第147回 日商簿記2級 第4問 1 【材料の購入】

スポンサーリンク

第147回簿記2級第4問は工業簿記から仕訳問題が出題されました。
仕訳問題の1問目は材料の購入取引です。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような仕訳になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

当社は本社と工場が離れていることから、工場会計を独立させている。材料と製品の倉庫は工場に置き、材料購入を含めて支払関係はすべて本社が行っている。
当月、製品用の素材8,000kg(購入価額400円/kg)および工場で使用する消耗器具(購入価額30,000円)を購入し、倉庫に搬入した。材料勘定、本社勘定を用いて仕訳しなさい。
本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第150回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
簿記講座【資格の大原】
日商簿記検定試験 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

当月、製品用の素材8,000kg(購入価額400円/kg)および工場で使用する消耗器具(購入価額30,000円)を購入し、倉庫に搬入した。

素材=材料は価値あるもの、つまり資産なので増えたら借方に仕訳します。

素材=3,200,000円(=400円/kg×8000kg)

消耗器具(30,000円)

素材と消耗器具の合計額3,230,000円が材料の金額となります。

材料➡資産

…購入し➡資産の増加=借方

(借方) 材 料 3,230,000
    (貸方) 

…倉庫に搬入した…

本問では、本社工場会計を採用している場合の工場側の仕訳を解答します。

工場会計が独立している場合には、本社と工場間の取引につき、本社に対する債権・債務を本社勘定で処理します。

本問では、素材や消耗器具の代金を本社に代わりに支払ってもらう形になるため、本社に対する債務を計上します。

本社に対する債務は、あとでお金を支払う義務を表す科目(負債)なので、増えたら貸方で仕訳します。「本社」勘定が債権を表す場合もあります。

本社に対する債務➡本社

本社➡負債

負債の増加=貸方

(借方) 
    (貸方) 本 社 3,230,000

以上の2つを合わせると解答の仕訳となります。

解答

(借方) 材 料 3,230,000
    (貸方) 本 社 3,230,000