【新しい日商簿記2級 商業簿記 仕訳攻略5】有形固定資産② 建設仮勘定、圧縮記帳、滅失など

2020年4月1日に出版された『Let’s Start! 新しい日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集 2020年度版』「新しい日商簿記2級 商業簿記」)は、とにかく画期的な簿記本です。

テキストは全ページオールカラーで、ページレイアウトのセンスや色使いがvery good!

最高に美しく読みやすい簿記テキストに仕上がっています。

キャラ化した勘定科目簡単な場面設定により、とっつきにくい簿記が楽しく学べるので、これから簿記の勉強を始めてみようかな…と思っている方におすすめです。

簿記の基本は仕訳です。

「仕訳を制する者は簿記を制す!」と言われるほど重要なので、検定試験の合格を目指すなら、仕訳は何としても得意にしておきたいところ。

このページでは、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE2 テーマ5 有形固定資産②に登場する仕訳の徹底攻略法をまとめました。

有形固定資産②に登場する仕訳は以下のとおりです。

  • 建設仮勘定
  • 有形固定資産の改良と修繕
  • 有形固定資産の滅失
  • 圧縮記帳

 

 

この「新しい日商簿記2級 商業簿記」に登場する仕訳の中から特に重要な問題を厳選して

  1. 問題文
  2. 解答(仕訳)
  3. この仕訳になる理由

の順で掲載しました。

※仕訳問題は、滝澤 ななみ 先生の許可を得て掲載しています。「この仕訳になる理由」は、当サイトで作成したものです。

問題文の下をクリックすると窓が開いて、解答(仕訳)この仕訳になる理由が読めるようになっています。

問題文を読んで、どんな仕訳になるのか少し考えてみる➡クリックして解答(仕訳)この仕訳になる理由を見て答え合わせ……という感じで、テキストを参照しながら使ってみてください。

もし解けない問題があったり、疑問点が生じた場合は、必ず「新しい日商簿記2級 商業簿記」に戻って確認しながら進めてくださいね。

それでは、合格目指してがんばっていきましょう!

有形固定資産② 建設仮勘定、圧縮記帳、滅失など

建設仮勘定

建設中の建物の代金を支払ったとき

完成前に建設代金の一部を支払ったときは、建設仮勘定(資産)で処理します。

例 20-1 P.109
① 建物の新築のため、建設会社と500円の請負金額で契約し、着手金100円を小切手を振り出して支払った。
(借) 建設仮勘定 100
   (貸) 当座預金 100

「建設仮勘定」(資産)が増加した➡「建設仮勘定」は借方(左側)
「当座預金」(資産)が減少した➡「当座預金」は貸方(右側)

建物が完成し、引き渡しを受けたとき

建物等が完成し、引き渡しを受けたときは、建設仮勘定(資産)から建物(資産)などの有形固定資産の勘定に振り替えます。

例 20-1 P.109
② ①の建物が完成し、引き渡しを受けたので、契約金額の残高400円を小切手を振り出して支払った。
(借) 建 物 500
   (貸) 建設仮勘定 100
   (貸) 当座預金 400

「建物」(資産)が増加した➡「建物」は借方(左側)
「建設仮勘定」(資産)が減少した➡「建設仮勘定」は貸方(右側)
「当座預金」(資産)が減少した➡「当座預金」は貸方(右側)

有形固定資産の改良と修繕

改良をしたとき

改良をしたときの支出額は、その資産(建物など)の取得原価に含めて処理します。

修繕をしたとき

修繕をしたときの支出額は、修繕費(費用)で処理します。

例 21-1 P.111
建物の改良と修繕を行い、代金500円は小切手を振り出して支払った。このうち300円は改良のための支出である。
(借) 建 物 300
(借) 修繕費 200
   (貸) 当座預金 500

「建物」(資産)が増加した➡「建物」は借方(左側)
「修繕費」(費用)が増加した➡「修繕費」は借方(左側)
「当座預金」(資産)が減少した➡「当座預金」は貸方(右側)

有形固定資産の滅失

保険を掛けていない場合

火災で滅失した有形固定資産の帳簿価額を全額、火災損失(費用)で処理します。

例 22-1 P.113
当期首に建物(取得原価1,000円、減価償却累計額300円、記帳方法は間接法)が火災により焼失した。この建物には保険が付されていない。
(借) 建物減価償却累計額 300
(借) 火災損失 700
   (貸) 建 物 1,000

「建物減価償却累計額」(資産のマイナス)が減少した➡「建物減価償却累計額」は借方(左側)
「火災損失」(費用)が増加した➡「火災損失」は借方(左側)
「建物」(資産)が減少した➡「建物」は貸方(右側)

保険を掛けている場合 1

滅失時には有形固定資産の帳簿価額を未決算(または火災未決算)で処理しておきます。

例 22-2 P.114
当期首に建物(取得原価1,000円、減価償却累計額300円、記帳方法は間接法)が火災により焼失した。この建物には800円の保険が付されている。
(借) 建物減価償却累計額 300
(借) 未決算 700
   (貸) 建 物 1,000

「建物減価償却累計額」(資産のマイナス)が減少した➡「建物減価償却累計額」は借方(左側)
「未決算」が増加した➡「未決算」は借方(左側)
「建物」(資産)が減少した➡「建物」は貸方(右側)

保険を掛けている場合 2

後日、保険会社から連絡があって、保険金額が確定したときには、保険金額(後日受け取り)を未収入金(資産)で処理するとともに、計上している未決算を減らします。

例 22-3 P.115
例22-2 の建物について、保険会社より
① 保険金500円を支払う旨の連絡を受けた。
(借) 未収入金 500
(借) 火災損失 200
   (貸) 未決算 700

「未収入金」(資産)が増加した➡「未収入金」は借方(左側)
「火災損失」(費用)が増加した➡「火災損失」は借方(左側)
「未決算」が減少した➡「未決算」は貸方(右側)

保険を掛けている場合 3

後日、保険会社から連絡があって、保険金額が確定したときには、保険金額(後日受け取り)を未収入金(資産)で処理するとともに、計上している未決算を減らします。

例 22-3 P.115
例22-2 の建物について、保険会社より
② 保険金800円を支払う旨の連絡を受けた。
(借) 未収入金 800
   (貸) 未決算 700
   (貸) 保険差益 100

「未収入金」(資産)が増加した➡「未収入金」は借方(左側)
「未決算」が減少した➡「未決算」は貸方(右側)
「保険差益」が増加した➡「保険差益」は貸方(右側)

圧縮記帳

国庫補助金等を受け取ったとき

国庫補助金や工事負担金を受け取ったときは、国庫補助金受贈益(収益)や工事負担金受贈益(収益)で処理します。

例 23-1 P.117
TO社は、国から国庫補助金400円を受け取り、当座預金口座に入金した。
(借) 当座預金 400
   (貸) 国庫補助金受贈益 400

「当座預金」(資産)が増加した➡「当座預金」は借方(左側)
「国庫補助金受贈益」(収益)が増加した➡「国庫補助金受贈益」は貸方(右側)

有形固定資産を取得したとき

有形固定資産を取得したときは、いったん購入価額を取得原価として計上します。
そして、受け取った国庫補助金等の額だけ、有形固定資産の取得原価を直接減額するとともに、借方は固定資産圧縮損(費用)で処理します。

例 23-2 P.117
TO社は、例23-1 で受け取った国庫補助金400円に自己資金600円を加えて備品1,000円を取得し、代金は小切手を振り出して支払った。なお、備品については補助金に相当する額の圧縮記帳(直接減額方式)を行った。
(借) 備 品 1,000
   (貸) 当座預金 1,000
(借) 固定資産圧縮損 400
   (貸) 備 品 400

「備品」(資産)が増加した➡「備品」は借方(左側)
「当座預金」(資産)が減少した➡「当座預金」は貸方(右側)
「固定資産圧縮損」(費用)が増加した➡「固定資産圧縮損」は借方(左側)
「備品」(資産)が減少した➡「備品」は貸方(右側)

決算時

圧縮記帳を行った有形固定資産の減価償却費は圧縮記帳後の帳簿価額をもとに計算します。

例 23-3 P.118
TO社は、当期首に購入した 例23-2 の備品について、定額法(残存価額はゼロ、耐用年数は5年)によって減価償却を行う。なお、記帳方法は間接法である。

 ①圧縮記帳後の帳簿価額:1,000円-400円=600円
 ②減価償却費:600円÷5年=120円
(借) 減価償却費 120
   (貸) 備品減価償却累計額 120

「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「備品減価償却累計額」は貸方(右側)

まとめ

以上、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE2 テーマ5 有形固定資産②に登場する仕訳を見てきました。

建設仮勘定有形固定資産の改良と修繕有形固定資産の滅失圧縮記帳はいずれも重要な仕訳です。しっかり理解して解答できるようにしておきましょう。

仕訳の作り方

  • その勘定科目が資産・負債・収益・費用・純資産のどれにあたるのか
  • 資産・負債・収益・費用・純資産のホームポジションは、借方(左側)・貸方(右側)のどちらか➡資産費用借方(左側)負債収益純資産貸方(右側)

の2つが、仕訳を作るためには必須の知識となります。

もし仕訳の作り方を忘れたら、この2つのポイントに立ち返ってもう一度考えてみてください。

「新しい日商簿記3級」STAGE1のLesson3「仕訳の作り方」に、簿記の一番重要なポイントがよくまとめられています。2級の勉強を始められた方も、途中で何度かここに戻って「仕訳の作り方」を確認しておいてくださいね!