2017年合格目標 TAC宅建士試験講座でお得な早期学習応援キャンペーン実施中です。

スポンサーリンク

2017年の宅地建物取引士試験合格を目指すなら今がチャンスです!
TAC宅地建物取引士講座では、「総合本科生SPlus」(初学者対象)・「総合本科生S」(初学者対象)または「実力完成本科生」(学習経験者・受験経験者対象)の早期学習応援キャンペーンを開催中。
10月17日(月)から12月25日(日)の期間中、大幅割引価格で申込むことができます。

▼キャンペーン詳細はこちら。
宅地建物取引士 早期学習応援キャンペーン

宅地建物取引士 早期学習応援キャンペーン

本試験問題・解答速報冊子の無料送付はこちら
TAC 第147回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
LEC 第147回 日商簿記解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

総合本科生S

総合本科生Sは、全くの初学者でも無理なく確実に合格が狙えるコース。

おおよそ週2回の講義ペースで6か月から9か月の期間、学習をすることができます。

講義回数は全52回。

毎回の講義で基礎を理解し復習することによって、初学者でも知識をしっかり身に付けられるカリキュラムなので、法律の学習が初めてでも大丈夫です。

週2回の講義を受講しながらコツコツと勉強を積み重ねて合格を目指します。

最近難易度が上昇し競争が激しくなっている宅建士試験では早めのスタートが大切です。

勉強態勢を整えるため、今のうちに申込みをすませておきましょう。

総合本科生S

▶ 総合本科生Sコースの詳細はこちら。

総合本科生SPlus

総合本科生SPlus(エスプラス)は、全くの初学者でも無理なく確実に合格が狙える総合本科生Sコースに「過去問答練」がプラスされたクラス。

講義回数は「過去問答練」13回分(325問)が増えて全65回となっています。

インプットは入門講義からスタートし、アウトプットは325問の過去問対策を含め多くの問題演習機会が設けられています。

毎回の講義でその都度自分の実力を確認し、弱点を克服しながら勉強を進めていくことができる「初学者にとって安心・万全の試験対策コース」です。

総合本科生Sプラス

▶ 総合本科生SPlusエスプラス

実力完成本科生

実力完成本科生は過去問演習を多くこなしたい学習経験者向けコースです。

カリキュラム内で500問以上も問題演習を行い合格できる真の実力をつけていきます。

講義ではトレーニング(過去問題集)で問題を解き、問題文で誤っている記述の選択肢には理由を書き出していきます。はっきりと理由が書けなかった部分があれば、まさにそこが弱点。

発見した弱点を、周辺知識も含めたポイント講義で重要な基本知識を体系的にまとめることによって克服していきます。

実力完成本科生

実力完成本科生の詳細はこちら

宅建登録実務講習

▼宅建登録実務講習の詳細はこちら。

宅建登録実務講習 2016年11月末から申込み開始予定。