少した「買掛金」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

掛け売上の仕訳(売り上げたとき)

商品を売り上げ、代金をあとで受け取ることにした場合の仕訳です。

例 8-2 P.50
得意先X社に商品150円を売り上げ、代金は月末に受け取ることとした。
(借) 売掛金 150
   (貸) 売 上 150

「売掛金」(資産)が増加した「売掛金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「売上」は貸方(右側)

掛け売上の仕訳(代金を受け取ったとき)

掛け売上の仕訳(売り上げたとき)の続きです。あとで受け取ることにしていた商品代金を、実際に受け取ったときの仕訳になります。

例 8-2 P.50
月末になり、売掛金150円を現金で受け取った。
(借) 現 金 150
   (貸) 売掛金 150

「現金」(資産)が増加した「現金」は借方(左側)
「売掛金」(資産)が減少した「売掛金」は貸方(右側)

クレジット払いによる売上げの仕訳(売り上げたとき)

商品を売り上げ、代金はクレジットカード払いになったときの仕訳です。信販会社に対する手数料を計算すること、「支払手数料」という勘定科目を使うことがポイントです。

例 9-1 P.53
商品200円をクレジット払いの条件で売上げた。なお、信販会社に対する手数料は販売代金の1%とし、販売時に計上する。支払手数料:200円×1%=2円 クレジット売掛金:200円-2円=198円
(借) クレジット売掛金 198
(借) 支払手数料 2
   (貸) 売 上 200

「クレジット売掛金」(資産)が増加した「クレジット売掛金」は借方(左側)
「支払手数料」(費用)が増加した「支払手数料」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「売上」は貸方(右側)

クレジット払いによる売上げの仕訳(入金時)

クレジット払いによる売上げの仕訳(販売時)の続きです。商品代金を受け取ったときの処理方法です。

例 9-1 P.53
クレジット払いで売り上げた商品代金が信販会社から入金され、現金として処理した。(クレジット売掛金198円の受取り)
(借) 現 金 198
   (貸) クレジット売掛金 198

「現金」(資産)が増加した「現金」は借方(左側)
「クレジット売掛金」(資産)が減少した「クレジット売掛金」は貸方(右側)

商品券による売上げの仕訳(売り上げたとき)

商品を売り上げ、商品券を受け取ったときの仕訳です。商品券はあとで換金できるので「資産」になります。

例 10-1 P.56
商品200円を売り上げ、代金は全国共通商品券で受け取った。
(借) 受取商品券 200
   (貸) 売 上 200

「受取商品券」(資産)が増加した「受取商品券」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「収益」は貸方(右側)

商品券による売上げの仕訳(商品券精算)

商品券を精算したときの仕訳です。

例 10-1 P.56
全国共通商品券200円を精算し、現金を受け取った。
(借) 現 金 200
   (貸) 受取商品券 200

「現金」(資産)が増加した「現金」は借方(左側)
「受取商品券」(資産)が減少した「受取商品券」は貸方(右側)

返品の仕訳(仕入戻し)

仕入れた商品を返品するときの仕訳です。

例 11-1 P.63
さきに掛けで仕入れた商品のうち、品違いにつき10円分を返品した。
(借) 買掛金 10
   (貸) 仕 入 10

掛け仕入の仕訳を逆にします。

「買掛金」(負債)が減少した「買掛金」は借方(左側)
「仕入」(費用)が減少した「仕入」は貸方(右側)

返品の仕訳(売上戻り)

売り上げた商品が返品されたときの仕訳です。

例 11-1 P.63
さきに掛けで売り上げた商品のうち、品違いにつき10円分が返品された。
(借) 売 上 10
   (貸) 売掛金 10

掛け売上の仕訳を逆にします。

「売上」(収益)が減少した「売上」は借方(左側)
「売掛金」(資産)が減少した「売掛金」は貸方(右側)

仕入諸掛りの仕訳(当社負担)

仕入諸掛りとは、運送料や保険料など商品の仕入にかかる諸費用のこと。当社が負担する仕入諸掛の金額は、通常、仕入金額に含めて処理します。そこで「商品代金+仕入諸掛の合計」が「仕入」の金額となります。

例 12-1 P.65
A社より商品100円を掛けで仕入れた。当社負担の運送料10円を現金で支払った。
(借) 仕 入 110
   (貸) 買掛金 100
   (貸) 現 金 10

「仕入」(費用)が増加した「仕入」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した「買掛金」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

仕入諸掛りの仕訳(仕入先負担、立替金)

仕入諸掛りとは、運送料や保険料など商品の仕入にかかる諸費用のこと。仕入諸掛りが仕入先負担の場合は、問題文の指示に従って処理します。

例 12-2 P.66
A社より商品100円を掛けで仕入れた。A社負担の運送料10円を現金で支払った。運送料は立替金で処理する。
(借) 仕 入 100
(借) 立替金 10
   (貸) 買掛金 100
   (貸) 現 金 10

「仕入」(費用)が増加した「仕入」は借方(左側)
「立替金」(資産)が増加した「立替金」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した「買掛金」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

 

仕入諸掛りの仕訳(仕入先負担、買掛金)

仕入諸掛りとは、運送料や保険料など商品の仕入にかかる諸費用のこと。仕入諸掛りが仕入先負担の場合は、問題文の指示に従って処理します。

例 12-3 P.66
A社より商品100円を掛けで仕入れた。A社負担の運送料10円を現金で支払った。運送料は買掛金から減額した。
(借) 仕 入 100
   (貸) 買掛金 90
   (貸) 現 金 10

「仕入」(費用)が増加した「仕入」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した「買掛金」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

 

売上諸掛りの仕訳(当社負担)

売上諸掛りとは、発送運賃など商品の売上にかかる諸費用のこと。売上諸掛りを当社が負担する場合は、発送費(費用)で処理します。

例 12-4 P.68
X社に商品200円を掛けで売り上げ、運送料20円を現金で支払った。運送料は当社が負担するものである。
(借) 売掛金 200
(借) 発送費 20
   (貸) 売 上 200
   (貸) 現 金 20

「売掛金」(資産)が増加した「売掛金」は借方(左側)
「発送費」(費用)が増加した「発送費」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「売上」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

 

売上諸掛りの仕訳(得意先負担、立替金)

売上諸掛りとは、発送運賃など商品の売上にかかる諸費用のこと。売上諸掛りを得意先が負担する場合は、問題文の指示に従って処理します。

例 12-5 P.68
X社に商品200円を掛けで売り上げ、運送料20円を現金で支払った。運送料はX社が負担するものであり、立替金で処理する。
(借) 売掛金 200
(借) 立替金 20
   (貸) 売 上 200
   (貸) 現 金 20

「売掛金」(資産)が増加した「売掛金」は借方(左側)
「立替金」(資産)が増加した「立替金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「売上」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

 

売上諸掛りの仕訳(得意先負担、売掛金)

売上諸掛りとは、発送運賃など商品の売上にかかる諸費用のこと。売上諸掛りを得意先が負担する場合は、問題文の指示に従って処理します。

例 12-6 P.69
X社に商品200円を掛けで売り上げ、運送料20円を現金で支払った。運送料はX社が負担するものであり、売掛金に含めて処理する。
(借) 売掛金 220
   (貸) 売 上 200
   (貸) 現 金 20
「売掛金」(資産)が増加した「売掛金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「売上」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

前払金の仕訳(支払ったとき)

前払金とは、商品の仕入れに先立って支払った手付金や内金のこと。まずは、手付金や内金を支払ったときの仕訳です。

例 13-1 P.71
商品100円を注文し、手付金10円を現金で支払った。
(借) 前払金 10
   (貸) 現 金 10
「前払金」(資産)が増加した「前払金」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した「現金」は貸方(右側)

前払金の仕訳(仕入れたとき)

前払金とは、商品の仕入れに先立って支払った手付金や内金のこと。実際に商品が手もとに届いたときの仕訳です。

例 13-2 P.71
注文した商品100円を受け取り、さきに支払っていた手付金10円を減額した残額(100円-10円=90円)は月末に支払うこととした。
(借) 仕 入 100
   (貸) 前払金 10
   (貸) 買掛金 90
「仕入」(費用)が増加した「仕入」は借方(左側)
「前払金」(資産)が減少した「前払金」は貸方(右側)
「買掛金」(負債)が増加した「買掛金」は貸方(右側)

前受金の仕訳(受け取ったとき)

前受金とは、商品の売り上げに先立って受け取った手付金や内金のこと。まずは、手付金や内金を受け取ったときの仕訳です。

例 13-2 P.72
商品100円の注文を受け、手付金として10円を現金で受け取った。
(借) 現 金 10
   (貸) 前受金 10
「現金」(資産)が増加した「現金」は借方(左側)
「前受金」(負債)が増加した「前受金」は貸方(右側)

前受金の仕訳(売り上げたとき)

前受金とは、商品の売り上げに先立って受け取った手付金や内金のこと。実際に商品を得意先に渡したときの仕訳です。

例 13-2 P.72
注文を受けた商品100円を発送し、さきに受け取っていた手付金10円を減額した残額(100円-10円=90円)は月末に受け取ることとした。
(借) 前受金 10
(借) 売掛金 90
   (貸) 売 上 100
「前受金」(負債)が減少した「前受金」は借方(左側)
「売掛金」(資産)が増加した「売掛金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した「売上」は貸方(右側)

まとめ

以上で日商簿記3級 三分法、分記法、クレジット売掛金、諸掛りの仕訳は終わりです。

問題文を見たら、すぐに仕訳が思い浮かぶようになるまで、しっかり練習してみましょう。

 

スマホでテキストを読み、講義を視聴し、問題が解ける全部入りの講座もあります。こちらもおすすめですよ。

スマホで解けるスマート問題集を体験してみる
簿記