製造間接費配賦差異

製造間接費はさまざまな費目からなっており、実際発生額の集計には手間がかかります。その集計作業を待っていたのでは計算が著しく遅れてしまうため、通常予定配賦率を使って予定配賦が行われます。

予定配賦された後、実際発生額が集計されると予定の金額と実際の金額の差異が判明します。

この差異の処理が問われた場合について確認していきましょう。

問題

当月の製造間接費実際発生額は5,100,000円(変動費1,725,000、固定費3,375,000円)であった。予定配賦率4,000円×当月実際直接作業時間1,250時間で求めた予定配賦額との差額を製造間接費配賦差異勘定に振り替える。なお、年間の製造間接費予算は64,800,000円(うち変動費24,300,000円、固定費40,500,000円)、年間の予定総直接作業時間は16,200時間である。

解説

製造間接費は費用です。製造間接費の実際発生額は借方に計上されます。

(借) 製造間接費 5,100,000
  (貸) 

次に、予定配賦額は 5,000,000円なので

(借) 
  (貸) 製造間接費 5,000,000

と記入されている考えられます。

製造間接費勘定の状態を仕訳で表現すると

(借) 製造間接費 5,100,000
          実際
 (貸) 製造間接費 5,000,000
           予定

となります。

借方貸方の金額にズレがありますが、原価の計算はあくまでも実際の金額で行わなければなりません。そこで、予定の金額を実際の金額に修正します

どのように修正するかと言うと、予定配賦額 5,000,000円のところ実際発生額は 5,100,000円なので、差額の 100,000円を製造間接費の貸方に計上して修正します。こうすることによって借方・貸方の金額が揃います。

すると製造間接費勘定については

(借) 
  (貸) 製造間接費 100,000

と処理されます。

借方が空いていますが、もし製造間接費配賦差異勘定で解答するよう指示があれば借方に製造間接費配賦差異と書けば正解です。

解答1

(借) 製造間接費配賦差異 100,000
  (貸) 製造間接費 100,000

予算差異と操業度差異

仮に予算差異と操業度差異を使って解答するよう問題文に指示があった場合についてです。まずは差異の計算をしておきましょう。

  • 予算差異⇒製造間接費予算と製造間接費実際発生額の差異
  • 操業度差異⇒基準操業度における製造間接費と実際操業度における製造間接費の差異

本問は製造間接費予算が変動費と固定費に分けられているため、操業度によって予算許容額が変化する変動予算で計算します。
変動費率:24,300,000円÷16,200時間=1,500円/時間
固定費率:40,500,000円÷16,200時間=2,500円/時間

実際直接作業時間:1,250時間
1か月当たり基準操業度:16,200時間÷12=1,350時間
1か月当たり固定費予算:40,500,000円÷12=3,375,000円

  • 予算差異=製造間接費予算許容額(月額)-製造間接費実際発生額=1,500円/時間×1,250時間+3,375,000円-5,100,000円=150,000円
  • 操業度差異=固定費率 ×(基準操業度-実際操業度)=2,500円/時間×(1,250時間-1,350時間)=250,000円

予算差異はプラス150,000円です。

金額がプラスとなっているので予定していたよりも実際の額のほうが少なく済んだことになります➡費用が節約できた➡有利差異(貸方差異)

(借) 
 (貸) 予算差異 150,000

操業度差異については、金額がマイナスとなっているので、予定していたより実際の方が多くかかってしまったことになります➡使いすぎ➡不利差異(借方差異)

(借) 操業度差異 250,000
 (貸) 

以上をまとめたものが、予算差異と操業度差異が問われた場合の解答の仕訳となります。

解答2

(借) 操業度差異 250,000
  (貸) 予算差異 150,000
  (貸) 製造間接費 100,000
 
○○差異が借方借方差異
○○差異が貸方貸方差異

です。

差異が借方にあれば借方差異、差異が貸方にあれば貸方差異となります。