有価証券評価損

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「有価証券評価損」とは

「有価証券評価損」は、決算において保有している「売買目的有価証券」の時価が取得原価(買った時の金額)を下回って価値が下がっている場合に計上される費用の勘定科目です。この場合には、借方に記入します。

当期に購入した取得原価¥5,000の売買目的有価証券の決算時の時価は¥4,000であったので、評価替えを行う。

(借方) 有価証券評価損 1,000
  (貸方) 売買目的有価証券 1,000

この仕訳を行うことによって、売買目的有価証券の帳簿価額は

¥5,000-¥1,000=¥4,000

と時価に修正されます。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web