貸倒引当金

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「貸倒引当金」とは

売掛金や受取手形が将来貸し倒れる可能性を見積もって計上した、「売掛金や受取手形のマイナス」を表す勘定科目です。

正確には、「資産のマイナス」ですが、負債と同様に「貸倒引当金」が増加したら貸方、減少したら借方に記入すると覚えれば大丈夫です。

貸借対照表に記入する際は、貸倒引当金を「売掛金・受取手形の下」に記入します。「売掛金+受取手形-貸倒引当金」の金額が、次期に回収できると予想される金額を表します。

勘定科目パーフェクトリスト / 簿記検定Web