第147回 日商簿記2級 第1問 4 【ファイナンス・リース取引】

スポンサーリンク

第147回日商簿記2級第1問4はファイナンス・リース取引の処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

リース会社とパソコン10台のリース契約を、リース期間5年、リース料月額¥4,000の条件で結び、パソコンが納品され、同時に第1回のリース料¥4,000を普通預金から支払った。このリース取引は、ファイナンス・リース取引であったため、利子込み法により処理することとした。
本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第150回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
簿記講座【資格の大原】
日商簿記検定試験 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

利子込み法により処理する場合であるので、リース資産・リース負債の金額をリース料総額で計上します。利子込み法による場合、支払利息勘定を使用することはありません。

…パソコン10台のリース契約を、リース期間5年、リース料月額4,000の条件で結び…

リース料総額は、240,000(=4,000/月×12か月×5年)

リース資産➡資産

資産の増加=借方

(借方) リース資産 240,000
  (貸方) 

リース債務➡負債

負債の増加=貸方

(借方) 
  (貸方) リース債務 240,000

…第1回のリース料4,000を普通預金から支払った。

リース債務➡負債

負債の減少=借方

(借方) リース債務 4,000
   (貸方) 

普通預金➡資産

資産の減少=貸方

(借方) 
   (貸方) 普通預金 4,000

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借方) リース資産 240,000
  (貸方) リース債務 236,000 
  (貸方) 普通預金 4,000