第137回 日商簿記2級 第1問 4 【株式の発行、創立費】

スポンサーリンク

第137回日商簿記2級第1問4は株式の発行、創立費の処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

T株式会社を設立し、定款に定めた発行可能株式総数1,000株のうち、250株を1株¥40で発行し、これらの株式について全額の当座預金への払い込みがあった。この株式に対する払込金額のうち、会社法の定める最低限の金額を資本金に組み入れた。なお、株式発行に伴い発生した諸費用¥500と、設立に伴う登記費用等¥200は小切手を振り出して支払った。資本準備金勘定も用いる。
問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第144回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

…250株を1株¥40で発行し、これらの株式について全額の当座預金への払い込みがあった。

当座預金➡資産

当座預金への払い込み➡資産の増加=借方

(借方) 当座預金 10,000
    (貸方) 

…この株式に対する払込金額のうち、会社法の定める最低限の金額を資本金に組み入れた。…資本準備金勘定も用いる。

資本金、資本準備金➡純資産

資本金への組み入れ➡純資産の増加=貸方

(借方) 
    (貸方) 資 本 金 5,000
    (貸方) 資本準備金 5,000

…¥500と、…¥200は小切手を振り出して支払った。

小切手の振出し➡当座預金

当座預金➡資産

小切手の振出し➡資産の減少=貸方

(借方) 
    (貸方) 当座預金 700

…なお、株式発行に伴い発生した諸費用¥500と、設立に伴う登記費用等¥200は…

創立費➡繰延資産

繰延資産発生=借方

(借方) 創立費 700
    (貸方) 

解答

(借方) 当座預金 10,000
(借方) 創立費 700
    (貸方) 資本金 5,000
    (貸方) 資本準備金 5,000
    (貸方) 当座預金 700

詳しい解説

問題文からキーワードを拾っていくと

「株を…発行」「当座預金への払い込み」「最低限の金額を資本金に組み入れた」「小切手を振り出して」といった用語がみつかります。

「株式を発行した」場合、会社の元手が増えたため資本金を増やせばいいのですが、「最低限の金額を資本金に組み入れた」とあることから、資本金と資本準備金の合計が¥10,000(=250株×¥40)となるように、つまり資本金¥5,000、資本準備金¥5,000を増やす処理を行います。資本金と資本準備金はともに純資産純資産の増加貸方に記入します。

また同時に当座預金は資産の増加借方を増やします。

するとこの時点で

(借方) 当座預金 10,000 
  (貸方) 資本金 5,000 
  (貸方) 資本準備金 5,000

となるので、わかったらすぐに答案用紙に書いておきましょう。

ちなみに、資本金や資本準備金といった純資産の項目は、借入金などの負債と異なり、返済義務がないことが大きな特徴です。

純資産は返済義務がない

ということをポイントとして押さえておきましょう

次に「株式発行に伴い発生した諸費用¥500と、設立に伴う登記費用等¥200」については、少し難しいかもしれません。

勘定科目がわからないとか、合っているか自信がないような場合は、必ず勘定科目群を見て探すようにしましょう。

可能性があるものとしては、「創立費」「開業費」「株式交付費」がみつかります。本問は単に株式を交付するというのではなく、会社設立時の株式発行の場面なので、「創立費」が正解となります。

創立費➡費用または資産が増加=借方

小切手を振り出した➡資産(当座預金)の減少=貸方

なので、

(借方) 創立費 700  
  (貸方) 当座預金 700

となり、上の仕訳と合わせると

解答は

(借方) 当座預金 10,000 
  (貸方) 資本金 5,000 
  (貸方) 資本準備金 5,000 
(借方) 創立費 700 
  (貸方) 当座預金 700

となります。