経理職への就転職を決めたら準備しておきたいこと

スポンサーリンク

簿記の資格取得のために勉強されている方は、将来経理職への就職・転職や会計士・税理士になって独立を目指しているという場合が多いと思います。

まだ私が若く簿記の「ぼ」の字も知らなかったころ、「経理」と聞いて思い浮かべるのは、恥ずかしながら「誰でもできるお金の計算をしている」というものすごーく低レベルなことでした。もし皆さんの中にそんな安易なイメージを持たれている方がいらっしゃるようでしたら、ちょっと考えを改めたほうがいいかもしれませんよ。

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第144回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

経理って何?

経理と一口にいっても、業務内容は多岐にわたり

  • 決算書作成業務
  • 業績管理業務
  • 資金繰り管理業務

が代表的な業務です。

決算書作成業務は、経理部の中でも最も重要な業務で、決算書と呼ばれる会社の重要書類を作成します。簿記でいえば、貸借対照表や損益計算書といった財務諸表を作成する仕事に当たります。

業績管理業務は、各部署の業績を経営者に報告する業務です。通常、月に1回のペースで経営者に報告を行います。

資金繰り管理業務は、会社の現金預金が足りず当座預金からの引き落としができなかったなどということがないように、現金預金の残高と入出金の管理を行う業務です。

他にも小さな会社だと、経理と総務が一体となっていて経理の仕事以外にも日々の細々とした雑務をやらなければいけない場合が考えられます。そうなると、従業員の給料の計算や支払い、消耗品の管理、オフィスの整理整頓など本当に多くの仕事を担当させられることになります。

このように、経理は会社のお金の動きや従業員の給料というデリケートな情報にアクセスできる重要なポジションで、「誰でもできるお金の計算をしているだけ」などとは到底いえない部署です。実は会社の中で一番重要な部署といえるかもしれません。そこで小規模な会社の場合、社長の奥様や親族など社長が一番信頼できると考える人物が経理を担当する場合が多いのですね。

経理職への就転職を考えたら…

経理職への就職や転職を考えた場合、簿記3級や簿記2級の勉強をしておくことはもちろん大切です。ただ、それだけではなく転職サイト等で実務についての情報収集も同時に進めていくといいと思います。

私は講師をする前にいくつかの税理士事務所(会計事務所という名前が多い)でアルバイトをしたことがあります。ある事務所は10年勤めた国税庁を辞めて独立開業した税理士さん、また別の事務所は面接時「将来君に支店を任せたいと思っているんだ」と調子のいいことをいっていただいた税理士さんがそれぞれ所長となっている個人の税理士事務所でした。

そのときの経験を振り返ると

  • 税理士が1人しかいない事務所はその税理士との相性が合わないと長続きしないというリスクがある
  • 所長の側近として信望があつい人物がいる場合、その人が仕事を奪われることを恐れ嫌がらせされる可能性がある
  • 毎日働きながら受験勉強も同時に進めるのは大変

ということを実感しました。

当時は、何も考えず「自分の家から近いから」という安易な理由で事務所を決めてしまったのですが、これは間違いでした。詳しい事情はまたの機会に譲りますが、相性が合わない事務所で働くのはツラく非常に大変でした。

また、税理士になるのは大変で勉強期間も長期にわたるわけですが、その後知り合った税理士さんの中には長い受験勉強の間に性格がねじ曲がってしまったのではないか…と思われるような方もわずかですがいらっしゃいました。

世の中にはいろいろな税理士さんがいらっしゃるので、「自分の家から近いから」というだけで安易に決めず、少しでも自分と相性の合う事務所を探した方がいいと思います。

ちなみに私の場合は税理士事務所での失敗に懲りて、税理士事務所や経理職への転職は諦めたのですが、私の生徒さんの中には、所長が本も出されていて経営もしっかりしている税理士事務所を見つけ就職された方もいました。他には50歳台の方で、何十社にも求人申し込みをして経理のお仕事に就かれた方もいます。

いずれも女性で経理未経験の方したが、派遣会社を使って職場をきちんと探して見つけて就職されていました。

派遣会社はやはりその道のプロで業界の動向や就職転職事情に精通している方がいるので、そういう担当者のアドバイスを受けながら就職先を探していった方が、良い職場に出会える可能性が上がるのはある意味当然かもしれません。

ちなみに私の経験上ですが、経理関係の仕事の場合(特に小さな会社の場合)、同じ能力なら男性よりも女性を採用する傾向にあるような気がします。あくまでも感覚的なものですが…。

派遣会社のサイトで勉強できる

例えば都内の経理・会計分野への転職に強いジャスネット・スタッフという派遣会社のWebサイトを見ると、求人情報のほかにも、経理職や会計の知識を深めるために使える学べるコンテンツがいろいろ用意されています。

  • 未経験から経理職への転職を成功させた方たちの声
  • 働きながらスキルアップ
  • 派遣を知る
  • サポート紹介
  • 簿記を武器に経理に就く
  • コラム

などは、将来経理職への就職・転職をした後でも役に立つ記事が揃っているので、資格試験の勉強の合間にぜひ読んでおきたいところです。

将来、経理職への就職や転職をしたいと思ったらこのような派遣会社のサイトを使って最新の情報を得ておくと、簿記の勉強をする際のモチベーション維持にも役立つのでおすすめです。

参考になる派遣会社のサイトを紹介しておきます。経理に関してはジャスネットさんが一番充実していると思います。

ジャスネットスタッフのWebサイトはこちら
経理の派遣なら【ジャスネットスタッフ】
テンプスタッフのWebサイトはこちら
テンプスタッフ
リクルートスタッフィングのWebサイトはこちら
大手・優良企業のお仕事はこちら【リクルートスタッフィング】
インテリジェンスのWebサイトはこちら
インテリジェンスの派遣

すらすら経理実務

コレを読んでおくといざ経理職に就いたときに、経理実務と学習簿記の違いに戸惑わなくてすむと思います。おすすめです。

その他経理実務に役立つ本 今なら15%OFF

未経験者が経理の仕事につくための本 1,728円1,469円
書き込み式で 経理実務が身につく本 第12版 1,728円1,469円
勘定科目 逆引きコンパクト事典 1,728円1,469円
さくらと学ぼう! 弥生会計14 新・消費税対応 2,160円1,836円
さくらと学ぼう! 弥生会計15 2,160円1,836円