143回日商簿記1級の予想問題集「第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級」が出たよ。

スポンサーリンク

新出題区分のもとで初めて実施される6月の第143回日商簿記試験まであと約90日。
試験日が近づき、1級受験生が少し焦りを感じ始めるこの時期、日商簿記1級の予想問題集の決定版「第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級」が刊行されました。

日商簿記1級は、最近では合格率10%を切る回が多く、合格するのがとても大変になっています。実質他の受験生と10%のイスを争う競争試験となっている1級では、予想問題集を使った試験対策が不可欠。

そこで、もし可能であれば、独学受験生の方も直前予想模試だけは通学で受けにいくのがおすすめです。他の受験生の中に混じって模試を受験することで、本試験のシミュレーションができ、試験本番までモチベーションを保つことができます。

▼資格の学校 TACの直前講座
1級全国公開模試
日商簿記直前対策&オプション講座

▼資格の大原の簿記講座はこちら
簿記講座【資格の大原】

▼LECはこちら
2016年6月合格目標 日商簿記1級公開模擬試験
2016年6月合格目標 日商簿記1級直前対策パック【DVD】

日商簿記1級の直前予想問題集は、出版されている類書が少なく貴重な存在。そんな中「第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 」は、出題予想、本試験と同形式の予想問題4回分とその解答解説、理論カード、合格スケジュール、繰り返しシートなどてんこ盛りの内容。
模試を解くことによって、本試験のシミュレーションだけでなく、試験直前期に実力を上げるためのツールとして使うことができる優れものです。

ここでは、そんな「あてる」の内容をチラッと紹介します。

TAC出版で「あてる」の詳細を見る場合はこちら

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 表紙

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第144回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級

「あてる」が届いたらまずやること。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級」は予想問題集です。

問題と答案用紙はとじ込み付録、詳しい解説は本体に収録されており、付録を切り離すと本試験同様の形式で問題を解くことができます。

「あてる」を手にしたら、まずは問題と答案用紙を切り離しておきましょう。ちょっと面倒ですが、5分もかかりません。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 付録

「あてる」には、理論カードが付いています。これは、商業簿記・会計学、工業簿記・原価計算の理論問題対策カードで、正誤問題や空欄補充問題を繰り返し解くことができるというもの。

カードはミシン目がついて容易に切り離せるようになっているので、切り離していつでも持ち歩けるようにしておきましょう。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 理論カード

商業簿記・会計学の正誤問題が24問、空欄補充問題が44問、工業簿記・原価計算の空欄補充問題が28問収録されています。問題とカード裏の解答を繰り返し見て理論問題を覚えてしまいましょう。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 理論カード全部

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 理論カードリング

▼「第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 」本体から問題・答案用紙、理論カードを切り離したところ。

これで準備万端です。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 本体 答案用紙 理論カード

「あてる」の的中実績

「あてる」の的中実績です。

時間のない直前期は、出題が予想される問題を中心に対策を行い、効率よく勉強しましょう。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 的中実績

「あてる」には、第1予想からプラスワン予想まで本試験4回分の予想が掲載されています。各科目ごとにどの論点が出そうか、チラッと読んで確認しておきましょう。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 予想

予想論点の過去問出題実績と類題チェック

予想論点ごとに該当する過去問、テキストの該当箇所をまとめた表がついています。

勉強中いつでもこの表を確認できるようにしておいて、問題を解きまくりましょう。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 予想とテキスト

合格スケジュール

試験直前期用の書き込み式合格スケジュール。

2か月バージョンと1か月バージョン、2週間バージョンの3種類のスケジュールが付いているので、実際の進度にあわせてスケジュールを見直し修正していくことができて便利です。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 合格スケジュール

予想問題の解き方、下書きの書き方

講師目線で見て、一番のおすすめはこのコンテンツ。

各回の予想問題の解説の最初のところに「合格るタイムライン」と「合格る下書き用紙」というものがあります。

実際に問題を解く順序、下書き用紙の書き方がとてもわかりやすくなっているので、ここをしっかり読んで本試験対策に役立ててください。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 問題の解き方

連結会計のタイムラインの書き方

商業簿記の第1予想では連結会計が予想されています。

連結の問題を解くときに欠かせないタイムテーブル。数字の並べ方の意味も青字でポイント解説されています。下書き用紙の書き方をマスターして、連結を得点源にできるようがんばりましょう。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 連結会計タイムテーブルの書き方

連結精算表

連結をマスターするのにおすすめは、連結精算表の問題です。

第1予想の問題形式は連結財務諸表です。解説には問題・解答と同じ数字が使われた連結精算表も載っており、これを合わせて使えば理解が深まります。

連結精算表のコピーを取り、修正消去仕訳と連結財務諸表の列の数字を修正液で消したものをコピーして使えば、書き込みのできる連結精算表の答案用紙が出来上がり。

連結精算表の形式で3回繰り返し解いておくと、連結の解き方の理解が深まるのでおすすめです。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 連結精算表

本試験前の過ごし方&持ち物

「あてる」本体の一番最後に本試験前日と当日の過ごし方と持ち物リストがついています。使いまくって真っ黒になった「あてる」を本試験会場まで持っていけば、ご利益があるかも!

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 試験当日

無敵の予想大会

TACでは、試験直前期に無敵の予想大会を開催しています。

1級は5月15日(日)14時スタート

無料で予想が聞けて、相談会&質問会にも参加できます。独学で家にこもりがちの方は、気分転換に参加してみるというのもおすすめです。

第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級 無敵の予想大会広告

まとめ

日商簿記1級は難関試験。合格するには相当の準備が必要だと私は考えています。

特に直前期の模試はマスト。

独学で勉強されている方も「第143回をあてる TAC直前予想 日商簿記1級」は問題集がわりに何回も繰り返し解いて実力アップに使い、TACか大原の直前模試を受けに行くという使い方を一番おすすめします。

最後まで気を抜かず、勉強がんばりましょう。

▼資格の学校 TACの直前講座
1級全国公開模試
日商簿記直前対策&オプション講座

▼資格の大原の簿記講座はこちら
簿記講座【資格の大原】

TACの第143回日商対策 的中答練1級 【全4回】(商会・工原各2回)が含まれている日商簿記1級の独学道場の詳細はこちら