第137回 日商簿記2級 第1問 3 【修繕引当金】

スポンサーリンク

第137回日商簿記2級第1問3は修繕引当金の処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

建物の修繕を行い、その費用¥1,000は翌月末払いとした。この修繕に備えてこれまでに¥700の修繕引当金が設定されている。
本試験問題・解答速報冊子の無料送付はこちら
TAC 第147回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
LEC 第147回 日商簿記解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

…その費用¥1,000は翌月末いとした。

商品代金以外の後払い➡未払金

未払金➡負債

負債の増加=貸方

(借方) 
    (貸方) 未払金 1,000

…この修繕に備えてこれまでに¥700の修繕引当金が設定されている。

修繕引当金➡負債

修繕引当金の取り崩し➡負債の減少=借方

(借方) 修繕引当金 700
    (貸方) 

不足分の¥300➡修繕費➡費用

費用の発生=借方

(借方) 修繕費 300
    (貸方) 

解答

(借方) 修繕引当金 700
(借方) 修繕費 300
    (貸方) 未払金 1,000

詳しい解説

問題文からキーワードを拾っていくと

「¥1,000は翌月末払いとした」「¥700の修繕引当金が設定」といった用語がみつかります。

「翌月末払い」はあと払いのことで、この取引は商品売買以外なので、未払金勘定を使います。

未払金の増加➡負債の増加=貸方ですから貸方に記入します。

(借方)  
  (貸方) 未払金 1,000

まだ代金を払っていませんが、本問では「¥700の修繕引当金が設定」されています。この場合、修繕費用¥1,000のうちまず最初に修繕引当金を¥0になるまで使い、足りない分は費用計上します。

修繕引当金の取り崩し➡負債の減少=借方ですから借方に記入します。

(借方) 修繕引当金 700 
  (貸方) 

不足分の¥300は修繕費とします。

修繕費の発生➡費用の発生=借方

必ず勘定科目群を見てその中にある勘定科目を使うようにしましょう。

(借方) 修繕費 300 
  (貸方) 

上記の仕訳と合わせると

解答は

(借方) 修繕引当金 700 
(借方) 修繕費 300 
  (貸方) 未払金 1,000

となります。