クラウド会計ソフト freee(フリー)とMFクラウド確定申告を徹底比較してみたよ!

スポンサーリンク

クラウド会計ソフトは、経理業務や確定申告の必須ツール。
今回は、2大クラウド会計ソフト「freee(フリー)」と「MFクラウド確定申告」を徹底比較してみました。

いきなりですが結論。ソフトの画面や入力方法からみた場合

簿記の知識がなくても使える会計ソフトがいい➡会計freee(フリー)
簿記の学習経験があり仕訳を入力したい➡MFクラウド確定申告

となります。

このページでは、入力画面、入力方法、使い勝手の違いやプラン・利用料金などについて、ちょっと詳しく比較していこうと思います。

freeeとMFクラウド

本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第149回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
簿記講座【資格の大原】
日商簿記検定試験 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

入力画面、入力方法、使い勝手の違い

会計ソフトは毎日のように触れるものなので、入力方法が自分に合っているものを選ぶことが大切です。

まずは「会計freee(フリー)」と「MFクラウド確定申告」の入力方法の違いを確認しておきます。

会計freee(フリー)の入力画面

会計ソフト freee (フリー) でメインとなる入力画面は次のようなものです。

まず「収入」か「支出」、次に「未決済」か「完了」を選び

取引日」➡「勘定科目」➡「金額」と順に入力を進めていくと取引データを入力することができます。

完了」は、「決済済み」のことで、対価の支払い・回収が完了している場合、「未決済」は対価の支払い・回収が完了していない場合を指します。

未決済」で取引を登録することで、売掛金買掛金が自動で計上されます(仕訳されます)。

売掛金は後で受け取るケース、買掛金は後払いのケースですが、通常は

  1. 取引の発生日に未決済の取引を登録
  2. 後で決済情報を登録する(消し込む)

という順序で処理します。

freee入力画面01

「未決済」を選ぶと、口座と表示されていた部分が「期日」に変わります。

freee入力画面02

また、勘定科目は「飲食費」「営業関連の支払い」「物品の購入等」「設備関連の支払い」…といったグループから選べるようになっています。

会計freee(フリー)は、このように専門用語が全く分からなくても、項目を選択していくだけで、いつの間にか仕訳が入力できているという、まさに「簿記の知識がなくても使える会計ソフト」になっています。

freee入力画面 勘定科目

MFクラウド確定申告の入力画面

MFクラウド確定申告には、何通りかの入力方法が用意されていますが、例えば「手動で仕訳」➡「振替伝票入力」と進むと次のような画面になります。

MFクラウド入力画面01

「日付」「借方勘定科目」「金額」「貸方勘定科目」「金額」…と進み、仕訳を入力していきます。仕訳の入力がメインとなるため、日商簿記3級程度の簿記の学習経験がある方向けと言えるでしょう。

まとめ

…というわけで、ソフトの画面や入力方法からみた場合

簿記の知識がなくても使える会計ソフトがいい➡会計freee(フリー)
簿記の学習経験があり仕訳を入力したい➡MFクラウド確定申告

となります。試しにソフトを触ってみて、自分に合いそうな会計ソフトを選ぶといいでしょう。

プラン・利用料金

「会計freee(フリー)」と「MFクラウド確定申告」のプラン・利用料金を比較してみます。

会計freee(フリー)のプラン・利用料金

会計freee(フリー)のフリーランス・個人事業主向けのプランには、スターター、スタンダード、プレミアムの3つがありますが、機能制限と基本料金のバランスから、スタンダードプランを選ぶのが無難でおすすめです。

スタンダードプランなら、確定申告はもちろん消費税申告にも対応しており、業務の効率化を図ると同時に経営状況もバッチリ把握できます。(【個人】会計freeeのプランについて

他の会計ソフトと比較して、会計freee(フリー)で行くと決めたなら、基本料金がお得になる年額払いを選択するといいでしょう。

  スターター スタンダード プレミアム

基本
料金
(税抜)

月額払い
980円

月額払い
1,980円

 

年額払い
9,800円

年額払い
19,800円

年額払い
39,800円

MFクラウド確定申告のプラン・利用料金

MFクラウド確定申告は、フリーランス・個人事業主向けのクラウド会計ソフトです。プランには、フリープラン、ベーシックプラン、あんしん電話サポート付き ベーシックプランの3つがあります。フリープランでは「毎月仕訳15件まで」という制限があり使いにくいため、ベーシックプランまたはあんしん電話サポート付き ベーシックプランがおすすめです。(MFクラウド確定申告の料金・プラン

他の会計ソフトと比較して、MFクラウド確定申告で行くと決めたなら、基本料金がお得になる年額払いを選択するといいでしょう。

  フリー ベーシック 電話サポートつき
ベーシック

基本
料金
(税抜)

無料

月額払い
800円

 

無料

年額払い
8,800円

年額払い
17,200円

まとめ

プラン・利用料金からみた場合

やっぱり簿記の知識がなくても使える会計ソフトがいい➡会計freee(フリー)
簿記の学習経験があり少しでも利用料金を安くしたい➡MFクラウド確定申告

となります。

▼簿記の知識がなくても使える会計ソフト「会計freee(フリー)」

▼簿記の学習経験があり仕訳を入力したい方向け「MFクラウド会計・確定申告」