第140回日商簿記検定試験の講評が公表されました。

スポンサーリンク

6月に実施された第140回日商簿記検定試験の講評が公表されました。

この講評は日本商工会議所が、受験生の学習の手助けになるよう各級ごとに「出題の意図・講評」を明らかにしたものなので、試験終了後の復習に役立てて欲しいという意味があるようです。

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第144回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

講評を読んでどうすればいいの?

受験生の中には、試験の出来に関わらずあれほど痛めつけられた本試験の問題なんて2度と見たくない!!という方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば今回3級を受験された方が講評を参照しながら今もう一度本試験の問題を復習しておくと、2級の学習内容の理解も深まるのでおすすめです

出題者側としては、過去問題を繰り返し解きパターンを習得する勉強法ではなく、簿記の知識を応用できる真の簿記能力を身につけてほしいという意図があるようです。

個人的には、簿記の知識を応用できる真の簿記能力を3級や2級の受験生に求めるのは酷だと思うのですが、試験において絶対的な存在である出題者様に逆らっても何もいいことはありません。

これから試験までは、簿記の知識を応用する能力が求められているということを頭の片隅に置いて少し意識しながら勉強を進めていくといいと思います。

私も本試験の問題と講評を見比べながら、簿記の知識を応用する能力についてちょっと真面目に考えてみようかな…と思っています。

連日猛烈な暑さが続いて、勉強のペースもちょっと中だるみ気味…という方は、下記のリンク先から講評を確認して一度気持ちをリセットしてみてはいかがでしょうか?

第140回日商簿記講評

試験問題が無料で入手できます

資格の大原では、2015年6月14日実施第140回日商簿記検定の模範解答集(問題付)を資料請求することが出来ます。資料請求しても勧誘の電話がかかってくることはありません。問題や答案用紙もついており過去問対策用の教材としても使えるので、ぜひ資料請求してみましょう。下記リンク先から先に進んで 大原簿記申し込みフォーム から請求してみてください。

資格の大原 問題・解答集の請求はこちら

資格の学校TACはこちら。

 資格の学校TAC 詳しい解説入り模範解答集の請求はこちら