第125回 日商簿記2級 第4問 1【材料の購入】

スポンサーリンク

第125回簿記2級第4問は工業簿記から仕訳問題が出題されました。
仕訳問題の1問目は材料の購入取引です。
本試験問題の改題を掲載しますので、どのような仕訳になるか考えてから解説を読んで確認してみてください。

問題

当月、素材 1,000,000円(@500円 2,000個)および補修用材料 50,000円(@200円 250個)を掛けで購入した。
問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
TAC 第146回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
簿記講座【資格の大原】
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

仕訳問題の解き方は工業簿記だからといって特別なことはありません。問題文を読みキーワードを見つけたら、勘定科目をメモしていきます。

素材と補修用材料は、どちらも「材料」に置き換えて仕訳します。工業簿記では手で持ってつかめるもの=「材料」と考えればたいていは大丈夫です。

素材は1,000,000円、補修用材料は50,000円と購入金額も与えられているので、これを単純に足した金額が「材料」の金額になります。

材料は価値あるもの、つまり資産なので増えたら借方に仕訳します。

当月、素材 1,000,000円(@500円 2,000個)および補修用材料 50,000円(@200円 250個)を掛けで購入した。

素材と補修用材料➡材料

材料➡資産

…購入した➡資産の増加=借方

(借方) 材 料 1,050,000
    (貸方) 

材料の代金については、現金ではなく掛け(後払い)にしています。材料の代金を後払いにしてもらったときは、「買掛金」を使って仕訳します。

「買掛金」はあとでお金を支払う義務を表す科目(負債)なので、増えたら貸方で仕訳します。

…掛けで購入した。

材料代金を後払いで購入➡買掛金

買掛金➡負債

…掛けで購入した。➡負債の増加=貸方

(借方) 
    (貸方) 買掛金 1,050,000

上の2つを合わせると解答の仕訳となります。

解答

(借方) 材 料 1,050,000
    (貸方) 買掛金 1,050,000