第143回日商簿記2級 本試験問題の解答と詳しい解説

スポンサーリンク

先日行われた第143回の日商簿記2級試験の問題の解答と詳しい解説です。
解答・解説は日本商工会議所が発表しているものではなく、私が作ったものです。100%正しいとは限りませんので、参考程度にご覧ください。
時間の関係上、第1問から順次作成していきますので、第2問以降はしばらくお待ちください。
問題は掲載しませんので、お手持ちの問題用紙等をご覧ください。

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第144回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

第1問 仕訳問題

1.有価証券の購入

額面800,000円分の社債を100円につき99.5円で購入とあるので、有価証券の代金は796,000円と求めることができます。また、利払日が毎年3月末と9月末で、8月24日に取得しているため端数利息を計算します。

端数利息の計算にあたっては、まず前回の利払日の翌日(=4月1日)から購入日(=8月24日)までの日数を数えます。4月(30日間)、5月(31日間)、6月(30日間)、7月(31日間)と8月は24日までの24日間なので、

30+31+30+31+24=146

したがって、端数利息は

800,000×0.0042×146÷365=1,344

と求めることができます。
有価証券の代金796,000円と端数利息1,344円の合計金額を支払うため、貸方当座預金797,344円となります。

(借方) 売買目的有価証券 796,000
(借方) 有価証券利息 1,344
  (貸方) 当座預金 797,344

2.商品保証引当金

現金で80,000円を支払っているため、貸方現金80,000。次にそのうち商品保証引当金の50,000円をあてて、残額の30,000円を商品保証費(費用)とします。

(借方) 商品保証引当金 50,000
(借方) 商品保証費 30,000
   (貸方) 現 金 80,000

3.会社設立時の株式の発行

まずは1株あたり4,000円×2,000株=8,000,000円を借方当座預金とします。このうち6割4,800,000円を貸方資本金、残額の4割3,200,000円を貸方資本準備金とします。

(借方) 当座預金 8,000,000
  (貸方) 資本金 4,800,000
  (貸方) 資本準備金 3,200,000

4.剰余金の配当

決定した配当金額2,700,000円はまだ支払われていないため、貸方未払配当金(負債)とします。とりあえずこの10分の1の270,000円を利益準備金として積み立てるというパターンが一番よく出題されますが、本問では注意が必要です。
資本金80,000,000円、資本準備金12,000,000円、利益準備金7,800,000円という資料から

80,000,000×1/4-12,000,000-7,800,000=200,000

つまり本問では、200,000円を積み立てれば十分で、270,000円では多すぎるということになってしまいます。そこで貸方利益準備金200,000です。ここが難しかったですね。
さらに別途積立金は500,000円なので、未払配当金と利益準備金、別途積立金の合計3,400,000円を借方繰越利益剰余金とします。

(借方) 繰越利益剰余金 3,400,000
  (貸方) 未払配当金 2,700,000
  (貸方) 利益準備金 200,000
  (貸方) 別途積立金 500,000

5.消費税

商品を販売する際に消費税を税抜方式で記帳する場合の処理方法について問われています。

本体価格400,000円の商品で、消費税は8%の32,000円。税抜方式なので、貸方仮受消費税32,000円となり、合計金額432,000円をまとめて売掛金とします。

(借方) 売掛金 432,000
  (貸方) 売 上 400,000
  (貸方) 仮受消費税 32,000

第2問

準備中です。少々お待ちください。

第3問

準備中です。少々お待ちください。

第4問

準備中です。少々お待ちください。

第5問

準備中です。少々お待ちください。