第138回 日商簿記2級 第4問 5 【予算差異、操業度差異】

スポンサーリンク

第138回簿記2級第4問は工業簿記から仕訳問題が出題されました。
仕訳問題の5問目は予算差異、操業度差異です。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような仕訳になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

製造間接費の予定配賦額と実際発生額の差額を予算差異勘定と操業度差異勘定に振り替える。第138回 日商簿記2級 第4問 2 【製造間接費の予定配賦】より製造間接費の予定配賦額は1,029,300円、実際発生額は1,077,900円。製造間接費の計算については公式法変動予算を採用しており、変動費 280円/時間、年間固定費 8,100,000円、年間予定機械稼働時間 18,000時間、実際機械稼働時間は1,410時間であった。
本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第148回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
簿記講座【資格の大原】
日商簿記検定試験 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

予算差異、操業度差異など差異が出てくる問題を苦手にする方が多いですが、次のような手順でゆっくり理解していきましょう。

予定から実際を引きます。

差異を求める際は、必ず予定から実際を引きます。

予定配賦額-実際発生額

逆にして実際から予定を引かないように注意してください。

第138回 日商簿記2級 第4問 2 【製造間接費の予定配賦】から予定配賦額は 1,029,300円、問題文から実際発生額は 1,077,900円なので

製造間接費を1,029,300円と予定していたところ、実際発生額は1,077,900円であった。

という状況であることがわかります。引き算してみると

1,029,300円-1,077,900円=△48,600円

とマイナスになるため

予定していた費用よりも、48,600円使いすぎてしまった。

ということがわかります。

引き算をしたとき
マイナスになる場合(使いすぎの状態)➡不利差異、借方差異
プラスになる場合(節約できた)➡有利差異、貸方差異

となります。

本問はマイナスなので、総額で 48,600円の不利差異となっています。

製造間接費勘定の状態を把握する

理解しやすくなるよう仕訳に直してみます。製造間接費の実際発生額は

(借方) 製造間接費 1,077,900
     実際発生額 
  (貸方) 現金など 1,077,900

となります。「実際は借方」と覚えてしまいましょう。

実際は借方

製造間接費の予定配賦は、製造間接費を消費するという意味なので、費用の減少=貸方 です。「予定は貸方」と覚えておきましょう。

予定は貸方

仕訳は

(借方) 仕掛品 1,029,300
  (貸方) 製造間接費 1,029,300
      予定配賦額

となります。

上の2つから「製造間接費」を抜き出すと

(借方) 製造間接費 1,077,900
     実際

  (貸方) 製造間接費 1,029,300
       予定

です。「実際は借方」「予定は貸方」と覚えてこの「製造間接費」だけの仕訳を書けるようにしておくと、差異の理解に役立ちます。

この仕訳を見ると貸方(予定)の金額 1,029,300円が借方(実際)の金額 1,077,900円より 48,600円不足して貸借が合っていません。

この 48,600円不足している分を「予定配賦で生じた差異」といい、工業簿記では「製造間接費」の借方貸方が同じになるような会計処理をすることになっています。

問題文の「製造間接費の予定配賦額と実際発生額の差額を予算差異勘定と操業度差異勘定に振り替える。」とは、この不足分を追加計上して「製造間接費」の借方、貸方を同じ金額にするという意味です。

本問では貸方(予定)が不足しているので「製造間接費」を貸方に追加計上します。

つまり

(借方) 
  (貸方) 製造間接費 48,600

ですね。

このままでは借方が空欄のままなので、借方を「予算差異」「操業度差異」で埋めます。

操業度差異

月間の実際機械稼働時間から1か月の基準操業度を引き、その時間に固定費率を掛けると操業度差異となります。変動費と固定費に分かれていない場合は、予定配賦率を使って計算します。固定費率は、450円/時間(=8,100,000円÷18,000時間)と求められます。

操業度差異
(1,410時間-1,500時間)×450円/時間
実際機械稼働時間 1か月基準操業度
△40,500円
差異がマイナス➡借方差異➡借方に記入
1,500時間=年間基準操業度18,000時間÷12か月

予算差異

公式法変動予算を採用しているため次のように予算差異を算定します。

予算差異
1,069,800円-1,077,900円
   a         実際発生額
=△8,100円
差異がマイナス➡借方差異➡借方に記入
a
変動費率280円/時間×実際操業度1,410時間+年間固定費予算 8,100,000円÷12か月
=1,069,800円

操業度差異と予算差異について仕訳を書いてみると 

(借方) 操業度差異 40,500
(借方) 予算差異 8,100

となります。

以上の仕訳をまとめると解答となります。

解答

(借方) 操業度差異 40,500
(借方) 予算差異 8,100
  (貸方) 製造間接費 48,600