賃金・給料の支払い

スポンサーリンク

工業簿記第4問で仕訳問題が出題された場合にはここで扱っている仕訳問題の解き方を使えば簡単に答えを出すことができます。

ここでは労務費の仕訳問題、賃金・給料の支払いの場面について確認していきましょう。

問題

直接工の賃金・給料300,000円を現金で支給した。賃金・給料勘定を用いて仕訳をすること。
本試験問題・解答速報冊子の無料送付はこちら
TAC 第147回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
フォーサイトの日商簿記解答速報
LEC 第147回 日商簿記解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

解説

給料は費用。費用は借方の科目です。つまり増えたら借方、減ったら貸方に記入します。

5要素の図ヨコ

給料➡賃金・給料

賃金・給料➡費用

給料…を…支給した。➡費用の発生=借方

なので、

(借方) 賃金・給料 300,000
    (貸方) 

現金➡資産

現金で支給した➡資産の減少=貸方

(借方) 
    (貸方) 現 金 300,000

となります。

この2つを合わせると、解答の仕訳となります。

解答

(借方) 賃金・給料 300,000
    (貸方) 現 金 300,000

労務費の仕訳では

  • 従業員に給料を支払ったとき(=費用の発生、賃金・給料)
  • 労務費が消費されたとき(=仕掛品への振り替え)

の2つが区別できるかどうかが重要なポイントです。

支払いの場面か消費の場面かをしっかり区別しましょう。