仕入

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「仕入」とは

「仕入」は、売るための商品を買ってくることをいい、費用の勘定科目です。仕入れたときは借方、返品や値引きをする場合は貸方に記入します。

仕入諸掛の処理

商品を仕入れるときにかかる引取運賃や保険料などの費用を仕入諸掛といいます。仕入諸掛は商品の仕入原価に含めるため、「仕入」の借方に記入します。

仕入先から商品¥1,000を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。なお、引取運賃¥100は現金で支払った。

(借方) 仕 入 1,100
    (貸方) 当座預金 1,000
    (貸方) 現 金 100

売上原価の算定について

売上原価とは売り上げた商品の原価のことです。

「商品¥1,000を仕入れ代金は現金で支払った」という場合、仕入という費用が発生し、費用のホームポジションは借方なので、

(借方) 仕 入 1,000
    (貸方) 現 金 1,000

 
という仕訳になります。

この仕入¥1,000 を売上原価といいます。

もし商品が売れたら、その商品を買うときにかかったお金は役に立ったことになります。役に立ったということは、売上原価という費用になるということです。

当期仕入れた商品が全て売れた場合

まず商品が全て売れた場合を考えます。

この場合、商品が売れた分全部が売上原価になります。

当期仕入れた商品は決算整理前残高試算表の「仕入」の金額です。「仕入」の金額が全部売上原価になるため、特に仕訳をしなくてよいということになります。

売れ残った商品(期末商品)がある場合

売上原価は売れた商品の原価のことです。

期末商品は売れていないので、売上原価から除かなくてはなりません。それと同時に、仕入から繰越商品に振り替えます。

(借方) 繰越商品 200 ―A
    (貸方) 仕 入 200 ―B

期首商品がある場合

前期末から繰り越されてきた商品(期首商品)は当期に売れるので、当期の費用(売上原価)になります。

そこで、繰越商品(資産)から仕入(費用)に振り替える仕訳として

(借方) 仕 入 100 ―C
    (貸方) 繰越商品 100 ―D

 
を行います。

売上原価の算定まとめ

仕訳C、D、A、Bを並べると

(借方) 仕 入 100
    (貸方) 繰越商品 100
(借方) 繰越商品 200
    (貸方) 仕 入 200

 
となり、これが売上原価算定のための決算整理仕訳となります。

意味の理解は後からでいいので、「しーくりくりし」と何回か唱えて仕訳のカタチを覚えてしまうとよいでしょう。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web