第130回 日商簿記2級 第1問 5 【試用販売】

第130回日商簿記2級第1問5は試用販売の処理について仕訳問題が出題されました。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような解答になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

得意先に商品C(原価 ¥50,000、売価 ¥85,000)を試送した。当店は、試用販売については、試送時に対照勘定で記帳し、得意先が買取りの意思を表明したときに収益を計上している。試用販売売掛金、試用仮売上、試用品売上の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。
 

解説

試用販売の処理で試送時に対照勘定で記帳する場合には、売価¥85,000を使って処理します。誤って原価¥50,000を使用しないように気をつけましょう。ここだけ注意しておけば仕訳自体は簡単に処理できると思います。

解答

(借) 試用販売売掛金 85,000
   (貸) 試用仮売上 85,000

第130回日商簿記2級第1問

出題論点・解説ページへのリンク
1  有価証券の購入、端数利息の処理
2  不渡手形
3  生産高比例法
4  株式の発行、創立費
5  試用販売