第148回 日商簿記2級 第4問 5 【製造間接費配賦差異】

第148回簿記2級第4問は工業簿記から仕訳問題が出題されました。
仕訳問題の5問目は製造間接費配賦差異です。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような仕訳になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

第148回 日商簿記2級 第4問 2 【製造間接費の予定配賦】より製造間接費の予定配賦額は 405,000円である。当月の製造間接費実際発生額422,000円との差額を原価差異勘定に振り替える。
 

解説

予定から実際を引きます。

差異を求める際は、必ず予定から実際を引きます。

予定配賦額-実際発生額

逆にして実際から予定を引かないように注意してください。

問題文より予定配賦額は 405,000円、実際発生額は 422,000円なので

製造間接費を405,000円と予定していたところ、実際発生額は422,000円であった。

という状況であることがわかります。引き算してみると

405,000円-422,000円=△17,000円

答えがマイナスなので

予定していた費用よりも、17,000円使いすぎた

ということがわかります。

引き算をしたとき
マイナスになる場合(使いすぎの状態)➡不利差異、借方差異
プラスになる場合(節約できた)➡有利差異、貸方差異

です。

本問はマイナスなので、17,000円の不利差異となっています。

製造間接費勘定の状態を把握する

理解しやすくなるよう仕訳に直します。製造間接費の実際発生額は

(借) 製造間接費 422,000
    実際発生額 
  (貸) 現金など 422,000

となります。「実際は借方」と覚えてしまいましょう。

実際は借方

製造間接費の予定配賦は、製造間接費を消費するという意味なので、費用の減少=貸方 です。「予定は貸方」と覚えておきましょう。

予定は貸方

仕訳は

(借) 仕掛品 405,000
  (貸) 製造間接費 405,000
      予定配賦額

となります。

上の2つから「製造間接費」を抜き出すと

(借) 製造間接費 422,000
    実際

  (貸) 製造間接費 405,000
      予定

です。「実際は借方」「予定は貸方」と覚えてこの「製造間接費」だけの仕訳を書けるようにしておくと、差異の理解に役立ちます。

この仕訳を見ると貸方(予定)の金額 405,000円が借方(実際)の金額 422,000円より 17,000円少なくなって貸借が合いません。

この 17,000円不足している分を「予定配賦で生じた差異」といい、工業簿記では「製造間接費」の借方貸方が同じになるよう会計処理をすることになっています。

問題文の「当月の製造間接費の配賦差異を原価差異勘定に振り替え」るとは、この不足分を追加計上して「製造間接費」の借方、貸方を同じ金額にするという意味です。

本問では貸方(予定)が少ないので「製造間接費」を貸方に追加計上します。

つまり

(借) 
  (貸) 製造間接費 17,000

ですね。

このままでは貸方が空欄のままなので、貸方を「原価差異」で埋めます。 

(借) 
  (貸) 原価差異 17,000

となります。

以上をまとめると解答の仕訳となります。

解答

(借) 原価差異 17,000
  (貸) 製造間接費 17,000