第142回 日商簿記の試験日、全国の商工会議所の申し込み日程・申し込み方法をまとめました。

スポンサーリンク

第142回日商簿記検定試験の試験日は2015年2月28日(日)です。

まだ試験まで約50日ありますので、これから頑張ればまだまだ十分間に合います。焦る気持ちを抑えながら毎日コツコツやっていきましょう。

日商簿記検定試験は同一日時に全国各地で一斉に実施されます。試験で使用される問題は全国共通なのですが、試験の運営は各地の商工会議所に任されているのが特徴です。

そのため、例えば3級と2級の答案の採点と合格発表は各地の商工会議所ごとに行われるため、試験日は同じでも合格発表が早いところと遅いところがあります。(1級は全国の分を集めて一斉に採点と合格発表が行われるため合格発表も全国同時です)

TAC「出題区分の改定で今年の試験はどうなる?」はこちら

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
TAC 第146回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
簿記講座【資格の大原】
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

どの商工会議所で受験すると合格しやすいか?

同じ問題を同じ制限時間で解くのだから、どこで受けても同じように見えます。

でも試験会場の雰囲気は様々で、ピーンと張りつめた緊張感がある大教室と小さな建物内のアットホームな部屋とではずいぶん違います。そのため大学の校舎内の大教室で受けるのと地方の商工会議所の比較的小さな部屋で受けるのとでは問題を解くときの感覚もだいぶ変わってきます。→会場の雰囲気が違う

会場によって試験日当日のアクセスのしやすさも異なります。地図を見ればすぐにわかり迷わず行ける会場と道順がちょっとわかりにくく長い距離を歩かされる会場があるとしたら、迷わず行ける方がいいですよね?→アクセスのしやすさが違う

このように試験日当日のことをちょっと想像してみただけでも、自分にとってアウェーのように感じる会場よりも、ホームのように感じられる会場の方が当然有利で合格しやすいと言えるかもしれません。→ホームが有利

実は、日商簿記はどの商工会議所に申し込んでもいいので、自分に合いそうな会場があればそこを選んで受験するというのも一つの手です。(ただし会場を選べないところもあります)

…そんなわけで、合格しやすい(かもしれない)会場選びの参考になるように全国の商工会議所の申し込み日程や申し込み方法をまとめてみました。

試験を運営する各地の商工会議所ごとに試験の申し込み日程や方法にも違いがあり、東京や大阪のような大都市の商工会議所では申し込み方法(窓口・郵送・インターネット)がいろいろあってネット申し込みができるところが多いですが、地方の小さなところだと窓口受付のみという商工会議所もあります。→ネット申し込みは便利。

ネットで申し込める方が便利ですが、窓口申し込みでも、実際に商工会議所に行って窓口で申し込むとたいていその場で受験票を交付され「会場の場所はあそこですよ」と説明を受けるので、受験票が届くのを待つストレスがないというメリットもあります。→窓口申し込みならすぐに受験票を受け取れる

ちなみに申し込み方法が「郵送」となっている場合、現金書留で受験料を送るところが多いです。

また商工会議所によってはWebサイトの作りがイマイチで、どうやって受験申し込みをしていいのかわかりにくかったり、そもそも試験を実施しているのかわからないところさえあります。そんな場合はまず電話で問い合わせするのが一番早いと思います。

合格発表日が早いとメリットがある

実は日商簿記3級や日商簿記2級に関しては商工会議所ごとに合格発表日も異なっています。傾向としては大都市の商工会議所は遅く、地方の方が早くなっています。

例えば2級を受験した場合で考えてみると、試験終了後すぐに合否が判明すれば

  • 「次は1級に進もう」とか「もう一度2級にチャレンジしよう」といった意思決定を早くでき試験勉強を早くスタートできる
  • 合格発表を待つ間のモヤモヤした時間が短くてすむ

といった大きなメリットがあります。

「合格発表が早い方がいい」という方は地方の商工会議所の方がいいかもしれません。

申し込み忘れに注意しましょう

いずれにしても受験申し込みをしなければ試験を受けることができません。気づいたら受験申込期間が終了して受験できなくなってしまったなんてことがないように注意してくださいね。

(表に記載した日時等は私が記入したものなので誤りがあるかもしれません。誤りは適宜修正していきますが、必ず各商工会議所のサイトで正しい申し込み日程等を確認するようお願いいたします。)

全国の各商工会議所の申し込み日程・申し込み方法

北海道道北 道東 道央 道南
東北青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
北陸信越新潟県 富山県 石川県 長野県
関東東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 静岡県
東海愛知県 岐阜県 三重県
近畿大阪府 福井県 滋賀県 京都府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県