【新しい日商簿記2級 商業簿記 仕訳攻略4】有形固定資産① 割賦購入、買換え、除却と廃棄など

2020年4月1日に出版された『Let’s Start! 新しい日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集 2020年度版』「新しい日商簿記2級 商業簿記」)は、とにかく画期的な簿記本です。

テキストは全ページオールカラーで、ページレイアウトのセンスや色使いがvery good!

最高に美しく読みやすい簿記テキストに仕上がっています。

キャラ化した勘定科目簡単な場面設定により、とっつきにくい簿記が楽しく学べるので、これから簿記の勉強を始めてみようかな…と思っている方におすすめです。

簿記の基本は仕訳です。

「仕訳を制する者は簿記を制す!」と言われるほど重要なので、検定試験の合格を目指すなら、仕訳は何としても得意にしておきたいところ。

このページでは、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE2 テーマ4 有形固定資産①に登場する仕訳の徹底攻略法をまとめました。

有形固定資産①に登場する仕訳は以下のとおりです。

  • 有形固定資産の割賦購入
  • 減価償却
  • 有形固定資産の売却
  • 有形固定資産の買換え
  • 有形固定資産の除却と廃棄

 

この「新しい日商簿記2級 商業簿記」に登場する仕訳の中から特に重要な問題を厳選して

  1. 問題文
  2. 解答(仕訳)
  3. この仕訳になる理由

の順で掲載しました。

※仕訳問題は、滝澤 ななみ 先生の許可を得て掲載しています。「この仕訳になる理由」は、当サイトで作成したものです。

問題文の下をクリックすると窓が開いて、解答(仕訳)この仕訳になる理由が読めるようになっています。

問題文を読んで、どんな仕訳になるのか少し考えてみる➡クリックして解答(仕訳)この仕訳になる理由を見て答え合わせ……という感じで、テキストを参照しながら使ってみてください。

もし解けない問題があったり、疑問点が生じた場合は、必ず「新しい日商簿記2級 商業簿記」に戻って確認しながら進めてくださいね。

それでは、合格目指してがんばっていきましょう!

有形固定資産① 割賦購入、買換え、除却と廃棄など

有形固定資産の割賦購入の仕訳

有形固定資産の購入

取得原価=購入代価+付随費用

となります。

例 15-1 P.81
建物780円を購入し、代金は後払いとした。なお、不動産会社に対する手数料20円は現金で支払った。

取得原価:780円+20円=800円
(借) 建 物 800
   (貸) 未払金 780
   (貸) 現 金 20

「建物」(資産)が増加した➡「建物」は借方(左側)
「未払金」(負債)が増加した➡「未払金」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

有形固定資産の割賦購入(購入時に前払利息で処理する方法)

購入時

有形固定資産を割賦購入したときは、原則として、現金正価を取得原価とし、利息分は前払利息(資産)で処理します。

例 15-2 P.82
備品800円を購入し、代金は2か月ごとに210円を4回に分けて支払うこととした(前払利息で処理)。

①支払総額:210円×4回=840円
②利息分:840円-800円=40円 ←前払利息
(借) 備 品 800
(借) 前払利息 40
   (貸) 未払金 840

「備品」(資産)が増加した➡「備品」は借方(左側)
「前払利息」(資産)が増加した➡「前払利息」は借方(左側)
「未払金」(負債)が増加した➡「未払金」は貸方(右側)


代金の支払時

代金を支払ったときは、支払った分に対応する利息を前払利息(資産)から支払利息(費用)に振り替えます。

例 15-3 P.83
例15-2 の備品について、第1回目の支払日につき、210円を当座預金口座から支払った。なお、前払利息は定額法によって配分する。

支払った分の利息:40円÷4回=10円
(借) 未払金 210
   (貸) 当座預金 210
(借) 支払利息 10
   (貸) 前払利息 10

「未払金」(負債)が減少した➡「未払金」は借方(左側)
「当座預金」(資産)が減少した➡「当座預金」は貸方(右側)
「支払利息」(費用)が増加した➡「支払利息」は借方(左側)
「前払利息」(資産)が減少した➡「前払利息」は貸方(右側)


決算時

支払日と決算日が異なる場合には、最後の支払日から決算日までの利息分について、前払利息(資産)から支払利息(費用)に振り替えます。

例 15-4 P.84
決算につき、例15-2 で計上した前払利息(40円)について、前回の支払日から決算日までの1か月分を支払利息に振り替える。

40円は8か月分(4回×2か月)の利息だから
1か月分は 40円÷8か月×1か月=5円
(借) 支払利息 5
   (貸) 前払利息 5

「支払利息」(費用)が増加した➡「支払利息」は借方(左側)
「前払利息」(資産)が減少した➡「前払利息」は貸方(右側)

有形固定資産の割賦購入(購入時に支払利息で処理する方法)

購入時

有形固定資産を割賦購入したときは、原則として、現金正価を取得原価とし、利息分は支払利息(費用)で処理します。

例 15-5 P.84
備品800円を購入し、代金は2か月ごとに210円を4回に分けて支払うこととした(支払利息で処理)。

①支払総額:210円×4回=840円
②利息分:840円-800円=40円 ←支払利息
(借) 備 品 800
(借) 支払利息 40
   (貸) 未払金 840

「備品」(資産)が増加した➡「備品」は借方(左側)
「支払利息」(費用)が増加した➡「支払利息」は借方(左側)
「未払金」(負債)が増加した➡「未払金」は貸方(右側)


代金の支払時

代金を支払ったときは、支払った金額だけ未払金(負債)の減少で処理します。

例 15-6 P.85
例15-5 の備品について、第1回目の支払日につき、210円を当座預金口座から支払った。
(借) 未払金 210
   (貸) 当座預金 210

「未払金」(負債)が減少した➡「未払金」は借方(左側)
「当座預金」(資産)が減少した➡「当座預金」は貸方(右側)


決算時

購入時に利息総額を支払利息(費用)として計上しているので、決算日において、次期分の利息を支払利息(費用)から前払利息(資産)に振り替えます。

例 15-7 P.85
決算につき、例15-5 で計上した支払利息(40円)について、5か月分は次期の分なので前払利息に振り替える。

40円は8か月分(4回×2か月)の利息だから
5か月分は 40円÷8か月×5か月=25円
(借) 前払利息 25
   (貸) 支払利息 25

「前払利息」(資産)が増加した➡「前払利息」は借方(左側)
「支払利息」(費用)が減少した➡「支払利息」は貸方(右側)

減価償却の仕訳

減価償却の方法について、3級では定額法を学びました。2級では、新たに定率法生産高比例法を学習します。

減価償却の方法① 定額法

例 16-1 P.89
決算において、当期首に購入した備品(取得原価500円、耐用年数5年、残存価額は取得原価の10%)について、定額法により減価償却を行う。なお、記帳方法は直接法である。

 減価償却費:500円×0.9÷5年=90円
(借) 減価償却費 90
   (貸) 備 品 90
「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「備品」(資産)が減少した➡「備品」は貸方(右側)

減価償却の方法② 定率法

例 16-2 P.90
決算において、第1期期首に購入した備品(取得原価500円)について、定率法(償却率は0.4)により減価償却を行う。なお、記帳方法は間接法である。

 第1期の減価償却費:(500円-0円)×0.4=200円
(借) 減価償却費 200
   (貸) 備品減価償却累計額 200

第1期末の減価償却累計額:200円

「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「備品減価償却累計額」は貸方(右側)
例 16-2 P.91
決算において、第1期期首に購入した備品(取得原価500円)について、定率法(償却率は0.4)により減価償却を行う。なお、記帳方法は間接法である。

 第2期の減価償却費:(500円-200円)×0.4=120円
(借) 減価償却費 120
   (貸) 備品減価償却累計額 120

第2期末の減価償却累計額:200円+120円=320円

「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「備品減価償却累計額」は貸方(右側)
例 16-2 P.91
決算において、第1期期首に購入した備品(取得原価500円)について、定率法(償却率は0.4)により減価償却を行う。なお、記帳方法は間接法である。

 第3期の減価償却費:(500円-320円)×0.4=72円
(借) 減価償却費 72
   (貸) 備品減価償却累計額 72

第3期末の減価償却累計額:320円+72円=392円

「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「備品減価償却累計額」は貸方(右側)


償却率の計算

200%定率法の償却率の求め方は次の通りです。

  1.  定額法の償却率:1÷耐用年数
  2.  200%定率法の償却率:定額法の償却率×200%

 

例 16-3 P.92
決算において、備品(取得原価500円、備品減価償却累計額200円)について、200%定率法によって減価償却を行う。なお、耐用年数は5年で記帳方法は間接法である。

①定額法の償却率:1÷5年=0.2
②定率法の償却率:0.2×200%=0.4
③当期の減価償却費:(500円-200円)×0.4=120円
(借) 減価償却費 120
   (貸) 備品減価償却累計額 120
「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「備品減価償却累計額」は貸方(右側)

減価償却の方法③ 生産高比例法

例 16-4 P.93
決算において、車両運搬具(取得原価2,000円)について、生産高比例法によって減価償却を行う。この車両運搬具の可能総走行距離は1,000km、当期走行距離は150km、残存価額は取得原価の10%、記帳方法は間接法である。

 減価償却費:2,000円×0.9÷1,000km×150km=270円
(借) 減価償却費 270
   (貸) 車両運搬具減価償却累計額 270
「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「車両運搬具減価償却累計額」(資産のマイナス)が増加した➡「車両運搬具減価償却累計額」は貸方(右側)

有形固定資産の売却の仕訳

期中に売却したとき

例 17-1 P.96
8月31日に備品(取得原価500円、減価償却累計額200円)を280円で売却し、代金は来月末日に受け取ることにした。この備品は定率法(償却率0.4)で償却しており、間接法によって記帳している。なお、当社の決算日は年1回、3月31日である。

 ①当期分:4月1日から8月31日までの5か月分
 ②当期の減価償却費:(500円-200円)×0.4÷12か月×5か月=50円
(借) 未収入金 280
(借) 備品減価償却累計額 200
(借) 減価償却費 50
   (貸) 備 品 500
   (貸) 固定資産売却益 30
「未収入金」(資産)が増加した➡「未収入金」は借方(左側)
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が減少した➡「備品減価償却累計額」は借方(左側)
「減価償却費」(費用)が増加した➡「減価償却費」は借方(左側)
「備品」(資産)が減少した➡「備品」は貸方(右側)
「固定資産売却益」(収益)が増加した➡「固定資産売却益」は貸方(右側)

有形固定資産の買換えの仕訳

有形固定資産の買換え

例 18-1 P.98
当期首において、車両(取得原価3,000円、減価償却累計額1,800円、記帳方法は間接法)を1,500円で下取りに出し、新たに4,000円の車両を購入した。なお、差額の2,500円は翌月末日に支払うこととした。

 ①旧資産の売却
(借) 車両運搬具減価償却累計額 1,800
(借) 現 金 1,500
   (貸) 車両運搬具 3,000
   (貸) 固定資産売却益 300
「車両運搬具減価償却累計額」(資産のマイナス)が減少した➡「車両運搬具減価償却累計額」は借方(左側)
「現金」(資産)が増加した➡「現金」は借方(左側)
「車両運搬具」(資産)が減少した➡「車両運搬具」は貸方(右側)
「固定資産売却益」(収益)が増加した➡「固定資産売却益」は貸方(右側)

 

例 18-1 P.98
当期首において、車両(取得原価3,000円、減価償却累計額1,800円、記帳方法は間接法)を1,500円で下取りに出し、新たに4,000円の車両を購入した。なお、差額の2,500円は翌月末日に支払うこととした。

 ②新資産の購入
(借) 車両運搬具 4,000
   (貸) 現 金 1,500
   (貸) 未払金 2,500
「車両運搬具」(資産)が増加した➡「車両運搬具」は借方(左側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)
「未払金」(負債)が増加した➡「未払金」は貸方(右側)

 

例 18-1 P.98
当期首において、車両(取得原価3,000円、減価償却累計額1,800円、記帳方法は間接法)を1,500円で下取りに出し、新たに4,000円の車両を購入した。なお、差額の2,500円は翌月末日に支払うこととした。

 ③買換えの仕訳(①+②)
(借) 車両運搬具減価償却累計額 1,800
(借) 現 金 1,500
   (貸) 車両運搬具 3,000
   (貸) 固定資産売却益 300
    
(借) 車両運搬具 4,000
   (貸) 現 金 1,500
   (貸) 未払金 2,500
(借) 車両運搬具 4,000
(借) 車両運搬具減価償却累計額 1,800
   (貸) 車両運搬具 3,000
   (貸) 固定資産売却益 300
   (貸) 未払金 2,500
「車両運搬具」(資産)が増加した➡「車両運搬具」は借方(左側)
「車両運搬具減価償却累計額」(資産のマイナス)が減少した➡「車両運搬具減価償却累計額」は借方(左側)
「車両運搬具」(資産)が減少した➡「車両運搬具」は貸方(右側)
「固定資産売却益」(収益)が増加した➡「固定資産売却益」は貸方(右側)
「未払金」(負債)が増加した➡「未払金」は貸方(右側)

有形固定資産の除却と廃棄の仕訳

除却したとき

例 19-1 P.102
当期首において、備品(取得原価500円、減価償却累計額360円、記帳方法は間接法)を除却した。なお、除却資産の処分価額は100円と見積もられた。
(借) 備品減価償却累計額 360
(借) 貯蔵品 100
(借) 固定資産除却損 40
   (貸) 備 品 500
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が減少した➡「備品減価償却累計額」は借方(左側)
「貯蔵品」(資産)が増加した➡「貯蔵品」は借方(左側)
「固定資産除却損」(費用)が増加した➡「固定資産除却損」は借方(左側)
「備品」(資産)が減少した➡「備品」は貸方(右側)

廃棄したとき

例 19-2 P.102
当期首において、備品(取得原価500円、減価償却累計額360円、記帳方法は間接法)を廃棄した。なお、廃棄費用50円は現金で支払った。
(借) 備品減価償却累計額 360
(借) 固定資産廃棄損 190
   (貸) 備 品 500
   (貸) 現 金 50
「備品減価償却累計額」(資産のマイナス)が減少した➡「備品減価償却累計額」は借方(左側)
「固定資産廃棄損」(費用)が増加した➡「固定資産廃棄損」は借方(左側)
「備品」(資産)が減少した➡「備品」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

まとめ

以上、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE2 テーマ4 有形固定資産①に登場する仕訳を見てきました。

有形固定資産の割賦購入減価償却有形固定資産の売却有形固定資産の買換え有形固定資産の除却と廃棄はいずれも試験頻出のテーマで重要な仕訳です。しっかり理解して解答できるようにしておきましょう。

仕訳の作り方

  • その勘定科目が資産・負債・収益・費用・純資産のどれにあたるのか
  • 資産・負債・収益・費用・純資産のホームポジションは、借方(左側)・貸方(右側)のどちらか➡資産費用借方(左側)負債収益純資産貸方(右側)

の2つが、仕訳を作るためには必須の知識となります。

もし仕訳の作り方を忘れたら、この2つのポイントに立ち返ってもう一度考えてみてください。

「新しい日商簿記3級」STAGE1のLesson3「仕訳の作り方」に、簿記の一番重要なポイントがよくまとめられています。2級の勉強を始められた方も、途中で何度かここに戻って「仕訳の作り方」を確認しておいてくださいね!