第133回 日商簿記2級 第1問 2 【有価証券の売却(移動平均法)】

スポンサーリンク

第133回日商簿記2級第1問2は有価証券の売却(移動平均法)の処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

B商店は売買目的で保有しているN商事株式会社の株式1,000株のうち400株を1株¥160で売却し、代金は来月末に受け取ることにした。なお、B商店は、N商事株式会社株式をこれまで @¥130で300株、@¥200で100株、@¥170で200株を順次購入しており、移動平均法による記帳を行っている。
問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
TAC 第146回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
簿記講座【資格の大原】
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

…400株を1株¥160で売却し、代金は来月末に受け取ることにした。…

400株×¥160=¥64,000

株式の売却代金➡商品以外の代金

商品以外の代金を後で受け取る➡未収金

未収金➡資産

未収金の増加➡資産の増加=借方

(借方) 未収金 64,000
   (貸方) 

…なお、B商店は、N商事株式会社株式をこれまで @¥130で300株、@¥200で100株、@¥170で200株を順次購入しており、移動平均法による記帳を行っている。

@¥130×300株=¥39,000

@¥200×100株=¥20,000

@¥170×200株=¥34,000

合計 600株、¥93,000

➡1株当たり、@¥155

売却株数400株なので、

@¥155×400株=¥62,000

売買目的有価証券➡資産

売買目的有価証券の売却➡資産の減少=貸方

(借方) 
   (貸方) 売買目的有価証券 62,000

この時点で、差額が貸方に発生

(借方) 未収金 64,000
   (貸方) 売買目的有価証券 62,000
   (貸方)       2,000
 

¥62,000の売買目的有価証券が¥64,000で売れた➡有価証券売却益となる

有価証券売却益➡収益

収益の発生=貸方

解答

(借方) 未収金 64,0000
   (貸方) 売買目的有価証券 62,000
   (貸方) 有価証券売却益 2,000