第150回 日商簿記2級 第1問 3 【事業の譲受け】

第150回日商簿記2級第1問3は事業の譲受けの処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

同業他社の事業の一部を譲り受けることになり、譲渡代金¥450,000を普通預金口座から相手先口座に振り込んだ。この取引により譲り受けた資産の評価額は、商品¥80,000、建物¥180,000、備品¥60,000であり、引き受けた負債はなかった。
 

解説

事業の一部譲受けより、譲り受けた資産の評価額合計=¥320,000

本問では、評価額¥320,000 の事業に対して譲渡代金¥450,000 を支払って譲り受けているため、差額が生じています。この差額 ¥130,000 はのれん(資産)で処理します。

この取引により譲り受けた資産の評価額は、商品¥80,000、建物¥180,000、備品¥60,000であり、引き受けた負債はなかった。

本問では、事業の一部譲受けで譲り受けた資産を評価額で計上します。引き受けた負債はないので、

資産=借方

に仕訳を行います。

(借方) 商 品 80,000
(借方) 建 物 180,000 
(借方) 備 品 60,000 
   (貸方) 

…譲渡代金¥450,000を普通預金口座から相手先口座に振り込んだ。…

譲渡代金を普通預金口座から相手先口座に振り込んで支払ったので、普通預金を減らします。

普通預金➡資産

資産の減少=貸方

(借方) 
  (貸方) 普通預金 450,000

のれん

いったんここまでの仕訳をまとめると

(借方) 商 品 80,000
(借方) 建 物 180,000 
(借方) 備 品 60,000 
  (貸方) 普通預金 450,000
(借方) 差額 130,000

となり、借方に差額が発生します。借方の差額は「のれん」で処理します。

のれん➡資産

資産の増加=借方

(借方) のれん 130,000
  (貸方) 

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借方) 商 品 80,000
(借方) 建 物 180,000 
(借方) 備 品 60,000 
(借方) のれん 130,000
  (貸方) 普通預金 450,000

第150回日商簿記2級第1問

出題論点・解説ページへのリンク
1  役務収益・役務原価
2  固定資産の割賦購入
3  事業の譲受け
4  クレジット売掛金
5  剰余金・準備金