第150回 日商簿記3級 第1問 3 【現金過不足】

第150回日商簿記3級第1問3は現金過不足の処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

現金の帳簿残高が実際有高より¥1,000少なかったので現金過不足として処理していたが、決算日において、受取手数料¥1,500と旅費交通費¥700の記入漏れが判明した。残額は原因が不明であったので、雑益または雑損として処理する。
 

解説

現金の帳簿残高が実際有高より¥1,000少なかったので現金過不足として処理していたが、決算日において、…

決算日では現金過不足勘定の残高をゼロにします。現金過不足勘定は貸方残高¥1,000 なので、残高をゼロにするには借方に仕訳します。

現金過不足貸方残高➡ゼロにする

現金過不足=借方

(借) 現金過不足 1,000
  (貸)

…受取手数料¥1,500と旅費交通費¥700の記入漏れが判明した。…

旅費交通費➡費用

費用の計上=借方

(借) 旅費交通費 700
  (貸)

受取手数料➡収益

収益の計上=貸方

(借) 
  (貸) 受取手数料 1,500

残額は原因が不明であったので、雑益または雑損として処理する。

以上の仕訳をいったんまとめると次のようになります。すると、貸方が¥200 不足して貸借が合いません。

(借) 旅費交通費 700
(借) 現金過不足 1,000
  (貸) 受取手数料 1,500
  (貸) 差 額 200

この貸借が合わない差額(貸方が¥200不足)の原因は不明なので、雑益または雑損とします。

差額が借方雑損(費用)

差額が貸方雑益(収益)

なので、本問では差額=雑益となります。

解答

(借) 旅費交通費 700
(借) 現金過不足 1,000
  (貸) 受取手数料 1,500
  (貸) 雑 益 200