学習スケジュール/日商簿記3級合格!

スポンサーリンク

日商簿記3級に合格する学習スケジュール

本試験問題・解答速報冊子の無料送付はこちら
TAC 第147回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
LEC 第147回 日商簿記解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

スケジュールの立て方

マラソン大会に出場するとか、海外旅行に行くといった場合、それに備えて計画を立てるのと同じように、簿記検定の受験を決めたらその日に備えて学習スケジュールを立てましょう!

いきなり1カ月のスケジュールを組んではダメ

よし学習スケジュールを立てるぞといっていきなり1カ月とか、3カ月といった試験日までの比較的長期間のスケジュールを組むのはおすすめしません。

まだ、勉強の要領がつかめていないうちに立てた計画には無理がある場合が多く、思うように進まないとやる気までなくなってしまう危険があるからです。

とりあえず1回勉強してみよう

そこで、まずは何も計画を立てずにとりあえず1回(1日)勉強してみるといいでしょう。

勉強のペースは個人差が大きいので、本を読んだり練習問題を解いてみたり、とりあえず1回勉強してみることで、自分のペースがどのくらいなのかを把握します。

その上で、次は3日分、1週間分、1カ月分というように少しずつ長い期間の計画を立てるようにしていけば、自分にあった無理のないスケジュールを組むことができます。

勉強記録は必ずつけよう

自分に最適な学習スケジュールを見つけるため、勉強記録は必ずつけるようにしましょう。

たとえば、使っている教材に、日付とその日勉強したページ数をメモします。5日分勉強が進んだら、5日分のページ数を全部合計してから5で割れば、1日の平均が出せます。それがわかれば、その教材を終わらせるのに大体何日かかるか見当がつくことになります。

この勉強記録をもとに、1週間、1カ月間と少しずつ長い期間の計画を立てていくようにすれば、自分に最適な無理のない学習スケジュールを組むことができるようになります。