第149回 日商簿記3級 第1問 2 【売上取引、諸掛り】

スポンサーリンク

第149回日商簿記3級第1問2は売上取引、諸掛りの処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

A商店に商品 ¥ 190,000 を売り上げ、代金は掛けとした。なお、商品の発送費(A商店負担)¥ 5,000を現金で支払ったので、この分は掛代金に含めることとした。
本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第149回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
簿記講座【資格の大原】
日商簿記検定試験 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

A商店に商品 ¥ 190,000 を売り上げ、代金は掛けとした。…

商品を売り上げたので「売上」(収益)が発生します。

売上➡収益

収益の発生=貸方

(借方) 
  (貸方) 売 上 190,000

また、商品の代金は掛けとしているため、後でお金を受け取る権利が発生します。商品を売り上げたことにより後でお金を受け取る権利は「売掛金」(資産)で処理します。

売掛金➡資産

資産の増加=借方

(借方) 売掛金 190,000
  (貸方) 

…なお、商品の発送費(A商店負担)¥ 5,000を現金で支払ったので、この分は掛代金に含めることとした。

 ¥ 5,000 を現金で支払っているので、現金を減らします。

現金➡資産

現金で支払った➡資産の減少=貸方

(借方) 
  (貸方) 現 金 5,000

現金で支払った¥ 5,000 については、掛代金に含めるため、「売掛金」を増やします。

売掛金➡資産

掛代金に含める➡資産の増加=借方

(借方) 売掛金 5,000
  (貸方) 

以上をまとめると解答の仕訳となります。

解答

(借方) 売掛金 195,000
  (貸方) 売 上 190,000 
  (貸方) 現 金 5,000