【新しい日商簿記2級 商業簿記 仕訳攻略1】商品売買業、サービス業の処理

2020年4月1日に出版された『Let’s Start! 新しい日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集 2020年度版』「新しい日商簿記2級」)は、とにかく画期的な簿記本です。

テキストは全ページオールカラーで、ページレイアウトのセンスや色使いがvery good!

最高に美しく読みやすい簿記テキストに仕上がっています。

キャラ化した勘定科目簡単な場面設定により、とっつきにくい簿記が楽しく学べるので、これから簿記の勉強を始めてみようかな…と思っている方におすすめです。

簿記の基本は仕訳です。

「仕訳を制する者は簿記を制す!」と言われるほど重要なので、検定試験の合格を目指すなら、仕訳は何としても得意にしておきたいところ。

このページでは、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE1 テーマ1 商品売買業、サービス業の処理に登場する仕訳の徹底攻略法をまとめました。

商品売買業、サービス業の処理に登場する仕訳は以下のとおりです。

  • 商品売買の処理方法
  • 割戻しと割引き
  • 売上原価と期末商品の評価
  • 払出単価の決定
  • サービス業の処理

 

この「新しい日商簿記2級 商業簿記」に登場する仕訳の中から特に重要な問題を厳選して

  1. 問題文
  2. 解答(仕訳)
  3. この仕訳になる理由

の順で掲載しました。

※仕訳問題は、滝澤 ななみ 先生の許可を得て掲載しています。「この仕訳になる理由」は、当サイトで作成したものです。

問題文の下をクリックすると窓が開いて、解答(仕訳)この仕訳になる理由が読めるようになっています。

問題文を読んで、どんな仕訳になるのか少し考えてみる➡クリックして解答(仕訳)この仕訳になる理由を見て答え合わせ……という感じで、テキストを参照しながら使ってみてください。

もし解けない問題があったり、疑問点が生じた場合は、必ず「新しい日商簿記2級」に戻って確認しながら進めてくださいね。

それでは、合格目指してがんばっていきましょう!

商品売買業、サービス業の処理

商品売買の処理方法の仕訳

商品売買の処理方法には、三分法分記法売上原価対立法の3つがあります。

三分法

三分法は、仕入(費用)、売上(収益)、繰越商品(資産)の3つの勘定で処理する方法です。

例 1-1 P.19
① 商品100円を掛けで仕入れた。
(借) 仕 入 100
   (貸) 買掛金 100

「仕入」(費用)が増加した➡「仕入」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した➡「買掛金」は貸方(右側)
例 1-1 P.19
② 商品(原価90円)を120円で掛けで売り上げた。
(借) 売掛金 120
   (貸) 売 上 120

「売掛金」(資産)が増加した➡「売掛金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した➡「売上」は貸方(右側)
例 1-1 P.19
③ 決算日を迎えた。期首商品棚卸高は10円、期末商品棚卸高は20円であった。
(借) 仕 入 10
   (貸) 繰越商品 10
(借) 繰越商品 20
   (貸) 仕 入 20

期首商品の振り替えは、「仕入」の「し」、「繰越商品」の「くり」をとって、「しくり」、期末商品の振り替えは「繰越商品」の「くり」、「仕入」の「し」をとって、「くりし」。2つをつなげて「しくり、くりし」と唱えて覚えます。

「仕入」(費用)が増加した➡「仕入」は借方(左側)
「繰越商品」(資産)が減少した➡「繰越商品」は貸方(右側)
「繰越商品」(資産)が増加した➡「繰越商品」は借方(左側)
「仕入」(費用)が減少した➡「仕入」は貸方(右側)

分記法

分記法は、商品(資産)、商品売買益(収益)の2つの勘定で処理する方法です。

例 1-2 P.20
① 商品100円を掛けで仕入れた。
(借) 商 品 100
   (貸) 買掛金 100

「商品」(資産)が増加した➡「商品」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した➡「買掛金」は貸方(右側)
例 1-2 P.20
② 商品(原価90円)を120円で掛けで売り上げた。
(借) 売掛金 120
   (貸) 商 品 90
   (貸) 商品売買益 30

「売掛金」(資産)が増加した➡「売掛金」は借方(左側)
「商品」(資産)が減少した➡「商品」は貸方(右側)
「商品売買益」(収益)が増加した➡「商品売買益」は貸方(右側)
例 1-2 P.20
③ 決算日を迎えた。期首商品棚卸高は10円、期末商品棚卸高は20円であった。
(仕訳なし)

売上原価対立法

売上原価対立法は、商品を仕入れたとき、原価で商品(資産)の増加として処理します。
商品を売り上げたとき、売価で売上(収益)を計上するとともに、売り上げた商品の原価を商品(資産)から売上原価(費用)に振り替えます。

例 1-3 P.21
① 商品100円を掛けで仕入れた。
(借) 商 品 100
   (貸) 買掛金 100

「商品」(資産)が増加した➡「商品」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した➡「買掛金」は貸方(右側)
例 1-3 P.21
② 商品(原価90円)を120円で掛けで売り上げた。
(借) 売掛金 120
   (貸) 売 上 120
(借) 売上原価 90
   (貸) 商 品 90

「売掛金」(資産)が増加した➡「売掛金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した➡「売上」は貸方(右側)
「売上原価」(費用)が増加した➡「売上原価」は借方(左側)
「商品」(資産)が減少した➡「商品」は貸方(右側)
例 1-3 P.21
③ 決算日を迎えた。期首商品棚卸高は10円、期末商品棚卸高は20円であった。
(仕訳なし)

割戻しと割引きの仕訳

仕入割戻しの処理

仕入割戻しを受けたときは、仕入(費用)の減少として処理します。

例 2-1 P.24
TO社はA社より割戻しが適用され、同社に対する買掛金100円の2%の支払いが免除され、残額を現金で支払った。

①仕入割戻し:100円×2%=2円
②支払った金額:100円-2円=98円
(借) 買掛金 100
   (貸) 仕 入 2
   (貸) 現 金 98

「買掛金」(負債)が減少した➡「買掛金」は借方(左側)
「仕入」(費用)が減少した➡「仕入」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

売上割戻しの処理

売上割戻しをしたときは、売上(収益)の減少として処理します。

例 2-2 P.24
A社はTO社に割戻しを適用し、同社に対する売掛金100円の2%の支払いを免除し、残額を現金で受け取った。

①売上割戻し:100円×2%=2円
②受け取った金額:100円-2円=98円
(借) 売 上 2
(借) 現 金 98
   (貸) 売掛金 100

「売上」(収益)が減少した➡「売上」は借方(左側)
「現金」(資産)が増加した➡「現金」は借方(左側)
「売掛金」(資産)が減少した➡「売掛金」は貸方(右側)

仕入割引きの処理

仕入割引きを受けたときは、仕入割引(収益)で処理します。

例 2-3 P.25
① TO社はA社より商品100円を掛けで仕入れた。なお、10日以内に代金を支払えば代金の1%を割引くという条件がついている。
(借) 仕 入 100
   (貸) 買掛金 100

「仕入」(費用)が増加した➡「仕入」は借方(左側)
「買掛金」(負債)が増加した➡「買掛金」は貸方(右側)
例 2-3 P.25
② 取引日から7日目に買掛金を現金で支払ったため、①の割引きの適用を受けた。

①仕入割引:100円×1%=1円
②支払った金額:100円-1円=99円
(借) 買掛金 100
   (貸) 仕入割引 1
   (貸) 現 金 99

「買掛金」(負債)が減少した➡「買掛金」は借方(左側)
「仕入割引」(収益)が増加した➡「仕入割引」は貸方(右側)
「現金」(資産)が減少した➡「現金」は貸方(右側)

売上割引きの処理

売上割引きをしたときは、売上割引(費用)で処理します。

例 2-4 P.26
① A社はTO社に商品100円を掛けで売り上げた。なお、10日以内に代金を支払えば代金の1%を割引くという条件がついている。
(借) 売掛金 100
   (貸) 売 上 100

「売掛金」(資産)が増加した➡「売掛金」は借方(左側)
「売上」(収益)が増加した➡「売上」は貸方(右側)
例 2-4 P.26
② A社は取引日から7日目に売掛金を現金で回収したため、①の割引きを適用した。

①売上割引:100円×1%=1円
②受け取った金額:100円-1円=99円
(借) 売上割引 1
(借) 現 金 99
   (貸) 売掛金 100

「売上割引」(費用)が増加した➡「売上割引」は借方(左側)
「現金」(資産)が増加した➡「現金」は借方(左側)
「売掛金」(資産)が減少した➡「売掛金」は貸方(右側)

サービス業の処理の仕訳

費用の処理

サービスを提供する前に発生した費用はいったん仕掛品(資産)に振り替えます。

例 5-1 P.36
① KO社は広告業を営んでいる。顧客から広告の製作依頼があり、製作スタッフの給料500円と消耗品費100円を当該サービスにかかる費用として仕掛品勘定に振り替えた。
(借) 仕掛品 600
   (貸) 給 料 500
   (貸) 消耗品費 100

「仕掛品」(資産)が増加した➡「仕掛品」は借方(左側)
「給料」(費用)が減少した➡「給料」は貸方(右側)
「消耗品費」(費用)が減少した➡「消耗品費」は貸方(右側)

代金を前受けしたとき

サービスの提供に先立って、代金を前受けしたときは、前受金(負債)で処理します。そして、サービスの提供が完了したら、前受金(負債)から役務収益(収益)に振り替えます。

例 5-1 P.36
② サービス提供前に顧客から対価の全額2,000円を現金で受け取った。
(借) 現 金 2,000
   (貸) 前受金 2,000

「現金」(資産)が増加した➡「現金」は借方(左側)
「前受金」(負債)が増加した➡「前受金」は貸方(右側)

役務収益の計上

サービスの提供に先立って、代金を前受けしたときは、前受金(負債)で処理します。そして、サービスの提供が完了したら、前受金(負債)から役務収益(収益)に振り替えます。

例 5-1 P.36
③ 決算日を迎えた。決算日現在、サービスの70%の提供が完了している。当期の役務収益を計上する。

当期の役務収益:2,000円×70%=1,400円
(借) 前受金 1,400
   (貸) 役務収益 1,400

「前受金」(負債)が減少した➡「前受金」は借方(左側)
「役務収益」(収益)が増加した➡「役務収益」は貸方(右側)

役務原価の計上

サービスを提供する前に発生した費用はいったん仕掛品(資産)に振り替えます。そして、サービスを提供したときに、仕掛品(資産)から役務原価(費用)に振り替えます。

例 5-1 P.36
③ 決算日を迎えた。決算日現在、サービスの70%の提供が完了している。これにともなう役務原価を仕掛品勘定から振り替える。

当期の役務原価:600円×70%=420円
(借) 役務原価 420
   (貸) 仕掛品 420

「役務原価」(費用)が増加した➡「役務原価」は借方(左側)
「仕掛品」(資産)が減少した➡「仕掛品」は貸方(右側)

まとめ

以上、「新しい日商簿記2級 商業簿記」STAGE1 テーマ1 商品売買業、サービス業の処理に登場する仕訳を見てきました。

ここはいずれも試験頻出のテーマで、簿記2級の合格を目指すなら、必ず理解しておかなくてはならない項目ばかり。知識を使いこなせるようになるまで、しっかり勉強しておきましょう。

仕訳の作り方

  • その勘定科目が資産・負債・収益・費用・純資産のどれにあたるのか
  • 資産・負債・収益・費用・純資産のホームポジションは、借方(左側)・貸方(右側)のどちらか➡資産費用借方(左側)負債収益純資産貸方(右側)

の2つが、仕訳を作るためには必須の知識となります。

もし仕訳の作り方を忘れたら、この2つのポイントに立ち返ってもう一度考えてみてください。

「新しい日商簿記3級」STAGE1のLesson3「仕訳の作り方」に、簿記の一番重要なポイントがよくまとめられています。2級の勉強を始められた方も、途中で何度かここに戻って「仕訳の作り方」を確認しておいてくださいね!