第150回 日商簿記2級 第1問 5 【剰余金・準備金】

第150回日商簿記2級第1問5は資本準備金、利益準備金から繰越利益剰余金への振替えの処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

繰越利益剰余金が¥200,000の借方残高になっていたため、株主総会の決議によって、資本準備金¥300,000と、利益準備金¥250,000を取り崩すこととした。利益準備金の取崩額は、繰越利益剰余金とした。
 

解説

…資本準備金¥300,000と、利益準備金¥250,000を取り崩すこととした。

準備金(資本準備金、利益準備金)➡純資産

準備金の取り崩し➡純資産の減少=借方

(借) 資本準備金 300,000
(借) 利益準備金 250,000
   (貸) 

資本準備金を減らした分、その他資本剰余金を増やし、利益準備金を減らした分、繰越利益剰余金を増やします。

剰余金(その他資本剰余金、繰越利益剰余金)➡純資産

純資産の増加=貸方

(借)
  (貸) その他資本剰余金 300,000
  (貸) 繰越利益剰余金 250,000

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借) 資本準備金 300,000
(借) 利益準備金 250,000
  (貸) その他資本剰余金 300,000
  (貸) 繰越利益剰余金 250,000

第150回日商簿記2級第1問

出題論点・解説ページへのリンク
1  役務収益・役務原価
2  固定資産の割賦購入
3  事業の譲受け
4  クレジット売掛金
5  剰余金・準備金