第136回 日商簿記2級 第1問 2 【法人税等の処理】

第136回日商簿記2級第1問2は法人税等の処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

決算にあたり、当期の法人税¥100,000、住民税¥20,000、事業税¥30,000を見積もった。なお、中間申告の際に、前年度の納付税額の合計¥140,000の50%を現金で納付し仮払法人税等で処理していた。
 

解説

決算にあたり、当期の法人税¥100,000、住民税¥20,000、事業税¥30,000を見積もった。

法人税、住民税、事業税➡法人税等

法人税等➡費用

費用の発生=借方

(借) 法人税等 150,000
  (貸) 

なお、中間申告の際に、前年度の納付税額の合計¥140,000の50%を現金で納付し仮払法人税等で処理していた。

¥140,000×50%=¥70,000

仮払法人税等➡資産

法人税等の見積りの際に、仮払法人税等を取り崩す

資産の減少=貸方

(借) 
  (貸) 仮払法人税等 70,000

(残額は未払法人税等)

未払法人税等➡負債

負債の増加=貸方

(借) 
  (貸) 未払法人税等 80,000

解答

(借) 法人税等 150,000
  (貸) 仮払法人税等 70,000
  (貸) 未払法人税等 80,000

詳しい解説

問題文からキーワードを拾っていくと

「仮払法人税等で処理していた」分については決算で振り替えます。仮払法人税等➡資産➡資産の減少=貸方

(借) 
  (貸) 仮払法人税等 70,000

となります。

当期の法人税¥100,000、住民税¥20,000、事業税¥30,000は法人税等として計上します。

法人税等➡費用➡費用の発生=借方

差額は、未払法人税等➡負債➡負債の増加=貸方

解答

(借) 法人税等 150,000
  (貸) 仮払法人税等 70,000
  (貸) 未払法人税等 80,000

となります。

第136回日商簿記2級第1問

出題論点・解説ページへのリンク
1  固定資産の買換
2  法人税等の処理
3  研究開発費
4  手形の更改
5  株式の発行