第133回 日商簿記2級 第4問 4 【減価償却費(製造間接費)】

スポンサーリンク

第133回簿記2級第4問は工業簿記から仕訳問題が出題されました。
仕訳問題の4問目は減価償却費(製造間接費)です。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような仕訳になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

当月の機械の減価償却を行った。機械の減価償却費の年間見積額は 1,800,000円である。減価償却費ではなく製造間接費勘定、機械減価償却累計額勘定を用いること。
本試験問題・解答速報冊子の無料送付はこちら
TAC 第147回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
LEC 第147回 日商簿記解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

当月の機械の減価償却を行った。機械の減価償却費の年間見積額は 1,800,000円である。減価償却費ではなく製造間接費勘定、機械減価償却累計額勘定を用いること。

減価償却費の年間見積額が示されています。当月分は1,800,000円÷12か月=150,000円と求められます。問題文の指示より、製造間接費勘定、機械減価償却累計額勘定を使います。

製造間接費➡費用

費用(月割経費)の計上=借方

(借方) 製造間接費 150,000
  (貸方) 

機械減価償却累計額➡資産のマイナス=貸方

(借方) 
 (貸方) 機械減価償却累計額150,000

解答

(借方) 製造間接費 150,000
 (貸方)機械減価償却累計額150,000