受取手形

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「受取手形」とは

「受取手形」は手形債権(手形に基づいて金銭が請求できる権利)を表す資産の勘定なので、増加したら借方、減少したら貸方に記入します。

手形には、約束手形と為替手形の2種類がありますが、いずれも簿記の問題では、手形を持っている人が手形に基づいて金銭が請求できる権利があると考え、「受取手形」で処理して大丈夫です。

例外は、「過去に自分が振り出した約束手形を受け取った」という場合、「受取手形」ではなく、「支払手形」を借方に記入します。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web