消耗品費

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「消耗品費」とは

「消耗品費」は、コピー用紙、帳簿やノート、ボールペン・鉛筆や石けん、蛍光灯などにかかった費用を処理する勘定科目です。費用なので、借方に記入します。

期中、買ったときに「消耗品費」として処理する場合と、「消耗品」として処理する場合の2つの処理方法があります。

期中、買ったときに「消耗品費」として処理する場合

ボールペン10本¥1,000を現金で購入した。

(借方) 消耗品費 1,000
    (貸方) 現金 1,000

決算にあたり、ボールペンの未使用分2本¥200分を次期に繰り延べた。

(借方) 消耗品 200
    (貸方) 消耗品費 200

この結果、当期の消耗品費(費用)の金額は、使った分の

¥800(=¥1,000-¥200)となります。

期中、買ったときに「消耗品」として処理する場合

ボールペン10本¥1,000を現金で購入した。

(借方) 消耗品 1,000
    (貸方) 現金 1,000

決算にあたり、ボールペンの未使用分2本¥200分であることが判明したため、使用分の¥800(¥1,000-¥200)を消耗品費勘定に振り替えた。

(借方) 消耗品費 800
    (貸方) 消耗品 800

この結果、当期の消耗品費(費用)の金額は、使った分の
¥800(=¥1,000-¥200)となり、次期に繰り延べられる消耗品の金額は¥200となります。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web