当座預金

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「当座預金」とは

「当座預金」は資産なので、増加したら借方、減少したら貸方に記入します。

「当座預金」を引き出す際には、小切手を用います。

つまり、「小切手を振り出すこと」=「当座預金を引き出すこと」と考え、小切手を振り出して取引先に渡した場合は、いずれ「当座預金」が減少するのは確実なので、「当座預金」の貸方に記入します。

  1. 他人振出の小切手は現金として扱う
  2. 自分が小切手を振り出したときは、当座預金を減らす

この2点をしっかり区別できるようにしておきましょう。
例題です。

  1. ……¥1,000分の小切手を振り出して取引先に渡した。
  2. ……¥1,000分の他人振出の小切手を受け取った。

1.の場合、

(借方) ○○○ ×××
    (貸方) 当座預金 1,000

が解答の仕訳となるのに対して、

2.の場合は

(借方) 現 金 1,000
    (貸方) ○○○ ×××

となります。

処理の仕方が異なる理由

どちらも同じ小切手なのに勘定科目が違っているのはどうしてか、疑問に思ったことはありませんか?

その理由を自分なりに理解して、知識が定着するようにしてみましょう。

まず1.の¥1,000分の小切手を振り出して取引先に渡した。

ですが、小切手を振り出して取引先に渡すと、その取引先はすぐにでも小切手を銀行に持って行って現金化することができるため、実際に取引先が小切手を銀行に持ち込む前であっても、あらかじめ当座預金を減らしておこうという処理です。

これに対して、2.の場合は、他人が振り出した小切手を受け取っています。この場合は小切手はいつでも現金化できるということで簿記では現金として扱います。

また、2.と1.との違いを考えてみると、1.は当座預金が減らされることが確実なのに対して、2.では、小切手を銀行に預けて当座預金とするかどうかわかりません。

ですから2.の場合はとりあえず自分の当座預金口座に関係しないという前提で処理を行うことになります。

というわけで、1.の自分が振り出した小切手の場合は、自分の当座預金口座に直接関係するのに対して、2.の他人振出しの小切手の場合は自分の当座預金に関係するかわからないという違いがあるいことから処理の仕方が異なっているのですね。

ちなみに、2.で他人振出しの小切手を受け取ってそれをすぐさま当座預金に預け入れたという場合には、借方当座預金と仕訳をして当座預金残高を増やす処理を行います。

当座預金は頻出項目なので、上に書いたような内容をイメージしておくとよいでしょう。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web