第145回 日商簿記2級に絶対合格するための勉強計画

スポンサーリンク

2月26日に行われる第145回日商簿記検定試験まで、あと約50日となりました。
6月の146回試験、11月の147回試験と試験範囲が大きく変わる日商簿記2級では、今回の145回試験が実は大きなチャンスです。

まだ時間はあります。
試験合格に向けて今できることをしっかりとやって合格を目指していきましょう。

ここでは、簿記3級までの勉強は終わっているという方が、2月の2級試験に合格にするにはどうすればいいか、勉強プランを考えてみました。簿記の勉強の仕方についてまだ悩んでいるという方がいましたら、参考にしてみてください。

やることリスト

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第145回 日商簿記検定3・2級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

1.工業簿記仕訳問題(第4問)対策

日商簿記2級合格のポイントは工業簿記でどれだけ得点を稼ぐかです。これは最近の試験傾向を見ても明らか。難問が出題され合格率が低い回であっても、工業簿記で確実に得点を稼いでおくことで、合格可能性を高めることができます。試験が間近に迫って焦りが出てくる前に、早めに工業簿記を終わらせておきましょう。

スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第5版

工業簿記のテキストでは「スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第5版」が一番おすすめです。まずは、このテキストをざっと読み進めて工業簿記のイメージを固めましょう。
TAC出版では1冊から15%OFF、送料無料で購入できるのでおすすめです。
TAC出版はこちら→スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第5版

仕訳問題対策

工業簿記の対策として有効なのは、仕訳問題を解けるようにすることです。

当サイトで工業簿記仕訳問題の解き方を解説した日商2級工業簿記 解き方解説と、過去問の仕訳問題の解き方を解説した日商簿記2級工簿過去問仕訳問題の解き方を作ってみました。簿記のテキストを一通り読んだら、仕訳問題の解説ページを読んで工業簿記の仕訳問題を確認してみてください。

日商2級工業簿記 解き方解説

材料

解き方解説ページへのリンク
1  材料の仕訳問題の解き方
2  材料の購入1
3  材料の購入2
4  材料の購入3 材料副費
5  材料の消費1
6  材料・材料副費の予定配賦問題の解き方
7  材料の購入4 材料副費の予定配賦
8  材料の消費2
9  材料の購入5 材料副費
10  材料の購入6 材料副費差異
11  材料の消費3 先入先出法
12  材料の消費4 予定消費価格
13  材料の消費5 実際払出価格、先入先出法
14  材料の消費6 消費価格差異

労務費

解き方解説ページへのリンク
1  労務費の仕訳問題の解き方
2  前月未払賃金・給料の再振替
3  賃金・給料の支払い
4  当月未払賃金・給料の見越計上
5  賃金・給料要支払額
6  労務費予定配賦問題の解き方
7  予定消費賃率を使った消費賃金の計算
8  賃率差異仕訳問題の解き方
9  賃率差異

経費

解き方解説ページへのリンク
1  経費の仕訳問題の解き方
2  製造間接費仕訳問題の解き方
3  製造間接費の予定配賦
4  製造間接費配賦差異

日商簿記2級工簿過去問仕訳問題の解き方

第125回

出題論点・解説ページへのリンク
1  材料の購入
2  材料の消費
3  賃金・給料の消費
4  賃金・給料の消費、間接労務費
5  製造間接費の予定配賦
6  予算差異、操業度差異

第131回

出題論点・解説ページへのリンク
1  材料の購入
2  賃金・給料の消費
3  減価償却費(製造間接費)
4  製造間接費の予定配賦
5  予算差異、操業度差異

第132回

出題論点・解説ページへのリンク
1  材料の購入
2  外注加工無償支給
3  消費価格差異
4  外注加工賃
5  賃金・給料の消費
6  賃率差異

第133回

出題論点・解説ページへのリンク
1  材料の購入
2  賃金・給料の支給
3  直接経費
4  減価償却費(製造間接費)
5  製品完成

第136回

出題論点・解説ページへのリンク
1  材料の購入、材料副費
2  材料副費差異
3  賃金・給料の消費
4  製造間接費の予定配賦
5  予算差異、操業度差異

2.工業簿記第5問対策

工業簿記は第4問だけではありません。総合原価計算や直接原価計算が出題される第5問も得点源にしたいところです。第5問の最近の出題傾向を見ると、全部原価計算と直接原価計算の違いを問う問題と総合原価計算の問題が交互に出題されている状況となっています。

最近の出題傾向

回数 問題文資料 解答形式
124 直接原価計算 損益計算書
125 単純総合原価計算 総合原価計算表
126 標準原価計算 仕掛品勘定、損益計算書
127 標準原価計算 仕掛品勘定、損益計算書
128 等級別総合原価計算 単位原価等
129 組別総合原価計算 総合原価計算表
130 単純総合原価計算 総合原価計算表
131 工程別総合原価計算 総合原価計算表
132 全部原価計算と直接原価計算 貢献利益等
133 実際個別原価計算 勘定記入
134 全部原価計算と直接原価計算 文章穴埋め
135 標準原価計算 差異分析等
136 全部原価計算と直接原価計算 損益計算書
137 組別総合原価計算 総合原価計算表
138 単純総合原価計算 総合原価計算表
139 直接原価計算(CVP) 損益計算書
140 等級別総合原価計算 単位原価等
141 直接原価計算(CVP) 売上高等
142 工程別総合原価計算 総合原価等
143 標準原価計算 差異分析等
144 単純総合原価計算 単位原価等

ここに掲載されている過去問が解けるなら、第145回試験でも十分対応できます。

テキストが終わって仕訳をマスターしたら、次は工業簿記の過去問を繰り返し解いてできるようにしておきましょう。

17年2月検定対策 合格するための過去問題集 日商簿記2級

2級工業簿記の過去問題集には、「17年2月検定対策 合格するための過去問題集 日商簿記2級」が一番おすすめです。この過去問題集を使って、過去問をがんがん解いていきましょう。
TAC出版では1冊から15%OFF、送料無料で購入できるのでおすすめです。
TAC出版はこちら→よくわかる簿記シリーズ ’17年2月検定対策 合格するための過去問題集 日商簿記2級

問題を解く順序についてですが

  1. 直接原価計算
  2. 総合原価計算
  3. 標準原価計算

の順番で問題を解いていくのが効果的です。

この順にしたがって問題を解く順番を表に示してみたので、参考にしてみてください。

順位論点回数
01134全部原価計算と直接原価計算4/12
01136全部原価計算と直接原価計算4/12
03139直接原価計算(CVP)4/12
03141直接原価計算(CVP)4/12
05142工程別総合原価計算5/12
05137組別総合原価計算5/12
05138単純総合原価計算5/12
05144単純総合原価計算5/12
05140等級別総合原価計算5/12
10135標準原価計算2/12
10143標準原価計算2/12
12133実際個別原価計算1/12

3.商業簿記 仕訳問題対策

次は、3級と同様、2級においても出題される第1問の商業簿記仕訳問題についてです。

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版

まず商業簿記のテキストについてですが、「スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版」が一番おすすめです。まずは、このテキストをざっと読み進めて商業簿記のイメージを固めましょう。
TAC出版では1冊から15%OFF、送料無料で購入できるのでおすすめです。
TAC出版はこちら→スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版

2級に合格するためには、まずは第1問の仕訳問題でしっかり得点を積み重ねておくことが重要です。141回試験や144回試験のような解きにくい難問が出題された場合には、いったん後回しにするのもやむをえないですが、そのような場合でも心を落ち着けて、わかるところからしっかり解答していきましょう。

4.財務諸表問題対策

最近の商業簿記第3問でよく出題される財務諸表問題の対策を考えます。

出題傾向

表に示した最近の出題傾向から本支店会計を除いて考えてみると、精算表か財務諸表作成問題(損益計算書、貸借対照表)のどちらかが出題されていることがわかります。(平成28年度以降未達事項の整理・内部利益の除去が2級の試験範囲から外れるため、本支店会計の出題可能性は低いと思われます。)

注目すべきは、137回から140回、142回、143回の試験でいずれも財務諸表作成問題が出題されていること。前回の第144回では精算表問題が出題されましたので、次は財務諸表作成問題(貸借対照表か損益計算書)が出題される可能性が高いと思います。

財務諸表作成問題の対策をしっかりしておきましょう。

回数 問題文資料 解答形式
124 決算整理事項等 精算表
125 本店・支店の前T/B 合併P/L、合併B/S
126 決算整理事項等 精算表
127 本店・支店の前T/B 本店の損益勘定
128 決算整理事項等 精算表
129 前T/B 損益計算書
130 本店・支店の前T/B 合併P/L、合併B/S
131 決算整理事項等 損益計算書
132 決算整理事項等 精算表
133 本店・支店の前T/B 合併P/L等
134 決算整理事項等 精算表
135 決算整理事項等 精算表
136 本店・支店の前T/B 合併P/L
137 前T/B 損益計算書
138 前T/B 貸借対照表
139 前T/B 貸借対照表
140 前T/B 損益計算書
141 決算整理事項等 精算表
142 前T/B 貸借対照表
143 前T/B 損益計算書
144 決算整理事項等 精算表

財務諸表作成問題の対策

最近の財務諸表作成問題は、一部に難易度が高いものが含まれています。問題は下書き用紙に仕訳やタイムテーブルをメモして解いていきますが、財務諸表作成問題の場合は下書き用紙がごちゃごちゃして、金額の集計でミスしやすいのです。

勉強のコツは、難易度の低い問題からスタートして徐々に難易度の高い問題へ進んでいくこと。

やさしい問題をたくさん解けば、同じ論点に繰り返し触れて勉強のリズムがよくなります。また同じ論点に繰り返し触れることで、「これが出れば解ける」という自信もついてきます。

そこでおすすめなのが財務諸表作成問題を精算表の形式で解いてみること。

精算表なら修正記入欄に仕訳をダイレクトに書きこみながら解くことができるので、勘定の金額の動きがわかりやすく、無理なく簿記の力をつけていくことができます。

精算表と財務諸表を見比べてみることで、下書き用紙の効果的な使い方がわかり、総合問題の解き方も上手くなっていくと思います。実は精算表問題を解くことはいいことだらけなのです。

ためしに精算表形式で答案用紙と解答を作ってみましたので、これを使って問題を解いてみてください。(PDFファイル)

回数 精算表の答案用紙 解答
137  第3問答案用紙  第3問解答
     

予想問題にチャレンジ!

最近の日商簿記2級試験は、合格率が低く難しくなってきています。

ただし、ここまで見てきたように、定評ある「スッキリ」のテキストと過去問題集を勉強の中心に据えて

  1. 工業簿記対策
  2. 仕訳暗記
  3. 過去問を解きまくる
  4. 商業簿記対策
  5. 仕訳暗記
  6. 過去問を解きまくる

というようにしっかり勉強を進めていけば、合格するのに必要な実力は十分につけることができます。

最後に「第145回をあてるTAC直前予想 日商簿記2級」というよく当たる問題集を使って仕上げができれば完璧です。この問題集に付いている仕訳カードを暗記しつつ、問題を何回か繰り返し解けば合格する確信が得られるでしょう。

第145回をあてるTAC直前予想 日商簿記2級

この問題集は試験直前期の勉強におすすめですが、テキストの学習と並行して「工業簿記だけ」「商業簿記だけ」というように、問題集として使うことも有効です。問題を解きまくって合格する実力をつけていきましょう。
TAC出版では1冊から15%OFF、送料無料で購入できるのでおすすめです。
TAC出版はこちら→第145回をあてるTAC直前予想 日商簿記2級