売掛金

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「売掛金」とは

「売掛金」は、商品を掛けで売り上げたときに生じる「あとでお金を受け取ることができる権利」(債権)なので資産です。増加したら借方、減少したら貸方に記入します。

「売掛金」が使われる場面は、営業取引の場面に限られます。営業外取引の場面では、「未収金」を使います。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web