Q&A日商1級

簿記

自己株式と自己新株予約権の考え方と処理

Q.なぜ自分で発行したにもかかわらず取得時に時価で計上するのでしょうか? また、新株予約権の処理は資本取引・損益取引のどちらに該当するのか? についてもお願いします。①自己株式の取引を資本取引、自己新株予約権の取引を損益取引とすることについ...
簿記

資本剰余金の利益剰余金への振り替え

Q.資本剰余金の利益剰余金への振り替えは認められていないという文章は、結局欠損填補についてのことと考えました。そうすると資本剰余金だけでなく資本金と資本剰余金を利益剰余金に振り替えることを原則的に禁止し、例外的に欠損填補の場合に限って、資本...
簿記

連結基礎概念について

Q.①「(全面時価評価法と部分時価評価法(持分プーリング法)は)資産・負債と収益・費用に関して、企業集団における全額を表示する点で共通している」とは、どういうことなのでしょうか? 全面時価評価法では、連結上必要な5要素を財務諸表に記載し、利...