立替金

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「立替金」とは

他人が負担するべき費用を代わりに支払った場合、そのお金はあとで返してもらえます。この、あとでお金を受け取ることができる権利(債権)を「立替金」といいます。「立替金」は資産なので、増加したら借方、減少したら貸方に記入します。

お店の従業員に対して立て替えていた場合、従業員の給料を支払う際に、立て替えた分を引き残額を支払います。従業員に対する立替金は、「従業員立替金」勘定を使う場合があります。

従業員に対して立て替えていた場合

従業員の家庭用冷蔵庫購入代金¥400を立て替えて、現金で支払った。

(借方) 従業員立替金 400
    (貸方) 現 金 400

今月分の従業員の給料¥1,000から、従業員に対する立替金¥400を差し引いて、残額を現金で支払った。

(借方) 給 料 1,000
    (貸方) 従業員立替金 400
    (貸方) 現 金 600

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web