日商簿記おすすめの勉強法

スポンサーリンク

日商簿記検定に効率よく合格するためのおすすめの勉強法をまとめました。

スポンサーリンク

日商簿記3級おすすめの勉強法

日商簿記3級とはどのような資格か確認しておきます。

企業で働く者に必須の簿記の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類を読むことができ、青色申告などの書類作成もある程度できる。
経理・財務担当以外でも必要な知識として評価する企業が多い。

出典:簿記 商工会議所の検定試験

損益計算書や貸借対照表といった財務諸表を読む力は経理に直接携わる経理・財務担当以外のサラリーマンにも必要とされています。日商簿記3級を学ぶことによって、財務諸表を理解するために必須の簿記の基礎知識が身につきます。また簿記2級へステップアップするにもまずは3級を理解しておくことが重要です。資格を取得することによって学生や社会人が進学・就職・転職に役立てることができます。

日商簿記3級の勉強のスタイルは大きく分けて、予備校等の学校に通ったり通信講座を受講するスタイルと、市販されている教材を使って自分でスケジュールを立てて勉強する独学のスタイルの2つがあります。これらのスタイルの長所・短所を理解し、自分に合った勉強法はどちらか考えていきましょう。

日商簿記3級おすすめの勉強法〔独学編〕

日商簿記3・2級おすすめの勉強法〔通信・通学編〕

日商簿記2級おすすめの勉強法

日商簿記2級とはどのような資格か確認しておきます。

企業の財務担当者として必要な高校(商業高校)程度の商業簿記、工業簿記の知識が身につき、株式会社の経営管理に役立つ。
財務諸表を読むことができ、自社や取引先の経営内容を数字から把握できる。

出典:簿記 商工会議所の検定試験

3級では、個人商店を前提とした取引の会計処理方法を学びます。これに対して2級では会社(株式会社)の取引でよく登場する取引の会計処理方法を学びます。このように3級と2級では、学ぶ対象が個人商店の取引か、会社の取引かで異なります。また、3級までは商業簿記を学びましたが2級ではこれに加えて工業簿記も学習します。工業簿記を学ぶことによって製造業の会計処理の知識や株式会社の経営管理の知識を身につけることができます。また簿記1級へステップアップするにはこの2級で学ぶ内容をしっかり理解しておくことが大切です。2級を取得すれば学生や社会人が進学・就職・転職により役立てることができます。

日商簿記2級の勉強スタイルは大きく分けて、予備校等の学校に通ったり通信講座を受講するスタイルと、市販されている教材を使って自分でスケジュールを立 てて勉強する独学のスタイルの2つがあります。これらのスタイルの長所・短所を理解し、自分に合った勉強法はどちらか考えていきましょう。

日商簿記2級おすすめの勉強法

日商簿記2級独学の場合の注意点

日商簿記3・2級おすすめの勉強法〔通信・通学編〕

日商簿記1級おすすめの勉強法

日商簿記1級についてはこちら

日商簿記1級おすすめの勉強法