固定資産売却損

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「固定資産売却損」とは

「固定資産売却損」は、建物や車両といった固定資産を売却し、売却代金が帳簿価額を下回った場合に計上される費用の勘定科目です。この場合には、借方に記入します。

取得原価¥2,000 、売却時点の減価償却累計額¥1,000の備品を期首に¥700で売却し現金を受け取った。

(借方) 備品減価償却累計額 1,000
(借方) 現 金 700
(借方)      300
  (貸方) 備品 2,000

備品の取得原価¥2,000から減価償却累計額¥1,000を引いた¥1000を帳簿価額といいます。この¥1,000が今の備品の価値を表していると考えると、¥1,000のものを¥700で売ったことになります。

そうすると、差額¥300が借方に発生しますが、この¥300分、備品を売って損をしていることになるので、固定資産売却損¥300を借方に記入します。

(借方) 備品減価償却累計額 1,000
(借方) 現 金 700
(借方) 固定資産売却損 300
  (貸方) 備品 2,000

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web