支払家賃は毎月同額を11月分まで支払っているという場合の見越しの処理について教えてください。

スポンサーリンク

支払家賃は毎月同額を11月分まで支払っている。

本試験問題・解答速報冊子の無料送付はこちら
TAC 第147回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
LEC 第147回 日商簿記解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

状況を整理する

→1月分を2月に、2月分を3月に、3月分を4月に、
4月分を5月に、5月分を6月に、6月分を7月に、
7月分を8月に、8月分を9月に、9月分を10月に、
10月分を11月に、11月分を12月に
支払っているような状況です。

考え方

そうすると、実際に支払ったのは11ヵ月分ですが、
まだ支払っていない12月の家賃(費用)も発生している(家を使っているので)と考え、
その分については、

(借)支払家賃 1カ月
/(貸)未払家賃 1カ月

という仕訳を行って、支払家賃(費用)が1年分きちんと計上されるようにします。
(11+1=12カ月分)

実際の解き方

ここで残高試算表に載っている金額は11カ月分なので、
残高試算表の金額÷11=1カ月分の家賃
と求め、

(借)支払家賃 1カ月分
/(貸)未払家賃 1カ月分

という仕訳になります。