雑損

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「雑損」とは

「雑損」は、現金不足の原因が決算時においても判明しなかった場合に振り替えられる費用です。「雑損失」を使う場合もあります。費用なので、借方に記入します。

現金不足の場合

期中に現金の実際有高を調べたところ¥10,000で、帳簿残高¥11,000より¥1,000少なかった。

(借方) 
    (貸方) 現 金 1,000

貸方現金と仕訳をすることによって、「現金」の帳簿残高を¥1,000減らし、実際の金額¥10,000に修正します。
            

(借方) 現金過不足 1,000
    (貸方) 現 金 1,000

空いている借方に「現金過不足」を記入します。

決算時の処理

「現金過不足」の原因が決算においても判明しない場合、「雑損」または「雑益」で処理し、「現金過不足」の残高をゼロとします。

決算にあたり、現金不足額¥1,000の原因がわからないので、「雑損」勘定に振り替えた。 

(借方) 雑 損 1,000
    (貸方) 現金過不足 1,000

ポイント 決算において「現金過不足」勘定は残高0とする。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web