第141回日商簿記2級 本試験問題の解答と詳しい解説

スポンサーリンク

先日行われた第141回の日商簿記2級試験の問題の解答と詳しい解説を掲載します。
解答・解説は日本商工会議所が発表しているものではなく、私が作ったものです。100%正しいとは限りませんので、参考程度にご覧ください。
問題は掲載しませんので、お手持ちの問題用紙等を準備して見ていただくといいと思います。

問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第144回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

第1問 仕訳問題

1.源泉所得税控除後の受取配当金

配当金の受取りの処理が出題されました。源泉所得税20%控除した後、つまり80%分で¥240,000なので、所得税が引かれる前の配当金全額の金額は ¥300,000と求められます。(¥240,000÷80%=¥300,000)

つまり、「受取配当金」(収益)の金額は¥300,000ということになります。

…期末配当金¥240,000(源泉所得税20%を控除後)…

受取配当金➡収益

収益の発生=貸方

(借方) 
  (貸方) 受取配当金 300,000

当座預金口座に、A商会の株式に対する期末配当金¥240,000…の入金があった旨の通知があった。

当座預金➡資産

当座預金口座に入金➡資産の増加=借方

(借方) 当座預金 240,000
   (貸方) 

…源泉所得税20%…

株式の配当金は受け取る時点で20%が差し引かれます。受取配当金の20%、つまり¥60,000が源泉所得税です。勘定科目群を見ても「源泉所得税」のような科目がないため困ってしまいますが、本問では「仮払法人税等」で処理します。これは税法で学ぶところなので、できなくてもしょうがない問題です。

仮払法人税等➡資産

資産の増加=借方

(借方) 仮払法人税等 60,000
   (貸方) 

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借方) 当座預金 240,000 
(借方) 仮払法人税等 60,000
  (貸方) 受取配当金 300,000

2.建設仮勘定の振替、共通工事費

見慣れない問題なので問題文の指示に従って忠実に解いていきましょう。工事代金¥8,800,000を4回分割で小切手により支払済みとあるので今の勘定残高は

(借方) 建設仮勘定 8,800,000
  (貸方) 当座預金 8,800,000

という状態であると考えられます。本問は増設工事が完成した場面なので、「建設仮勘定」を各科目に振り替えていけばよいということになります。

固定資産等の勘定に振替計上を行った。工事の明細は、建物¥5,000,000、構築物¥2,000,000、修繕費¥1,000,000…

建設仮勘定から建物¥5,000,000、構築物¥2,000,000、修繕費¥1,000,000の各科目に振替えます。建設仮勘定を減らして、各固定資産等の勘定を増やすという処理を行うことになります。

建設仮勘定➡資産

建設仮勘定から振替え➡資産の減少=貸方

(借方) 
  (貸方) 建設仮勘定 8,000,000

建物、構築物、修繕費を計上します。

建物、構築物➡資産

資産の増加=借方

修繕費➡費用

費用の発生=借方

(借方) 建 物 5,000,000 
(借方) 構築物 2,000,000
(借方) 修繕費 1,000,000
  (貸方) 

…共通工事費¥800,000であり、共通工事費は各勘定の金額費で配賦することとした。

共通工事費¥800,000 分の建設仮勘定を振り替えます。建設仮勘定を減らす処理を行います。

建設仮勘定➡資産

建設仮勘定から振替え➡資産の減少=貸方

(借方) 
  (貸方) 建設仮勘定 800,000

問題文の指示に従い、共通工事費を建物、構築物、修繕費に配賦します。5:2:1の比で配賦するので、建物¥500,000、構築物¥200,000、修繕費¥100,000となります。

建物、構築物➡資産

資産の増加=借方

修繕費➡費用

費用の発生=借方

(借方) 建 物 500,000 
(借方) 構築物 200,000
(借方) 修繕費 100,000
  (貸方) 

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借方) 建 物 5,500,000 
(借方) 構築物 2,200,000
(借方) 修繕費 1,100,000
 (貸方) 建設仮勘定 8,800,000

3.買掛金の支払いと仕入割戻

…同社からの仕入割戻¥300,000が未収金に含まれていることが判明したため、…

仕入割戻を適用する場合

(借方) 買掛金 300,000
   (貸方) 仕入割戻 300,000

というように「借方 買掛金」とすべきところ、問題文から

(借方) 未収金 300,000
   (貸方) 仕入割戻 300,000

と誤って処理していたことがわかります。この仕訳を訂正するには

「借方 未収金」を相殺する➡貸方

「借方 買掛金」を計上する➡借方

(借方) 買掛金 300,000
   (貸方) 未収金 300,000

という仕訳をすべきところ、本問ではこの処理をせずに相殺して済ませてしまいます。

B商事に対する買掛金¥2,500,000の支払時に、…(未収金に含まれている)仕入割戻¥300,000を相殺した純額で普通預金口座から支払った。
ということなので

買掛金➡負債

買掛金の支払い➡負債の減少=借方

(借方) 買掛金 2,500,000
   (貸方) 

未収金➡資産

相殺する➡資産の減少=貸方

(借方) 
  (貸方) 未収金 300,000

差額の¥2,200,000(=¥2,500,000-¥300,000)を普通預金口座から支払う。

普通預金➡資産

普通預金口座から支払った➡資産の減少=貸方

(借方) 
  (貸方) 普通預金 2,200,000

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借方) 買掛金 2,500,000 
  (貸方) 未収金 300,000 
  (貸方) 普通預金 2,200,000

問題文の指示が非常にわかりにくいので正解できなくてもしょうがない問題だと思います。

4.研究開発費と消費税

C商事から、商品¥3,200,000と研究開発専用で使用する測定機器備品¥600,000を、翌月末払いの条件で購入した。これらに対する消費税の税率は8%であり、取引は税抜方式により記帳する。

商品は「仕入」、研究開発専用で使用する測定機器備品は「研究開発費」で処理します。商品¥3,200,000の消費税8%分は¥256,000と求められます。

商品の購入➡仕入

仕入➡費用の発生=借方

(借方) 仕 入 3,200,000
   (貸方) 

商品購入時は消費税を支払うため「仮払消費税」を使います。

(借方) 仮払消費税 256,000
   (貸方) 

商品代金は翌月末払いの後払いで購入しているので、貸方は「買掛金」となります。

商品代金の後払い➡買掛金

買掛金➡負債

負債の増加=貸方

(借方) 
   (貸方) 買掛金 3,456,000 

また、研究開発専用で使用する測定機器備品¥600,000については、「研究開発費」で処理します。

研究開発費➡費用

費用の発生=借方

(借方) 研究開発費 600,000
   (貸方) 

研究開発費の消費税8%分は¥48,000なので

(借方) 仮払消費税 48,000
   (貸方) 

備品を翌月末払いとした場合には、「未払金」で処理します。

未払金➡負債

負債の増加=貸方

(借方) 
   (貸方) 未払金 648,000

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借方) 仕 入 3,200,0000
(借方) 研究開発費 600,000
(借方) 仮払消費税 304,000
   (貸方) 買掛金 3,456,000
   (貸方) 未払金 648,000

5.商品保証引当金

問題文の指示に従って解いていきましょう。

…修理費用合計¥1,150,000が発生した。なお、前期末に計上した商品保証引当金の残高は¥1,000,000であった。

修理費用合計¥1,150,000と商品保証引当金残高¥1,000,000の差額¥150,000を商品保証費に計上します

商品保証費➡費用

費用の発生=借方

(借方) 商品保証費 150,000
   (貸方) 

商品保証引当金を取り崩します。

商品保証引当金➡負債

負債の減少=借方

(借方) 商品保証引当金 1,000,000
   (貸方) 

前期に保証書をつけて販売した商品について無償修理の依頼があり、貯蔵品に計上されている修理用部品を使用した…

というところから、修理費用合計¥1,150,000分の貯蔵品を使ったと考え、貯蔵品を減らす処理を行います。

貯蔵品➡資産

資産の減少=貸方

(借方) 
   (貸方) 貯蔵品 1,150,000

以上をまとめたものが解答の仕訳となります。

解答

(借方) 商品保証引当金 1,000,000
(借方) 商品保証費 150,000
   (貸方) 貯蔵品 1,150,000

問題文の指示に従い、「貸方 貯蔵品」と書けたかどうかがポイントとなります。

第2問

準備中

第3問

準備中

第4問

準備中

第5問

準備中