【新しい日商簿記2級 商業簿記 仕訳攻略6】リース取引

新しい日商簿記2級商業簿記 仕訳攻略6リース取引

2020年4月1日に出版された『Let’s Start! 新しい日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集 2020年度版』「新しい日商簿記2級 商業簿記」)は、とにかく画期的な簿記本です。

テキストは全ページオールカラーで、ページレイアウトのセンスや色使いがvery good!

最高に美しく読みやすい簿記テキストに仕上がっています。

キャラ化した勘定科目簡単な場面設定により、とっつきにくい簿記が楽しく学べるので、これから簿記の勉強を始めてみようかな…と思っている方におすすめです。

簿記の基本は仕訳です。

「仕訳を制する者は簿記を制す!」と言われるほど重要なので、検定試験の合格を目指すなら、仕訳は何としても得意にしておきたいところ。

このページでは、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE2 テーマ6 リース取引に登場する仕訳の徹底攻略法をまとめました。

リース取引に登場する仕訳は以下のとおりです。

  • ファイナンス・リース取引の処理
  • オペレーティング・リース取引の処理

 

 

この「新しい日商簿記2級 商業簿記」に登場する仕訳の中から特に重要な問題を厳選して

  1. 問題文
  2. 解答(仕訳)
  3. この仕訳になる理由

の順で掲載しました。

※仕訳問題は、滝澤 ななみ 先生の許可を得て掲載しています。「この仕訳になる理由」は、当サイトで作成したものです。

問題の下をクリックすると窓が開いて、解答(仕訳)この仕訳になる理由が読めるようになっています。

問題文を読んで、どんな仕訳になるのか少し考えてみる➡クリックして解答(仕訳)この仕訳になる理由を見て答え合わせ……という感じで、テキストを参照しながら使ってみてください。

もし解けない問題があったり、疑問点が生じた場合は、必ず「新しい日商簿記2級 商業簿記」に戻って確認しながら進めてくださいね。

それでは、合格目指してがんばっていきましょう!

リース取引

ファイナンス・リース取引の仕訳

リース取引を開始したとき(利子込み法)

利子込み法で、リース取引を開始したときは、利息相当額を含んだリース料総額で、リース資産(資産)とリース債務(負債)を計上します。

例 25-1 P.127
当期首(4月1日)に下記の条件で備品についてリース契約を結んだ(ファイナンス・リース取引)。 
(利子込み法)
 リース期間:5年間
 見積現金購入価額:500円
 年間リース料:120円(毎年3月31日)

 リース料総額:120円×5年=600円
(借) リース資産 600
   (貸) リース債務 600

「リース資産」(資産)が増加した➡「リース資産」は借方(左側)
「リース債務」(負債)が増加した➡「リース債務」は貸方(右側)

リース料を支払ったとき(利子込み法)

例 25-2 P.128
3月31日。下記のリース資産について、リース料を現金で支払った。 
(利子込み法)
 リース期間:5年間
 見積現金購入価額:500円
 年間リース料:120円(毎年3月31日)
(借) リース債務 120
   (貸) 現 金 120

「リース債務」(負債)が減少した➡「リース債務」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

決算時(利子込み法)

例 25-3 P.128
3月31日。決算日において、リース資産(計上価額600円)について、定額法(残存価額はゼロ、耐用年数は5年)で減価償却を行う。なお、記帳方法は間接法である。

 減価償却費:600円÷5年=120円
(借) 減価償却費 120
   (貸) リース資産減価償却累計額 120

「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「リース資産減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「リース資産減価償却累計額」は貸方(右側)

リース取引を開始したとき(利子抜き法)

利子抜き法で、リース取引を開始したときは、リース料総額から利息相当額を控除した金額(見積現金購入価額)で、リース資産(資産)とリース債務(負債)を計上します。

例 25-4 P.129
当期首(4月1日)に下記の条件で備品についてリース契約を結んだ(ファイナンス・リース取引)。 
(利子抜き法)
 リース期間:5年間
 見積現金購入価額:500円
 年間リース料:120円(毎年3月31日)
(借) リース資産 500
   (貸) リース債務 500

「リース資産」(資産)が増加した➡「リース資産」は借方(左側)
「リース債務」(負債)が増加した➡「リース債務」は貸方(右側)

リース料を支払ったとき(利子抜き法)

リース料を支払ったときは、支払ったリース料に対応するリース債務(負債)を減少させるとともに、リース料に含まれる利息相当額を支払利息(費用)で処理します。このときの利息相当額は、(2級の場合は)定額法によって計算します。

例 25-5 P.130
3月31日。下記のリース資産について、リース料を現金で支払った。 
(利子抜き法)
 リース期間:5年間
 見積現金購入価額:500円
 年間リース料:120円(毎年3月31日)

 リース債務の減少額:500円÷5年=100円
 支払利息:(600円-500円)÷5年=20円
(借) リース債務 100
(借) 支払利息 20
   (貸) 現 金 120

「リース債務」(負債)が減少した➡「リース債務」は借方(左側)
「支払利息」(費用)が増加した➡「支払利息」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

決算時(利子抜き法)

例 25-6 P.131
3月31日。決算日において、リース資産(計上価額500円)について、定額法(残存価額はゼロ、耐用年数は5年)で減価償却を行う。なお、記帳方法は間接法である。

 減価償却費:500円÷5年=100円
(借) 減価償却費 100
   (貸) リース資産減価償却累計額 100

「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「リース資産減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「リース資産減価償却累計額」は貸方(右側)

オペレーティング・リース取引の仕訳

リース取引を開始したとき

会計処理はありません。

リース料を支払ったとき

リース料を支払ったときは、支払ったリース料を支払リース料(費用)で処理します。

例 26-1 P.134
3月31日。当期首(4月1日)にリース取引(オペレーティング・リース取引)を開始した。下記のリース資産について、リース料を現金で支払った。 

 リース期間:5年間
 年間リース料:120円(毎年3月31日)
(借) 支払リース料 120
   (貸) 現 金 120

「支払リース料」(費用)が増加した➡「支払リース料」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

まとめ

以上、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE2 テーマ6 リース取引に登場する仕訳を見てきました。

ファイナンス・リース取引の処理、オペレーティング・リース取引の処理は、ともに非常に重要なテーマです。しっかり理解して解答できるようにしておきましょう。

仕訳の作り方

  • その勘定科目が資産・負債・収益・費用・純資産のどれにあたるのか
  • 資産・負債・収益・費用・純資産のホームポジションは、借方(左側)・貸方(右側)のどちらか➡資産費用借方(左側)負債収益純資産貸方(右側)

の2つが、仕訳を作るためには必須の知識となります。

もし仕訳の作り方を忘れたら、この2つのポイントに立ち返ってもう一度考えてみてください。

「新しい日商簿記3級」STAGE1のLesson3「仕訳の作り方」に、簿記の一番重要なポイントがよくまとめられています。2級の勉強を始められた方も、途中で何度かここに戻って「仕訳の作り方」を確認しておいてくださいね!