日商簿記1級に合格できるおすすめの講座。 ~ 自分にぴったりの講座を選ぼう!

スポンサーリンク

日商簿記検定の1級は、簿記の試験で最も難しい試験です。2017年11月に実施された第147回日商簿記検定試験では

1級の受験者数 10,675名、実受験者数 8,286名、合格者数 487名合格率 5.9%。(受験者データ

という、全国平均の合格率が約6%、合格者数が500人に届かないという大変厳しい結果となりました。

最近の1級の全国平均合格率をグラフにしてみると次のようになります。1級の試験は回を追うごとに難しくなっていることがわかります。

▼合格率(=合格者÷実受験者数×100)のグラフ

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

ただし、147回の5.9%という数字はさすがに低すぎます。このままだと受験生の簿記離れが相当深刻なものになりそうなので、6月10日(日)に実施される第149回日商簿記1級試験は合格率が上がるのではないか…と希望を込めて予想しています。

ただ、とにかく日商簿記1級が難しい試験であることは間違いなく、純粋な意味での独学は非常に厳しい状況。受験勉強の際は予備校や専門学校の通学講座、通信講座を受講することを強くおすすめします。

このページでは、日商簿記1級合格のためのおすすめ講座をランキング形式でまとめてみました。

本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第150回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
簿記講座【資格の大原】
日商簿記検定試験 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

日商簿記1級合格のためのおすすめ講座ランキング

第1位 資格の学校TAC

おすすめ講座1位は資格の学校TACです。

資格の学校TACは簿記はもちろん、税理士や公認会計士など会計系資格に強い国内最大手の受験予備校です。TACの簿記講座は個々のニーズや学習期間に応じた豊富なコースが用意されているのが特徴で、資格試験の年間受講者数合計は何と20万人以上!実績と信頼のある学校です。
ぜひ資料請求して自分に合った講座を見つけてください。(資料請求しても勧誘の電話がかかってくるということは全くありません。)

▼TAC日商簿記講座パンフレットの請求はこちら。

受講者数の推移

TACの簿記1級講座まとめ

日商簿記1級の講座の中身を見ていきたいと思います。

資格の学校TACでは通学や通信など様々な形態の日商簿記1級講座を開講しています。ラインアップが非常に豊富です。

スタイル回数教材リンク
通学83回合テキ
合トレ
講座詳細
Web
通信
83回合テキ
合トレ
講座詳細
DVD
通信
83回合テキ
合トレ
講座詳細
資料通信83回合テキ
合トレ
講座詳細
独学道場
スタン
ダード
32回教科書
問題集
講座詳細
独学道場
ロング
ラン
32回教科書
問題集
講座詳細

ここでは、資格の学校TACで開講している1級合格本科生 全83回 (「1級のための2級復習講義」なし)を取り上げて講座の内容について見ていきます。

1級合格本科生

まずは講座を選ぶ際のポイントである、講義回数、受講料と教材について確認していきましょう。

講義回数、受講料

TAC1級合格本科生の場合、講義、答練、模試を含め全部で83回です。

1回あたりの講義時間は2時間45分なので、通学して講義を受講したり答練を受けるだけで約228時間になります。

通学の場合の受講料は169,000円なので、228時間で割ると1時間あたり約741円です。

講義を受けるときに、「この1時間で741円を使っているんだ」と意識すれば居眠りせず真剣に授業を受けられるでしょう。

通信の場合はWeb通信の受講料が¥174,000(早割キャンペーン価格)、DVD通信の受講料が¥229,200(早割キャンペーン価格)です。

DVD通信は通学の場合と同じ教材を使い、授業は教室講義を録画したDVDで見ることになります。DVD代がかかるため、受講料がその分割高になっています。

Web通信は通学の場合と同じ教材を使い、授業は教室講義の録画をインターネット上で視聴します。

Web通信は受講料が安い上に、再生速度を(0.8~2倍速)変える機能がついているため大変便利です。

Web講義は、PC、スマホ、タブレット等で視聴でき、移動中、休憩中など、学習環境に合わせてスキマ時間を有効活用できるという特長があります。

通信講座を考えている方にはWeb通信をおすすめします。

教材

次は講座で使用する教材についてです。

教材は通学、通信ともよくわかる簿記シリーズの合格テキスト、合格トレーニングを使用します。

合格テキスト、合格トレーニングは、多くの専門学校などで採用されており非常に定評があります。

普通に本屋さんでも売っているので、TACの講座に興味がある方は一度手に取ってみて内容を見ておきましょう。

【おススメ!TAC出版なら会員登録で1冊でも10%割引になります】
TAC出版でよくわかる簿記シリーズの日商簿記1級テキスト・合格トレーニングを調べる

▶Amazonでよくわかる簿記シリーズを調べる

▶楽天ブックスでよくわかる簿記シリーズを調べる

資料通信って何?

TACの通信講座には資料通信というコースがあります。

これは通学講座と同じ教材(テキスト・演習・答練)を使って学習するのですが、講義を見ることができないので、独学とほぼ等しい状態になります。初めて1級を勉強するという場合は避けた方がいいでしょう。

TACの日商簿記1級講座は王道です。まずは資料請求して講座のカリキュラムやスケジュールをのぞいてみてください。

▼TAC日商簿記講座パンフレットの請求はこちら。

第2位 TAC日商簿記1級独学道場

おすすめ講座第2位はTAC日商簿記1級独学道場です。

TACの日商簿記1級独学道場は、TAC出版の市販簿記テキスト「簿記の教科書シリーズ」を使った講座。教材と講義(Web講義)、さらに直前答練と合格に必要なものがすべて揃っていながら、とてもリーズナブルに受講することができます。

ちなみに、2015年時点でTAC出版は簿記検定対策書籍のシェアナンバーワン!驚異の58%を記録しています。大人気教材を使って合格を目指しましょう。

▼TAC日商簿記1級独学道場の詳細はこちら。

講義回数、受講料

独学道場は、TACの通信講座とは内容が異なります。必要最小限の内容でコンパクトにまとめられた講義(時間数で通信講座の3分の1程度)を受講することができます。

独学道場には、「ロングランコース」と「スタンダードコース」の2つのコースが用意されています。

日商簿記1級を取得するためには、700時間以上の学習時間が必要とされているので、次の検定試験までに自分がとれる1日の学習時間×日数で700時間確保できるかどうかでコースを選ぶようにします。

受講料は「スタンダードコース」が75,000円、「ロングランコース」が89,000円で受講期間の長い「ロングランコース」の方が割高になっていますが、TACのWeb通信の受講料174,000円と比べると非常に安くなっています。

日商簿記1級 独学道場は、Web講義のみとなりDVD版の講義はありません。

Web講義

講義は録画収録されたWeb講義を見て受講します。

Web講義は

  1. PC・スマートフォン・タブレットに対応
  2. スロー再生&高速再生もできる
  3. 少しずつ分割して視聴可能

という特長があります。

自宅ではパソコン、昼間のスキマ時間にはスマートフォンというようにライフスタイルに合わせて時間を有効活用して勉強することができます。また、Web講義は0.8倍から2.0倍まで7段階で再生スピードを調整できる機能があるので、自宅でじっくり、通勤時間はざっと聞き流して復習という使い方もできます。「しおり機能」を使えばひとつの講義を少しずつ分けて視聴することもできます。

講義では、「ここがわかれば、テキストに書いてあることが理解できる!」というポイントが解説されるので、独学で勉強するよりも内容が格段に理解しやすくなりますよ。

日商簿記1級独学道場の講義は

  • スタートアップWeb講義 日商1級 【全2回】(商会・工原各1回)
  • 簿記の教科書Web講義 日商1級 【全24回】(商会・工原各12回)
  • 問題演習Web講義 日商1級 【全2回】(商会・工原各1回)

勉強の始め方から問題演習まで全部入っています。

教材

日商簿記1級独学道場では「簿記の教科書」シリーズを使用します。

「簿記の教科書」「簿記の問題集」はTACが

このわかりやすさ、史上最強

簿記検定対策書籍で初の『フルカラーテキスト』!

これがあれば、もうわからないとは言わせません!

というキャッチコピーで売り出した比較的新しいシリーズです。大きな特徴としては、合格テキスト、合格トレーニングよりも一回り小さいサイズなので、持ち運びに便利でスキマ時間を使った勉強がしやすくなります。フルカラーなので非常に見やすいですが、文字サイズが小さめなので注意です。

簿記の教科書シリーズの5つの特徴

「なぜ?」「どうして?」を解消できる、わかりやすい説明!

カラーの図解で、覚えるべきポイントが一目瞭然!

モヤモヤしがちなポイントは、イメージしながら理解できる!

基本問題も満載で、知識の定着もばっちりOK!

覚えなくては始まらない、復習に便利な仕訳集も別冊形式で収載!

【おススメ!TAC出版なら会員登録で1冊でも10%割引になります】
TAC出版で簿記の教科書シリーズの日商簿記1級教科書・問題集を調べる

Amazonで簿記の教科書シリーズを調べる

日商簿記1級独学道場の教材は

  • 簿記の教科書 日商1級 【全6冊】(商会・工原各3冊)
  • 簿記の問題集 日商1級 【全6冊】(商会・工原各3冊)
  • 第○○回TAC直前予想 日商簿記1級 【全1冊】
  • 無敵の簿記1級 第○○回直前総まとめ 【全1冊】
  • 第○○回日商対策 的中答練1級 【全4回】 (商会・工原各2回)
  • 第○○回簿記検定試験対策 1級全国公開模試 【全1回】

という充実のラインナップ。TACの的中答練や全国公開模試については会場で受験することもできます。基本独学ですが、答練と模試に関してはTACの教室まで出かけて受験することで試験本番のシミュレーションすることができます。

改訂が予定されている書籍がある場合、独学道場では、まず現行版で学習を進め、改訂版が刊行されると改めて書籍が送られてきます。このサービスは素晴らしいですね。教材についての不安がなくなり、安心して学習に集中できると思います。

独学道場では、勉強を進めていくうえでわからないところが出てきた場合、「質問カード」や「質問掲示板」(専用サイト)で質問できるようになっています。特に「質問掲示板」は、自分以外の質問とその回答も見ることができるため、「私もここがわからなかったんだけど、みんなもそうだったんだ」という疑問点の共有ができたり新たな発見があるのがいいですね。また週1回ほどのペースで、講師による電話質問会の時間も設けられていてサポート体制が充実しています。

事情により通学講座に通うのは厳しいという方は、日商簿記1級独学道場をぜひ検討してみてください。

▼TAC日商簿記1級独学道場の詳細はこちら。

第3位 資格の大原

TACと並び合格実績抜群の予備校です。通信講座でも受講できますが、お近くに大原の校舎がある場合は通学講座を受講するとより効果的に学習を進められるでしょう。

資格の大原では通学や通信、資料通信など様々な形態の日商簿記講座を開講していますがフォローが手厚いのが一番の特徴です。

▼資格の大原 簿記講座の資料請求はこちら。

資格の大原の簿記講座まとめ

スタイル回数教材受講料リンク
フル
通学
65回大原
オリジナル
¥ 195,500簿記講座
資格の大原
フル
Web
通信
65回大原
オリジナル
¥ 162,000簿記講座
資格の大原
フル
DVD
通信
65回大原
オリジナル
¥ 200,500簿記講座
資格の大原
資料
通信
大原
オリジナル
¥ 96,100簿記講座
資格の大原
上級
フル
通学
31回大原
オリジナル
¥ 73,400簿記講座
資格の大原
上級フ
ルWeb
通信
31回大原
オリジナル
¥ 67,000簿記講座
資格の大原

ここでは、資格の大原で開講している1級フルセット 全65回 を取り上げます。

1級フルセット

講座を選ぶ際のポイントである、講義回数受講料教材について確認していきましょう。

講義回数、受講料

1級フルセットの場合、講義、答練、模試を含め全部で65回です。

1回あたりの講義時間は3時間なので、通学して講義を受講したり答練を受けるだけで約195時間になります。

通学の場合の受講料は¥195,500なので、195時間で割ると1時間あたり約1,003円です。

講義を受けるときに、「この1時間で1,003円を使っているんだ」と意識すれば、より真剣に授業を受けられるかもしれません。

通信の場合はWeb通信の受講料が¥162,000、DVD通信の受講料が¥200,500です。

DVD通信は通学の場合と同じ教材を使い、授業は教室講義を録画したDVDで見ることになります。DVD代がかかるため、受講料がその分割高になっています。

Web通信は通学の場合と同じ教材を使い、授業は教室講義の録画をインターネット上で視聴します。

Web通信は、再生速度を最大で2倍速まで速度を上げて講義が視聴できます。そのため、どんどん学習を進めたいとき、復習として講義を見直したいときなどに、短時間で学習ができるので、学習の効率化に役立ちます。(スマートフォン・タブレット端末では再生速度は変えられません。)

また、24時間学習したいときにいつでもインターネットに接続して学習することができ、しかもスマートフォンやタブレット端末でも講義が視聴できます。

なかなか便利そうなのは講義視聴画面からワンクリックで質問メール画面を表示できる機能。これなら疑問点がすぐに解消できますね。

DVD通信は受講料が割高なので、通信講座を考えている方にはWeb通信をおすすめします。

安心の受講サポートシステム

資格の大原で講座を受講するとこのようなサポートが受けられます。

  1. 質問対応
    専任講師が受講生の質問をいつでも受けられる体制が整えられています。
  2. 自習室・教室開放
    一部の空いている教室を自習室として開放しています。
    これにより、講義のあとすぐに復習できるし、自宅でなかなか集中できないという場合にGood!
  3. 教室聴講制度
    申し込んだコースと同じ通学講座を開講している大原グループ各校の授業に一定回数無料で参加できます。
  4. 添削指導
    担当講師が丁寧に添削してくれます。

質問などのサポート制度を重視する方には資格の大原がおすすめですね。

教材

次は講座で使用する教材についてです。

教材は通学、通信とも資格の大原オリジナルのテキスト・問題集を使用します。

TACの市販教材とは異なり、地味な装丁で独学で使うには厳しい内容かもしれませんが、大原の出すテキストなので内容の正確性・信頼性はバッチリです。

資料通信って何?

大原の通信講座には資料通信というのがあります。

これは通学講座と同じ教材(テキスト・演習・答練)を使って学習するので、書店で売られている市販の参考書、問題集では不安だ・・・という方におすすめです。

ただ、講義を見ることができないので独学とほぼ等しい状態になります。初めて1級を勉強するという場合は避けた方がいいと思います。

資格の大原は伝統と実績のある素晴らしい学校です。通勤途中に校舎があるという場合などに通学講座を選んで受講するのがおすすめです。まずは資料請求してカリキュラム等を確認してみてください。

▼資格の大原 簿記講座の資料請求はこちら。

第4位 LEC

▼日商簿記合格を目指す方におすすめのLEC日商簿記講座の詳細はこちら

第5位 クレアール

▼日商簿記合格を目指す方におすすめのクレアール日商簿記講座の詳細はこちら

まとめ

講座の受講料は決して安くありません。

どの講座であれば最後まで勉強を継続し、合格することができるかというシビアな目で講座内容を隅々まで比較検討して、納得のいく講座選びをするようにしましょう。